モデルメイトとは何か?

全国大会が終わってから1か月が経ちました。
全国大会効果というのか分かりませんが、詰将棋に対する熱は少し戻ってきていて、今月すでに中編を3作ほど作っています。
1年ほど、完全に創作から離れていたので、これで復活ということになればいいなと思います。

さて、本題ですが、詰パラ8月号を読んでいて少し気になった箇所が。
短21、石川氏作の解説のところです。


石川氏はいつもはっとするようなアイディアを取り入れた作品を発表されていて、非常に注目しています。
本作も、簡素な初形から高木手筋風の(※1)桂合が出てきて、飛2枚を捨てる収束までオリジナリティの高い手順です。

この記事で問題にしたいのは、作品の内容ではなく、詰上りに対しての解説です。

☆メインの27角生移動合は打歩誘致の常套手段。38桂と据えてからの36飛捨てが決め手となり、さらに25龍と捨てての詰上り。攻め駒は小駒ばかりで枚数は多いものの、いわゆるモデルメイトである。

はて? この詰上りは、果たしてモデルメイトと言っていいのだろうか。これが今回のテーマです。

modelmate1.png図1

モデルメイトとは、おそらく2013年ごろから詰将棋界に登場した用語で、もとはチェスプロブレムの概念だったものを輸入した形です。
その定義ですが、誰かによって統一された定義はなく、人によって使い方に少し差があるように思います。
おそらく最も一般的な解釈は、「詰上図において、玉の周りのマスに攻方の利きが重複しない」というもの。

図1を見ると、確かにその条件は満たしているように思います。が……。
25の地点、これが問題なのです。玉方の馬が25を埋めているので、ここにはそもそも玉が逃げる余地がない。にもかかわらず、攻方の37桂がそれをダメ押しで阻止しているのです。

私の見解から先に言いますと、図1はモデルメイトではありません。

そう主張したい背景には、モデルメイトという言葉が使われるようになった意図をしっかり説明する必要があります。

modelmate2.png図2
modelmate3.png図3

まずは、図2図3を見比べて、どちらのほうがより美しい詰上りだと感じるでしょうか。
「どっちもたいして変わんないよ」という方のために、もう1つ例を用意しました。
次の図4図5は、どちらがより美しい詰上りでしょうか。

modelmate4.png図4
modelmate5t.png図5

どの図も、実際の詰将棋でしばしば見かけるような詰上りだと思います。
しかし、特に図5を見てみると、駒の利きがいろいろ重複している箇所があり、さすがに図4のほうが優れていると感じる方のほうが多いのではないでしょうか。
せっかくの両王手の詰上りなのだから、角の長い足で捕まっていることを強調するために、58地点には壁駒を置きたくないし他の攻駒を利かせたくない。そう考えるのが詰将棋作家だと思います。
また図2図3に関しても、よりシンプルな図2に軍配が挙がる気がします。

このような「詰上りの美しさ」を図る指標の1つが、「モデルメイト」なのです。
できるだけ少ない攻駒で、ギリギリのところで玉を捕まえているからこそ緊張感が生まれますし、特に超短編においては重要視されてもいい基準と言えそうです。

また、これはちょっと話が横道にそれますが、図3には最終手余詰が生じているという問題もあります。
持駒の金を打ったところだったと推測すると、図6のようになりますが、これは23龍、22合、32金、11玉、22金迄の最終手余詰ですね。

modelmate6.png図6

もちろん中長編の収束となってこんな最終手余詰を気にしていたらキリがないですが、もしこれが1手詰や3手詰だったとすると、なかなか痛いキズだと思われます。
このような事態が発生するのは、つまり詰上りで攻駒の威力が過剰だから。そもそもギリギリのところで捕まえている図2であれば、最終手余詰は生じようがないのです。

modelmate2.png図2再掲
modelmate4.png図4再掲

話を元に戻します。ここに再掲した図2図4のような詰上り、これがモデルメイトです。
重要なのは、「玉の周りで攻駒の利きが重複しない」ことというよりも、「ギリギリのところで駒効率よく玉を捕まえている」こと。
それが、詰上りの美しさにつながってきます。

このような点を踏まえますと、例えば次の図7のような詰上りは、モデルメイトと認定したくない気持ちがご理解いただけるかと思います。

modelmate7.png図7

確かに、攻駒の利きの重複こそありませんが、56の桂や48の歩は詰上りにおいて必要のない存在です。これらがあるのであれば、57銀ではなく58桂くらいで充分なのです(その図は文句なくモデルメイトです)。

玉方の壁駒による重複がある詰上りをモデルメイトと認めてしまうと、そもそもモデルメイトという概念を持ち出してきた意味自体が薄れてしまうということを強調しておきたいと思います。

念のため申し上げておきますが、この記事は石川氏の作品や解説の石黒氏を批判する目的で書いているものではありません。定義が曖昧な現状において、モデルメイトという概念をしっかりと整理して、理解の普及を促すことが目的です。



さて、関連する話題ですが、「透かし詰のモデルメイト」ということにもついでに触れておきたいと思います。
少し考えれば分かることですが、透かし詰において、厳密な意味でのモデルメイトは基本的にはあり得ません(※2)。

modelmate8.png図8

このように、合駒を防ぐため、どうしても玉に接するマスの1つに攻方の利きが重複してしまいます。

しかし私は、図8のような詰上りも、モデルメイトとして分類していいように思います。
というのも、図8はモデルメイトの根本的な概念である「ギリギリのところで駒効率よく玉を捕まえている」に当てはまるからです。
合駒を防ぐためのマス以外の部分に攻方の利きや壁駒の重複がなければ、それでいいじゃありませんか。
透かし詰であっても、詰上りの美しさを図る尺度としてモデルメイトの概念を使えたほうが便利に違いありません。



また話題は少し変わります。
今までは簡単のため、「すべての攻駒が詰上りに協力する」ことを前提として例を出してきましたが、次のような図はどうでしょうか。

modelmate9.png図9

図2に53歩を追加したものです。実際の詰将棋には、このようなパターンがかなりありますね。
これは果たしてモデルメイトと呼んでもいいのでしょうか。
私は、グレーなところだと思っています。

というのも、何度も言うようですが「ギリギリのところで駒効率よく玉を捕まえている」というモデルメイトの概念に図9が当てはまるかというと、ちょっと首を傾げたくなるからです。
詰上りに協力しない攻方53歩という駒が残ってしまっているとなると、美しさという点では価値が少しだけ下がりそうです。
少なくとも、れっきとしたモデルメイトであった図2とは、一応の区別をしておきたいと思っています。

図2モデルメイト図9準モデルメイトと呼んで区別するか。
図2純正モデルメイト図9を単なるモデルメイトと呼んで区別するか。

方法はいろいろあるかと思います。チェスプロブレムではピュアメイトという用語もあるそうです。(詳しくは知りませんが……)

ただ、この区別のための用語を今すぐに決めたり、その使い分けを他の人に強制したりするようなことをする必要はまったくないと思っています。
話す上では、どちらもモデルメイト、だけで充分です。

そもそもモデルメイトは、詰上りの美しさを言語化するためのただの指標であって、その定義について深く厳密に議論するようなものではないと思っています。
昔詰パラで提唱された、動駒率、消去率、回転率のようなものです(※3)。
あくまで指標。モデルメイトではないからといって、その作品の価値が大幅に下がるようなことはありませんし、モデルメイトにしたからといって作品の質がグッとよくなるといったこともないでしょう。

例えば創作の仕上げの段階で、配置の二者択一を迫られた時に、こっちならモデルメイトになって気分いいな、ということを基準にして決める。それくらいの扱い方でいいと思います。
(まあ私は、自分の作風としてけっこう詰上りを重視しているのですが……。そういう人は少数派でしょう)

そういえば以前、モデルメイトに関連して、こんなことを言われた覚えがあります。

modelmate10.png図10

利きが重複しないのがその定義なら、この図だってモデルメイトじゃないか。どこがギリギリで気持ちのいい詰上りなんだ、と。
その通りです。モデルメイトに間違いありません。

しかし、この図においてモデルメイトという言葉を出してくることは、それ自体が少し見当外れなのではないかと思っています。
喩えるなら、裸玉の作品を見て、「これは不動駒ゼロの作品だ」、「これは初形“点”の曲詰だ」と言ったり、
煙詰の作品を見て「初形が盤面全体に広がっていて美しくない」、「長編なのに繰り返し趣向が入っていなくてつまらない」などと言うことと似たようなものだと思っています。

モデルメイトという概念が意味を持ってくるのは、詰上りの形のよさがアピールポイントの一つとなっている作品に対してのみです。
例えば、盤面右上にまとまった初形から、大海へ玉を追い出して、角の長い足を使って脱出寸前のところを捕まえる作品。
このような場合は、詰上りのギリギリ感こそが作品の狙いにダイレクトに関わってくるので、モデルメイトという概念が非常に大切になってくるのです。

せっかくなので図10に関して、もう一点だけ。
そもそもモデルメイトは、美しい詰上りであるのための十分条件ではありません。
モデルメイトならば美しい詰上りであるという解釈は誤りなのです。それを図10は示してくれています。
ならばモデルメイトは美しい詰上りのための必要条件かというと、それもまた違うと思います。
詰上りが美しいと感じるのは、その詰上りがモデルメイトになっているからだ、とは限らないはずです。利きの重複以外にも、いろいろな要素によって詰上りの美しさというものは変わってきます。

何度も言いますが、あくまで指標。モデルメイトであれば、その詰上りを美しいと思える傾向がある。それだけのことです。
(今までの詳しい議論は何だったんだ、となるような結論ですが)



以上、モデルメイトについていろいろ語ってきました。
私が示した例で、どれをモデルメイトとするのか、しないのか、という点に関しては、やはり人によって違いがあると思います。
もちろん、その考えを否定するつももりはありませんし、冒頭で問題提起した石黒氏の解説も、これは完全なる誤りだ、と批判するつもりもありません。
ただおそらく、モデルメイトという言葉が使われ始めたのは、このブログがかなり起源に近いという事実があります。(※4)
当事者の一人として、私自信はこのような解釈をしているのだ、ということをここにまとめておきたいと思い、こうして記事を書いています。

皆さんも、ぜひモデルメイトという概念を頭の片隅に入れて、創作や鑑賞に役立てていただければ幸いです。



※1
高木手筋もまた、解釈の分かれる用語ですが、ここでは最も広義に捉えて、「ある大駒XがラインA→ラインBの順で王手する。ラインBの王手に対してある合駒をしたいが、それは何らかの理由によって不可能もしくは早詰になる。そこで(本来は中合をする必要がない)ラインAの王手の段階で中合をしてXを近付けておくことにより、擬似的にラインBで合駒をした時と同じ効果を得る」という解釈にしておきます。高木手筋については、また別の機会に詳しく書くかも知れません。

※2
合駒制限や、大量の花駒を配置するなどして、「合駒が不可能」という状況を作り上げれば、透かし詰でも厳密なモデルメイトが作れます。ただしかなり特殊な状況なので、補足に回しました。

※3
動駒率、消去率、回転率もまた、詰将棋のよしあしを語る上で参考にするとよい(かもしれない)概念です。詳しくは、詰パラHPに載っています。→詰将棋オモロ講座

※4
モデルメイトという言葉を詰将棋で初めて使ったのは若島正氏(のはず)。
このブログでは2013年のこの記事のコメント欄が初出です。→詰将棋ウィークリー#39 解答
以降、三輪さんや私がこの言葉を気に入ってブログ上で使っていき、現在では稀に詰パラ上でも使われる用語として少しずつ普及していっているように思います。

詰パラ 入選150回 大学

詰将棋パラダイス2019年5月号

大14 入選150回
東京都 鈴川優希

35-8.png泣斬馬謖きゅうざんばしょく




詰パラの結果稿では棋譜の参照記号が抜け落ちていたり、作者コメントが中略されたりして言いたいことが伝わりにくくなっている(そして誤植もある)ので、ここでしっかりと解説しておきます。
久しぶりの構想作なので、少し気合を入れて。

まず初手はどう考えても69銀だろうということで、ここから考えてきます(図1)。

35-8fig01.png図1

ここで玉方の持駒は金銀歩しかありません。ろくな合駒ができないので、55地点に移動合して受けるしかないのですが、例えば55桂跳ですと同香、同馬、同龍以下詰みです。
というわけで、55への利きを増やすため、いったん58桂成と捨てておきます。これは自然な応手です。
同香となって図2

35-8fig02.png図2

ここで55桂跳ですと、44龍と捨てるのが好手で、同玉に56桂と両王手をかけます(図3)。

35-8fig03.png図3

53玉と戻るのは65桂の1手詰ですし、33玉は42銀生、32玉、41銀生、33玉、34歩、同玉、24と、35玉、25と迄の詰みが簡明です。
したがって、55桂跳の受けは詰んでしまうことが分かりました。

35-8fig02.png図2再掲

というわけで図2に戻って、55角成もしくは55馬と受けることになりそうです。どちらが正解なのかはまだ判断できませんが、とりあえず55角成としておきます。以下、44龍、同玉、56桂、53玉と同様に進んで、65桂を同馬と取ることができるのが55角成の効果です。
続いて、64桂と跳ね出したところが図4

35-8fig04.png図4

この局面で、玉方は困っています。というのも、何か合駒をしたとして、次に52桂成、同香、54歩、同馬、42銀生までの詰みがなかなか防げないからです。
唯一の手段は、取歩駒である馬を自ら消しに行く、56馬!という手です(図5)。

35-8fig05.png図5

しかしこれも、その場しのぎの応急策でしかありません。同香と取ってみれば、玉方はまた合駒に困ります。前に利く駒は渡せませんから、55桂打などと粘るしかありませんが、同香(次に65桂迄の詰み)、同馬と進み、結局は52桂成から54歩と打たれてしまうのです。これでは、避けようがありません。

というわけで、もうお気づきかもしれませんが、少し戻って図2の局面では55馬と、こちらで移動合するのが正解です(図6)。

35-8fig02.png図2再掲

35-8fig06.png図6

44龍、同玉、56桂、53玉、65桂、同馬、64桂、56馬で図7

35-8fig07.png図7

同香に55角生!(図8

35-8fig08.png図8

これなら、52桂成、同香に54歩が打てません。
後から角生として打歩詰に誘致するために、先に馬で移動合して、その馬を捨てる。玉方馬先馬角が狙いでした。
角の連続移動合という派手な手順の中に構想を組み込んだことに価値があると思っています。

ちなみに、タイトルの「泣斬馬謖」ですが、十八史略(つまり三国志)の故事成語です。「泣いて馬謖を斬る」とも言います。

馬謖は中国の三国時代の蜀(しょく)の武将で、諸葛亮(しょかつりょう)の信任をうけて参軍した人物である。 馬謖は街亭の戦いで命令に背き、戦略を誤って魏軍に惨敗した。 諸葛亮にとって馬謖は愛弟子であるが、軍律の遵守を最優先させるため、命令に背いた馬謖を斬罪に処し涙した。 この故事から、規律を保つためには私情を挟まず、違反者を処分するたとえとして「泣いて馬謖を斬る」と言うようになった。

19馬が馬謖。愛する臣下を泣く泣く斬り捨てる場面(56馬)をイメージして命名しました。

さて、解説に戻ります。メイン部分は馬先馬角ですが、この後もいろいろ仕掛けがあります。
とりあえず図8の局面から同香、同桂と取ってしまってから考えます(図9)。

35-8fig09.png図9

どうにかして歩を打とうと画策するなら、次のような手段が思い浮かびます。52桂成、同香、86角(図10)。

35-8fig10.png図10

86角が明らかに非限定なので、作意ではない感はありますが、有力な順です。
しかし、75桂合、同角、同飛生!、65桂、同飛で、これは惜しくも詰みません。

図9に戻って、今度は35角と、こちらから打ってみましょう。これには44香合(図11)が最善の受けとなります。

35-8fig11.png図11

以下、同角、43玉、65角、54飛合(他合は33角成、同玉、34香で詰み)となって、まだまだ手は続きますが紙一重で逃れています(図12)。62角成には47桂打合、また55角には45桂合です。

35-8fig12.png図12

それでは、どこがいけなかったのでしょうか。岐路は55角生の局面、図8にあります。

35-8fig08.png図8再掲

ここで、先ほどは同香、同桂、35角に44香合で逃れました。
この香は、攻方が今渡したばかりの香です。そして、玉方の駒台には、他に香はありません。
つまり……この55角を取って香を渡してしまう前に、あらかじめ35角と合駒を訊いておけばいいのです。これには44桂合が最善となります(図13)。

35-8fig13.png図13

ちなみにこの35角は限定打で、17角ですと26歩合、同角、44桂合、55香、43玉で逃れとなります。まあ、わざわざ17から打つ人はいないでしょうが。

図13から、55香、同桂、44角、43玉、65角、54飛合と進んで図14

35-8fig14.png図14

図12と比べて、持駒が香から桂になっていることが分かります。
(それによって33角成、同玉、34香の筋がなくなっているのでこの54合は飛でなくてもよさそうですが、結論から言うと飛が最善です。理由は後述)

35桂、32玉、54角で図15

35-8fig15.png図15

ここで43合はどのように攻めてもボロボロに詰むので、41玉の一手。
いよいよ収束です。32角成!、同玉、33角成!、同玉、34飛!、同玉、24と、35玉、25と迄35手詰(図16)。

35-8fig16.png図16

メインの構想部分で活躍した角2枚に加えて、合駒で奪った飛までも連続で捨てての詰上りは気持ちいいかと思います。
収束というのはかくありたいものです。

ここからは補足です。図14では54飛合としていましたが、代わりに香合とした局面が図17

35-8fig17.png図17

作意と同じように、35桂、32玉、54角以下の順で詰みます。最後に34に捨てる駒が飛から香車に変わるだけです。
では、ここの合駒は非限定なのかというと、そんなはずはなく。
図17で、55角が見えにくい手。いろいろな応手が考えられるので面倒ですが、例えば44銀合ですと、同香、32玉、54角、43歩、33銀、同玉、43香成みたいな感じで、いずれも作意より短い手数、もしくは同手数駒余りで割り切れています。
作意のように54飛合としておけば、55角には45香合、同香、34玉とかわして逃れているわけです。
解答者の中には、ここの飛合、香合を間違えて誤解した方が多いように思われます。
変別含みの割り切り方(しかも煩雑)なので、ちょっと申し訳ないのですが、しかし実は誤解に気付くことが可能なタイミングがあります。

35-8fig18.png図18

図17から35桂、32玉、54角と変別順に入ってしまった局面が図18
41玉なら32角成以下きれいに詰むのですが、ここで43飛合が非常にいやらしい合駒となります。
ありとあらゆる王手が詰む、といっても過言ではない状況なのですが、不思議なことに、どれだけ頑張っても37手かかってしまいます。つまり、変長なのです。
これはおかしいぞ、ということを直感した方は、図17まで戻って55角という割り切り方に気付き、54は飛合だという結論に到達できるものだと考えられます。
飛合の作意順なら、図15において43飛合は売り切れなので、この変長の問題は解消されるのです。

35-8fig15.png図15再掲

作家目線から言うと、この43飛合という変長順を消すために、どうしても盤上どこかに飛を1枚置かなければいけませんでした。
いろいろな方法を検討したのですが、79飛として置くことによって、①初手~2手目の応酬が逆算できる、②図10の紛れが飛生で逃れる、という2つの活用法を見出せることに気付き、これに落ち着きました。
創作の過程で盤面が広がっていった背景にはこのような経緯があったのです。

それではここで、動く将棋盤で作意を並べておきます。ついでに、結果稿の一部も。



誤5 無8
A18 B4 C1
平均2.73

竹○健一―成生決定の余地を後に残す55馬と、56馬~55角生とか、すごい技を繰り出してくれますね!
占魚亭―体を張った馬のガードから打歩詰誘致の角不成の流れが素晴らしい!
○下誠―びっくり箱のように変則合が飛び出すが、最後は大駒を捨てきって鮮やかに収束する。



創作過程について少し書いておきたいと思います。
おそらく、作り始めてから完成まで5年ほどかかっています。
原図は実は13手詰。


エッセンスだけを抽出したような図です。
角2枚を移動合して、それをパクパクと取って、2枚とも捨てて詰上り。ストーリー性としては充分かと思いますが、いかんせん13手にしては駒が多すぎます。収束用の34歩・35香の配置もダサい。

最終手が44歩迄の突歩詰になったらちょっとはいいかも……と思っていたら、それは10手目64飛合という手があるので、手数が長くなってきそうです。
ただ単に詰めばいいわけではなく、角連続合のテーマでやるからには、収束はどうしても角を2枚とも消さなくてはいけないという意地があります。
そうして見つけた新しい収束の図がこちら。


発表図にちょっとずつ近づいてきた感じでしょうか。
23手目、24飛迄で詰みというように短く切りたかったところですが、18手目の33合がどうしても割り切れずに苦戦します。ここの変長は、この段階から曲者だったわけです。

そしていろいろ試行錯誤し、欲張って収束に飛も捨てられるように作ったのが次図。


ここまで来ると、発表図までもう一息です。
ちなみにこの図は、詰上りからの逆算で作っています。
私の使う常套手段、つまり、「再構成逆算」です。

正算で収束をつける場合、盤上で駒を動かしながら収束手順のイメージをしたら、いったんその図を忘れて、詰上りからの逆算で一から作り直すのです。これが再構成逆算です。
すべての詰将棋は、逆算で作ることができる。そして、逆算で一から作れば、不合理だった配置が整理されて手順成立の条件も理解しやすくなる。こういったアイディアに基づいた手法が、私の提案する再構成逆算なのです。
私の創作手法については、またいずれ詳しく書いてみたいと思います。

とにかく、収束で角角飛と捨てる図に行き着いたわけですが、この図で注目すべきポイントは、玉方36歩という配置です。
36歩の何がいいのかというと、これによって、さらなる逆算の道筋が開けているのです。

35-8fig19.png

上の図から2手逆算すると、こうなります。
56桂はただの両王手ですが、実はこの手、5筋の香車のラインを止める手なので、現実的にはなかなか入りにくい逆算です。36桂と跳ねるほうが普通は有利だからです。
それを可能にしたのが、36歩。詰上りでの単なる壁駒として置いた歩が、こんなところでいい働きをしてくれました。

この2手が入ればしめたもの。
さらに逆算して、ついに発表図を得ました。

こうして見てみると、発表図のメインの構想である馬先馬角は、実は創作の最後の段階になって逆算で追加されたものなのでした。
私は普段、構想作を作らないというか、なかなか作れません。
大概は逆算がメインで、逆算によって狙いの手順を入れるという方法をとっています。
今回はその手法がとてもうまく働いた例でした。



当初の予定以上に長々と書いてしまいました。
まあ、長い間温めてきた作品なので、愛着はあります。
作っている途中のどこかの段階で満足してしまったら、この発表図に行き着くことは絶対にありませんでした。
これ以上よくなるアイディアが浮かばない、といった場合でも、年単位で寝かせておけばある時ひらめくことがあるものです。
ともかく、この作品を納得のいく形で世に送り出せて満足しています。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
主に月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家。東京在住の学生です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。小~院すべての詰将棋学校で半期賞受賞経験あり。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任しました。原稿随時募集中です。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot