解答選手権2017チャンピオン戦

どうも、ご無沙汰してしまいすみません。なかなかにやるべきことが多くてブログに手がまわらなかったと言い訳を……。

さて、26日に行われました詰将棋解答選手権チャンピオン戦について簡単に記事を。
2月から本格的にスタッフとしていろいろ準備を進めてきたわけですが……。

9時半に会場入りしまして、机や盤駒を設置。えび研に参加したスタッフの馬屋原さん久保さんは眠そうでした。
10時半から受付開始。棋士の方もちらほら。
昨年優勝の藤井四段もスーツ姿で登場。
そして今年は報道陣が多かった……。

柳田さんのルール説明の後、橋本さんの合図で競技開始。
1Rの問題はこちらです。→速報ブログ
完全なるスピード勝負というのが事前の想定。1番と2番はさくっと解いてもらって、そして3番。これが1R唯一の構想作かつ勝負どころとなります。柿木将棋がバグって解いてくれないタイプの作品なので、僕も選題時に自力で解きました。オオサキさんらしいですね。
4番は、奨励会員やプロ棋士にとっては手が出やすく有利な作品。初手飛打の紛れを最初に読むでしょうがいかに早く見限りをつけるかですね。
5番はなんと相馬康幸さんですが、らしくない手順。でも解きやすいでしょうね。
開始30分経たずして藤井四段が退出。答案はすぐさま採点室のほうへ回されます。僕はずっと試験場にいたので、まあたぶん満点なんだろうさすがだなあと思いつつ見守ってしました。
終了が近づくにつれちらほらと退出者が現れ、90分にて競技終了。
あれ、もっと続々と退出するかと思ってたのに。
採点室へ行くと、ざわざわとしておりまして。それもそのはず、藤井四段が4番で33飛成のところ33龍と誤記し、49点! そして50点満点は4名しかいない!
そ、そんなに難しかったのか……。

1Rのトップはといいますと、大阪会場のダークホース、長谷川さん。去年の倉敷大会で運営されていた方です。実は先々週くらいに泊めてもらったんですが 笑、作品集の話などで盛り上がりました。ここ最近は詰パラの購読をやめてしまっていると聞き、そりゃいかんと言っておきました。
なお後ほど、長谷川さんも藤井四段と同じ誤記をして49点だと判明。結局1Rのトップは行方八段だったんですね。

藤井四段に誤記が告げられるシーン、NHKの取材陣がカメラに収めてましたね。

昼食を挟んで、2Rのスタート。下馬評ではこちらもスピード勝負でしたが……。問題はこちら→速報ブログ
6番。これトップバッターにしてなかなか難しいんじゃないかと。誰でも34馬、23銀合から考えますよね。その後14香とか。試験場で見回ってたらほとんどの方はこれに時間を取られていたみたいでした。(もちろんプロや奨励会の方は暗算で考えているのでよくわかりませんが)
7番。今回の双玉&誤解狙い枠。48桂成を見落とすとアウトです。まあただいちばん解きやすいでしょうね。
8番。端正な実戦形にして実は鬼門。44角、13玉の2手が決め打ちできれば解けると思うのですが。打歩回避の桂跳が好手。
9番は2Rの構想作枠。しかし若島さんにしては随分控えめでした。構想より序の数手と長い収束に苦戦しそう。
10番は自作。駒数少なく持駒なし、無防備。ポイントは46金消去のみで、ラスボスとしてはこれまた控えめです。

最初に席を立ったのはコーヘイさん。44分。早い。
このぶんなら続々と退出者が現れるな……と思っていましたが。
10分経っても、1時間を過ぎても、残り10分になっても……誰も動かない。
藤井四段は10番以外は埋まっていたようですが、どうも頭を抱えている様子。はて?
スーパーあつしくんこと宮田六段は8番を書いては消したりしています。
結局、退出者はおらず2R終了。うーん……。

答案は採点室へ送られ、待ち時間には橋本さんによる大盤解説。
手順を並べて「……よろしいでしょうか」で淡々と進んでいきます。たまに選手からの変化手順の質問が飛んだり。
9番は、ゲストということで作者の若島さんが解説されました。「藤井四段用の作品を用意しようかと思ったのですが、やっぱり皆さんに解いてもらえるようなものを出しました」とのこと。
その調子で10番の解説が僕に回されそうになったのですが、胸を張って解説するほどの作品ではないので辞退しました。選手から変化をツッコまれてましたが、ああほんとに解説しなくてよかった 笑。
なお僕の大盤解説は4/8の一般戦(東京会場)のほうで担当しますので、皆さんぜひ。

そうこうしているうちに採点が終わったようで、柳田さんから順位発表。結果は藤井四段が見事に挽回を図って、優勝! しかし2Rでも誤記が1件あったのと(8番の13角行成の「行」ヌケ)、10番が途中までしか解けず部分点。91点でしたね。それでもこれで3連覇。やはりただ者じゃありません。
そんな彼が解けなかった唯一の問題の作者ということで、僕のほうにもNHKと朝日新聞の取材が回ってきましたが、寝不足などなどでひどい顔とひどい応対をしておりまして、万が一将棋フォーカスで放映されたとしたらお目汚し失礼します。
いやでもまさか10番がそんな難問とは思わなかったので、なんにも回答用意してませんでしたよ……。

会場撤収し、同じ代々木オリンピックセンター内のレストランで立食の懇親会。
藤井四段は獅子王戦の対局を控えておりすぐにそちらに向かわれましたが、棋士ではいつもどおり行方八段と、そして上村四段が参加。上村四段とは「10番は金は消してみたけど変化の19飛が見えなかった」「棋士は解答選手権で盤に並べる時間を惜しむ」などといったお話をしました。
あとこのブログでも裏短コンで参加していただいた太刀岡さんとも挨拶できました。大学将棋部での活躍が楽しみです。
そしてとり研メンバーも。上谷さんはフェアリー100番作品集が近いかもとのこと。

そんなこんなで、あっという間に懇親会はおしまい。
今回は体力的にあれだったので、僕は二次会は遠慮させていただきました。

解答選手権は全国大会に次ぐ一大詰将棋イベントです。
皆様ぜひご参加を!

そして、4/8には解答選手権初級・一般戦が全国16会場で行われます!
初級戦なら5手詰までですし、おそらく参加表明の締切延長されるでしょうし、少しでも興味のある方はぜひ!




4/3 追記
藤井四段の誤記の件で、13角行成の「行」がヌケていた、と書きましたが、日本将棋連盟のHPに記述がある正式な表記によると「行」ではなく「上」が正しいとのこと。その通りでした。また解答選手権速報ブログにあります模範解答も当初から「上」となっています。
ただ、慣習的に「行」と表記する場合も多く(僕は「行」派です)、採点に際してはどスタッフ間でも統一してどちらでも正解として扱ってありますのでご安心ください。
(そういうことを言い始めたら、実は「76歩」のように筋・段ともに全角の算用数字で書くのが連盟としては正しいそうですが)
2chでこの記事が引き合いに出されてツッコミを入れられていたので、取り急ぎの補足でした。

第φ回裏短コン総評

ちょっと間が空いてしまいましたが、総評も忘れちゃいけません。

有吉弘敏
大変楽しめました。題数多くても苦にならないです。
特に「tttt41」と「⊂(゜Д゜⊂⌒`つ≡≡≡≡≡≡」に感心しました。

馬屋原剛
いい作品が多く楽しめました。
今年もニコ生で盛り上がることを期待しています!!

三輪勝昭
タイトル考=良いタイトルの作品があれば、評価点に加算するつもりでしたが、僕は1作もしてません。
逆に減点した作品は二つある。
やはり、短編にはタイトルはいらないなと感じました。
でも、企画としては素晴らしいので来年もお願いします。
総評=作品内容がバラエティに富んで、いまだかつてない作品展だったです。

★今回僕はタイトルで加点した作品がいくつかあり、「出現マジック」もその1つでした。もちろん減点したものもあります。

金少桂
今年も楽しませていただき、まずは担当の鈴川様、作者の皆様、本当にありがとうございます。
去年よりも更にレベルが上がっていて、もはや表短コンにも引けを取らないと思います。
個人的ベスト3は、『灯籠流し』『スパイラル』『ビッグ4の召喚』の3作です。

梶谷和宏
いつもコンクールは自分で1週間のタイムリミットは強いています。詰めパラの短コンはそれでだいたいいけるのですが、今回のは2問未解答になってしまいました(さらにもう1題が駒余りでないと詰まない?)。
9手なのにどれもこれも凄い作品ですね。とても感動しました。

kisy
初めて裏短コンに参加させていただきました。
どの作品もレベルが高く、駒が多い分、面白い狙いの作品が多かったのでとても楽しめました!
もう来年が楽しみです!

江市 滋
既視感のある、1作品に解答しようと思ったため、頑張って、暗算で解いてみた。ロートルにはつらい作業である……。
短評でも書いたが、暗算で解答する立場では、手順の成り立ちが分かり易いことが一番だ。紛れや配置理由に高尚な理由があったとしても、それについて考えることはしない(できない)。今回のケースであれば、命名も同じで、ひょっとすると創作の根幹に関わる明確な理由を象徴させているのかも知れないけれど、手順とそれとを組み合わせることは出来ないし、する気もない。
少なくとも、9手詰めくらいでは、分かり易いことが一番ではないか。それが条件作であっても、複雑な条件を実現させた作よりも、単純明快なものの方を評価したい、と思っている。

★そういう見方ですと、裏短コンを楽しむには向いてないかもしれないですね^^;

名無し名人
作者予想全然わかりませんでしたね。
3~4名くらいしか当たってなさそう。
というか前回が当たりすぎた(笑)
相馬さん(康幸じゃない方w)より多く的中するのが目標ですが、10名くらいは自信があるって正気かよと思いますね(笑)

★今回の作者予想は難しかったですが、「⊂(゜Д゜」「ヒューム」「我関せず」「サイコロ」「命あっての」の5作はぜひとも的中させたいところだったと思います。

すみしん
評価基準は以下の通りです。
①作品の評価を80点満点でつけました。
②作品評価にタイトルの面白さ・手順とのマッチングに対し±20点を加算しました。
③さらに作品間の差を大きくするために、点数が最低の作品を0点、最高の作品を10点として相対評価を行いました。ですので、0点をつけたからといってその作品が私の中で駄作となっていることは決してありません。
私の解図力では解けない作品がいくつもありましたので、すべての作品を柿木で一度答えあわせをした上で解答をお送りしております。なお、誤解および無解だった作品には短評の頭に☆をつけました。
(解けなかった作品も15分以上は考えてます。2日で解けた人とか45分で45問解く人とか凄過ぎる)

久保紀貴
評点は上位で差をつけたために下位の方で何作もが同じ点になってしまい、結果的にやや辛めかもしれません。
作者予想は知っているもの以外は全く自信なし。

前田康熙
詰キスト的にはあまりにも的外れな短評があるかもしれませんが、詰将棋は初心者なものでお許しくださいませ。

もラン
ぶじょーよりはできてるはず(誤答怖い

★ぶじょー部長と仲良く「背水の陣」で誤解でしたね 笑。

景山英貴
大駒4連続捨ての1位がどれかを決めるコンクールですよね。「これが大駒です」と予想します(笑)
作者予想は全員書いておけば何人か当たるだろう。

★えぇw

山下誠
今回もバラエティに富んだハイレベルの作品揃いで十分に楽しめました。これから表短コンに取り組みます。

青木裕一
去年より手数と出題数が増えているので大変でした。
全て暗算で解いたので1問ぐらい間違っているかもしれません。
詰パラで解答するときと同じ基準でA=8、B=5、C=2に換算して点を付けました。

河童生
9手詰の短編といっても25題も出題されると、僕の棋力では短期間では解けません。
昨日は5題で今日は3題、こんな調子の解図では、要した日数は長かった。
で、私の付けた評価点、申し訳ないけれど、いい加減もよい処。
その日、その日の気分に任せて付けました。11段階の評価も始めてで、
4=パラ誌の幼稚園の入選級、6=中学校級でもOK、これ以上は僕の好み、こんな基準です。
勝手気儘の評価点、作者の皆さん、御免なさい。
ここでお願い。
出題の時に「my cube」に作品を出品された方は、必ず解答とありますが、その時に、自作に名づけられた題名の意を教えて下さい。僕には題名の意が理解できないものがありますので。よろしくお願いします。

★黙るもまた美学?

後藤満
今回は素晴らしい作品が多く、楽しませていただきました。
次回も解答のみですが、参加させていただくつもりです。

竹中健一
表の短コンよりもレベルが高くて、面白い作品が多かったです。
ただ、知識不足もあってタイトル名や狙いがわからないものが多く、
それで評価が少し下がった作品もあったかもしれません。
それにしても11段階評価って難しいですね…。
次回も楽しみにしています。
できれば、作図初心者向けの裏の裏短コンとかもあると嬉しいな。
このレベルよりももっとスマホ詰パラに近いレベルとか。。。
そうじゃないと、万が一創っても投稿できないw

★竹中さんの作品にも期待!

hiro
鑑賞専門の私にとって、9手詰は長かったです…。
ほぼ白紙解答となってしまったのは残念ですが、送ることで参加の意思表示とさせて頂きます。
結果発表では、作意や解説・色とりどりの短評をじっくり味わいたいと思います。
負担は大きいとは思いますが、次回の開催も期待しております。

大瀬戸
前回の裏短編コンクールの順位発表の動画を見て興味を惹かれ、次があればぜひ参加したいと思い開催を心待ちにしておりました。
最善を尽くしたつもりではありますが、何分詰将棋は俄ですので頓珍漢な短評等が散見するやもしれません。ご容赦ください。

★いやあ、そこまで楽しみにしてもらっちゃうと困りますね 笑。でもとってもうれしいです。

ミーナ
この企画は、いまや、看寿賞や解答選手権に匹敵するくらい楽しみで、年末の忙しい時期に世話役を買ってくれる、鈴川さんには感謝に堪えません。
鈴川さん神ってる!・・で、使い方あってる?

★え、そこまで言われてしまうと、来年も何らかの形でやらざるを得ないじゃないですか。

解答選手権2017チラシ

今年も解答選手権のスタッフをやります。
ほとんどなんにもしなかった去年とは違い、一般戦のメイン担当を仰せつかっています。
詳しくは書けませんが、まあいろいろ仕事があるもので。

解答選手権の詳細については速報ブログを参照ください。

で、広報のために、毎年チラシをピエコデザインさんに作成してもらっているのですが(※)、今年は僕が作ることになりまして。
Adobeのソフトを購入、見よう見まねではじめてのデザインのお仕事。

※「どうぶつしょうぎ」のデザインをされた藤田麻衣子女流の会社です。

完成品はこちらです。

omote.jpg

ura.jpg

pdfのサンプルはこちら。
オモテ
ウラ

第11回、第12回、第13回と、色がピンク→緑→青ときたので、今年はオレンジにしてみました。
フォントをAdobeで使える無償のものに変えたり、長崎会場のシルエットが鹿児島だったのを修正したり(※)と、まあいろいろ大変でした。
※去年ミスってましたもんね 笑。→第13回初級・一般戦要項

でもこういう作業は実は大好きだったりするのです。(このブログのデザインも元あったやつからけっこうHTMLとかいじってるんですよ)

まあそれはさておき、解答選手権、チャンピオン戦3/26(日)、初級・一般戦4/8(土)です! ぜひご参加を。

MRIの中で詰将棋を解いた話

今日はちょっと物珍しい話を。

うちの将棋部のつてで、実験協力の通知がありまして、ちょうど暇でしたので、被験者として名乗りを上げました。
詰将棋を用いた脳機能計測。

MRIって、寝っ転がってでっかい円筒の中に入っていくアレです。
実は昔、自転車ですっ転んで頭を打った時に一度だけ入ったことがあるんですけどね 笑。
詰将棋を解いている際に、脳のどの部位が活性化するかをその機械で調べるのだそうです。

東大助教の中谷先生の研究室へ赴き、実験の説明を受けること約1時間。
先行研究、チェス。グランドマスターとアマ強豪がチェスの局面で次の一手を考えるのですが、読みの深さで言えば両者それほど違いはない。明白に異なるのは、グランドマスターは最善手を発見するまでの時間が短いということ。直感が優れていると言えるらしい。
プロとアマの間では、思考方法そのものが違うのか……?

中谷先生は山形出身とのことで、今回は将棋を使おうと。プロ棋士にも協力してもらっているようです。

MRIは強い磁場がかかるため、金属が身体に埋めこまれてないかなどの問診や、実験同意書にサインなどを済ませます。
どうやって問題に解答するかというと、両手のボタンで。
左右それぞれ3つずつのボタンを操作して、盤上のマス、そして駒種を選択して、最終手を入力するのです。
9手詰以内、1問30秒以内で解かなければなりません。

操作方法を覚えたら、大学の地下にあるMRI実験室へ移動。この地下、1年生のときにやっていた物理実験で何回も入ったことはあるのですが、MRIがあるとは知りませんでした。ただの壁かと思うようなところに実はノブがついていて、隠し扉みたいに開くんでびっくりです。

スマホやベルトなど金属類を外して、耳栓をして(撮像時はめっちゃうるさいので)、仰向けになって機械の中へサイナラ~~。
目の前に盤面が表示され、ひたすら解くの繰り返しです。
12題×5セットという 笑。
問題は解けるとすぐさま解答入力画面へ移行することもでき、結果的にセット間の休憩時間が増えます。

詰パラで言えばキッズルーム以下の3手詰もあれば、幼稚園としても難しめな9手詰もありました。
30秒の制限時間では焦る焦る。
解けたのは8割といったところですかね。
ただ、問題は解答の入力。両手のボタンでの操作なのですが、もちろん寝転がっているので見えません。手探りです。
トータル5回は操作ミスで誤答したと思います 笑。入力の取り消しが利かないもので。

5セットをこなし、2時間程度で実験は終了。
自分の脳の3D像を見せてもらうことができましたが、ああーふつうの脳ミソだっていう程度です 笑。

結果はゴールデンウィークらへんに教えてもらえるとのことで、まあ待っておきます。
僕は普段は解図しないので、いくら詰将棋作家といえども将棋部の中ではそこまでいい成績は出せません。
脳内に将棋盤がないのがつらいところで、実戦でも数手先くらいしかイメージできないんですよね。
詰将棋も暗算で解くのは今回やった9手詰くらいが限度です。パラだったら小学校でさえ盤に並べますし。
解けって言われると、まあ詰キストとしての慣れで補いつつ、そして明確な狙いのある作品であれば狙いを先に看破することによって解いてます。いい作者の作品ほど解きやすいってやつです。逆に実戦では頓死ばかりですし。
と、そんなことを中谷先生としゃべってました。
もし詰将棋作家が解図するときに使っている脳の部位が違うとかであればおもしろいですね。

そうそう、実験の前に棋力を書く欄があったのですが、僕は段位を持っていないので(将棋ウォーズでは二段~三段でしたが)、
「詰将棋作ってます」
と書いときました。
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、進学とともに東京へ。現在、20歳学生。詰工房などの会合へしばしば顔を出します。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量かも?

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot