ご案内

ginsa5.jpg
ちえのわ雑文集の世話役はhirotsumeshogiさんにバトンタッチすることになりました。長らくありがとうございました。今後とも当コーナーをどうぞご贔屓に。

詰パラ 入選161回 短期大学

詰将棋パラダイス2020年2月号
短期大学

短6 入選161回 1・8投
東京都 鈴川優希


誤0 無7
A34 B15 C1
平均2.66

島○一秀―3度の角の限定打と玉方の角合の攻防。角の働きが印象的。
山○誠―45角まで準備しておけば角打角合が必然。57金からは糸を引くような収束で、全体の構成が美しい。



素直な流れで、嫌味のない手順かと思われる。
5手目の角捨てが歩頭の限定打になって手応えを感じた。この角が捨合で戻ってきて、最後にはまた限定打から成り捨てて決める構成。ちょっとしたフェニックステーマである。
序がちょっと緩いが、盤面駒数が減る逆算なので積極的に入れたいところ。
初形で攻方84飛を置くと、収束でこの飛が邪魔になるので初手から85飛、16玉、15飛、同玉と原型消去する伏線が入るのだが、余詰防ぎの配置が汚くなるのでそこまでしなくてもいいだろうという判断だった。

詰パラ 入選160回 デパート

詰将棋パラダイス2020年1月号
デパート

③ 入選160回
東京都 鈴川優希


誤0 無5 正27

渥○雅之―詰上りが桂吊るしで見事です。
杉○哲也―香合も気づきにくいし、再度の香打ちも気が重い。



2手目歩合は21龍~22歩~14桂があるので、14に利かせる香合。縦からの王手に対して、積極的意味付けで香合が出てくるのはちょっと珍しい気がする。
しかし、全体を通して好手が1手もないのが不満。6年以上前から在庫として眠っていた作だが、特に改良するアイディアが浮かばなかったので投稿してしまった。ブログ発表くらいでもよかったか。

詰パラ 入選159回 大学院

詰将棋パラダイス2020年1月号
大学院

院1 入選159回
東京都 鈴川優希


「からくり時計」

誤0 無0
A32 B3 C1
平均2.86

岩○茂―54の桂は毒饅頭だった。これをどかすことに気付いてようやく解決。
池○俊哉―最終的に46銀として角道を開けるのを目的として、角―銀繰り替えで局面を変えていく。邪魔駒消去や飛成などすべて論理的に構成されているのが素晴らしい。序の桂2段跳びも洒落ている。



角銀繰り換え。一度作ってみたかった。ちなみに収束5手からすべて逆算で作っている。
銀が短針、角が長針、玉が振り子ということで、時計のからくりをイメージしてもらえればと。
ところで、収束付近の手順の構成が以前発表した自作「揚羽蝶」によく似ているので、比較してもらえたら面白いかもしれない。
角を成るのが繰り換えの目的で、角のライン上の玉方駒を移動させるのが知恵の輪のキーとなる。その玉方駒を角で取った場合の逃れ方も同じ仕組みを使っている。

詰パラ 入選162回 同人室

詰将棋パラダイス2019年12月号
同人室

③ 入選162回
東京都 鈴川優希

17-56.png

95銀、75玉、64銀生、同玉、45と、75玉、64龍、同玉、
63角成、75玉、64馬、同玉、63角成、75玉、85馬、同玉、
86金迄17手。

誤7 無4
A28 B6 C0
平均2.82

飯○純五―駒が64に消えてゆく。
津○井康雄―龍のウラにしつこく捨てる手順が面白い。



Kifu for JSのバグでなぜか手順が動かないので、図面で失礼。
課題は「作風が滲み出る作品」。
私はあまり作風がない、オールラウンダーなタイプだと思っているので、この課題は難しかった。
しいて言うなら、収束からの逆算主体で、その逆算の最中に狙いとなる手順を入れることを得意にしている。本作で言うなら、4手一組のリズムで64に捨てるリフレインの味。
それに加えて、詰上りの「腹銀頭金」の形が大好きで、かなり多用している。モデルメイトになりやすいからだ。

詰パラ 入選158回 短編コンクール

詰将棋パラダイス2019年12月号
短編コンクール

22 入選158回 7位
東京都 鈴川優希


誤2 無19
A74 B26 C1
平均2.728

秋○節三―龍馬香の利きを全てそらす。うまいもの。
穂上武○―いつもの手だ、と思いながらも完成度には抗えない。



標準的な作品。
形のバランスがよくて無駄駒がないところはいいかと。
カレンダー(月別)
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞8回、看寿賞1回、詰将棋順位戦A級。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot