姉妹作7

久しぶりの更新です。といっても、2日空いただけか。

学校が始まると大変ですし、創作の方にも手をまわしたかったので、少しだけ更新を休みました。
1ヶ月に1回ほど、このように休みをとることがあるかも知れません。



では、本題。

第10回の今週の詰将棋で、こんなものを出題しましたが、これには姉妹作があります。








今週の詰将棋のやつと、盤面は全く同じ。持駒が微妙に変わっています。
4手目までは同じですが、ここで1一飛という手が新しい手。1一への逃げ道をあらかじめ塞いでおきます。
7手目、つい4三桂と打ちたくなってしまいますが、1三角の利きが強烈で失敗。2一金と引き戻してから桂をうつのがポイントです。
さすがにこっちはあぶり出しではありませんが、こっちの方が作品としては上?


実は、これは今週の詰将棋の問題を適当にいじくっていたら偶然できたもの。余詰もなくてラッキーです。
意外と簡単に姉妹作って作れてしまうのです。


それでは今日はこのへんで。





第11回 今週の詰将棋出題中! 現在10人です!




 ←クリックお願いします。



姉妹作6

「リレー随筆」の依頼をされて、毎日何を書こうかと悩んでいます。しかし、夏休みの宿題がヤバイ状況でして、とりあえずそっちを優先させます。(笑)
皆さんの中でリレー随筆を書いたことがある方、アドバイスください。

さて今日は卓球の大会があり、疲れています。でも一勝できてよかった。
卓球部は明日もあるので、体力温存しとかないと。



前置きが長くなりましたが、今日は姉妹作シリーズを。












1……上部を埋めて2二銀迄の手順が見えづらいと思います。初手が馬筋を通す気持ちの良い手。3七角と4三銀が余詰防ぎの痛い配置です。

2……初手1五飛が上部脱出を防止する好手。そのあとは例の収束に持っていくのですが、2二銀打ちと一発入れておくのがポイントです。



ちなみに、1は2の余詰筋を本手順にしたものです。このように、余詰手順を本手順にするだけで、姉妹作は作れてしまうものなのです。




今週の詰将棋出題中! 現在5人です。この様子だと、13人はとても無理です。皆さん、解答よろしくお願いします!
第2ヒント公開 奇妙な初手。





 ←クリックお願いします。my cubeは11位!



姉妹作5

すでにお馴染みとなった?姉妹作シリーズです。













二つの図の違いは、大駒の成・生です。
しかしこれだけで、手順がかなり変わりました。

1は、金をすべらして、角を打てるようにします。4手目同角でも同じなのが気に入りません。
2は、初手にいきなり金を捨てて、両王手で決めます。①の手順は、1二金に同馬で詰みません。


どちらの図も、駒数が多いですね。
1で4三桂を省いたりすることはできるのですが、それだと姉妹作の面白みが減るかなあと思いました。


姉妹作のストックもここで公開してるうちに減ってきました。でもまだあと何作かあるので、いつか公開していこうと考えています。




今週の詰将棋は今日が締切です。現在12人!




 ←クリックお願いします。



姉妹作4

昨日は更新を忘れてしまいました。と言う訳で、朝に更新をします。

詰パラHPにて、「ホームページ作品展第1問」の結果発表が載っていましたが、とりあえずまあまあの反応で、安心しています。
やはり滑り出しは肝心で。

一つ、気になったのですが、3手目同飛は3五玉で逃れと書いてあります。しかし、3五玉は3四飛打以下長手数の詰み! ここは3四銀合が唯一の受けになります。まあ、こんなところで考える人はいないでしょうが。 追記:須藤さんが修正してくださいました。



では本題。まずは下の図を見てください。

7-4.gif


HP作品展の初形から、1五歩→1三歩、4二馬→5三馬に配置をかえました。例の姉妹作です。馬がいるので5四飛はダメですよ。作意は最後に。
この図をパラに投稿したのですが、類似作がある、ということで返送されてしまいました。わずかの変更で、ここまで手順が変わるのも珍しいと感じました。

それではまた。



今週の詰将棋は今日が締切! 現在10人の方から解答を頂いています。



作意手順:ここをドラッグ→2三飛、3五玉、3三飛打、同歩、2四飛成、同玉、2五金迄7手



姉妹作3

関連記事 姉妹作2
       姉妹作1



詰パラHPにリンクをお願いしたところ、すぐさま対応して頂き、カウンターがすごいことになっています。ありがとうございます。



今日は前にも書いた姉妹作の話題を。好きな分野なのでシリーズ化するかもしれません。
全て5手詰です。解答は盤面の下あたりをドラッグすると見れます。


5-15.gif

1五銀、3三玉、3四飛、同玉、2四飛成迄


5-16.gif

3一飛成、2五玉、3五龍、1四玉、1五龍迄


5-17.gif

2三飛成、2五玉、1五銀、3六玉、2六龍迄



簡単なものばかりでしたので、解答を見なくても解けたと思います。

1はほぼ直感で解けたのではないでしょうか。飛車を使って玉を呼び戻します。初手1三銀不成とかいくと、上に逃げられます。

2はちょっと盲点かもしれません。一目で分かった方はあまりいないはず。龍でぐるぐる追いかけます。

3はぴしっと空中で捕まえます。しかし、角が飛車にあたっているので、紛れが半減。惜しいところです。



今日は以上。これからも易しい短編を掲載していくつもりです。




今週の詰将棋出題中!



姉妹作2

今日も姉妹作の話題です。

まず、解いてみてください。どちらとも13手ですがとても簡単です。











相変わらず駄作ですが、とりあえず解説を。


1問目は合駒せびりから入ります。もし、捨合をせず1六玉なら、4九角まで。よって捨合が必要です。次に、どの駒か、ですが、前に進む駒は同飛、1六玉に取った駒を打って詰み。桂なら同様に進んで7手目2八桂まで。角合が正解となりますが、再び開王手をして収束です。収束がだらしなってしまいました。

2問目。双玉なのでパスという方もいらっしゃったかもしれません。1問目と同じく3七飛とすると、2七歩とされ、同飛、1六玉、1七歩、同馬…が逆王手! 1六玉の局面で先に4九角とすると、8六馬で、今度は打歩詰。……と言う訳で初手は逆から行く1六飛!が正解です。同香は8七飛なので、同玉と取ります。そのあとは一直線ですが、こちらの作品にも捨合が出てくるところが気に入っています。しかし、10手目は逆王手なので気を付けて。


姉妹作、というものは面白いものです。ちょっとの違いで手順は全く違います。1問目の残影があって、2問目はなかなか解けないのではないでしょうか。



それではまた。今週の詰将棋を出題中です。



姉妹作1

今日は姉妹作の話題です。

とりあえず解いてみてください。どちらとも9手詰です。










1つ目は金合をさせて龍・角を捌き、頂いた金で詰まします。簡素な形でできたのでとりあえず成功でしょうか。

2つ目。5手目まではだいたい同じ手順ですが、逃げ方が変わります。6手目、同玉は頭金一発だからです。初形で持駒が違うためです。3二玉には開き王手したいのを堪えて、龍をもう一度もぐらせます。


……で、ここまで書いて気づいたのですが、5手目まで同じ手順というのが気に入りませんね。姉妹作としては例えば合駒が変わるとかの大きな違いがなければ。



明日も姉妹作の話題にしたいと思います。意外と好きな分野なので。それではまた次回。





追記:今週の詰将棋を出題中です。現在2名の方から感想を頂いています。(現在は管理人の承認待ち、にしています。解答発表と同時に解禁予定。)コメント欄にどんどん解答・感想をおよせください。お願いします。



カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot