第33回詰将棋全国大会参加記 後編 in名古屋

前記事から続いて、後編です。

ゲストハウスで起床したら9時半。熟睡しておりました。
喫茶店で時間を潰しつつ、会場に到着したのが12時少し前。
正直、前夜イベントが終わってほっとしていたという感じで、全国大会は気楽に過ごそうという気持ちでした 笑。

受付が始まる時刻には、すでに会場に行列が。
知り合いに挨拶しつつ、受付を通過して前のほうの席を陣取る。
その後は、会が始まるまで名刺交換のためうろついていたり、記念詰将棋を解いたりしていました。
今年の記念詰将棋は、第33回大会にちなんで初形曲詰「3」とあぶり出し「3」のコラボ。どちらも完成度高めな割に易しい作品で、僕でも暗算で解けました。記念詰将棋としてまさにベストです。作者当てのおまけつきでしたが、ちゃんと2作とも自信をもって回答しました。

定刻通り開会して、やはり司会は今年も石黒さん。
SNS禁止、プロ棋士との写真撮影・サイン依頼禁止といった告知は今年ならではでしたが、まあ仕方ないところですね。
各氏の挨拶も滞りなく進んでいきました。谷川九段の自虐風ジョークがおもしろかったです。

看寿賞表彰は、柳田さんの突然の図らい(?)によってインタビュー形式になったことが去年からの変更点ですが、これは言われているように例年通り普通にスピーチしてもらったほうがよかったでしょうね。
あと、受賞者全員が揃うっていうのはレアケースなんじゃないでしょうか。
というか、こうして並んでみるとやっぱり若手全盛期という感じ……。
作品解説は柳田さんではなく運営委員の堀内さんが担当。さくさくと進む解説で聞きやすかったですが、毎年思っているように看寿賞作のエッセンスを短い時間で語り尽くすことは不可能なので、来年に向けてどのような層を対象にしていけばよいかが論点になりそうです。今回は、例えば「LCM」は、なぜ飛角の位置を変えなくてはいけないのかが一切解説されないまま「最小公倍数原理です」というだけで終わってしまっていたので。

七條賞、門脇賞表彰も、受賞者が参加されているというのはやっぱりいいですね。
藤井四段は、解答選手権で会ったときよりもさらに大人びている印象でした。

握り詰作品の紹介は水谷さん。
解説はスピーディーながらツボを押さえていてとてもよかったです。作者によるアピールタイムもこうあるべきって感じでした。
あと今年は使用駒の関係もあって、易しい作品がそろっていました。(去年みたいに「これは……!」という作品はありませんでしたが)

休憩時間中に握り詰めと記念詰将棋の解答を出し、そして書籍コーナーをうろついていました。短編名作選2冊と、解答選手権2017年鑑を入手しました。どちらも僕が解説に協力させてもらっていますので、ぜひご一読を。また詳しく紹介する機会はあるかと思いますが、短編名作選は詰キストを名乗るなら必読書となるかも、というくらいの内容だと宣伝しておきます。

第2部はレクリエーション。
ミニ解答競争はここ近年の流れをくむスタイル。時間が15分に伸びたということで、少しはゆっくり問題に向き合える余裕ができました。
30題で90点満点ですが、僕は一般人枠の平均みたいな点数、43点。いやこれでも健闘したほうかと。問題のレベルも去年の塩見特集に負けず劣らず、好作の寄せ集めでした。よく作るなあと思います。
今年は決勝戦はなく、単純に点数で上位陣の順位が決定。藤井四段の優勝は、もう実力以外の何物でもないというものですね。柳田会長も去年に続きステージに上がられるのもすごいことです。

レクリエーションその2は、ヒルナンデスでやってる「クイズ3分で当てましょう」みたいなもの。まあ結果的に今回の地雷企画となりましたね 笑。
スライドが表示されなかったのはまあ当日のトラブルは付き物で仕方ないとして、運営自体がやたら大変そうな企画でした。前日までに詰キスト100人にアンケートをとって、それを当日集計するっていうのと、複雑なゲームルールの中でうまく進めていくのが……。進行を打ち合わせなしで丸投げされた石黒さん、お疲れ様です 笑。
あともう一つこれは失敗だなーと思ったのは、詰将棋マニアでさえ答えるのに窮するようなクイズなのに、詰将棋を始めて間もない方々にステージ上で無理やり答えさせるというのも、なかなかの鬼。「愛知県の詰キストといえば」「指将棋の強そうなアマチュア詰キストといえば」なんて質問、僕でさえ厳しいのに、しかも1~3位は先に答えを開けられてしまうので無理。「人」に関する質問なんて、その人にどんな失礼にあたるかわからないので、ビギナーだったらなおさら答えられないでしょうし。
というわけで、そういうライト層が楽しめないような企画は全国大会として本末転倒だなあと思って眺めておりました。来年への課題。
あ、景品の藤井四段サイン本がここで登場したのはめっちゃうらやましかったです 笑。

以降、恒例の一人一言は省略の流れで記念撮影をして全国大会は閉幕。
一旦解散となって、近くの懇親会会場へ向かうなりぐだぐだしてる間に、また名刺交換が捗ります。

今年の懇親会はなんだかおしゃれな会場でした。広さ的にも、ちょうどいいくらいですかね。
始めての方ともいろいろお話しできました。ここに書いててもキリがないので書かないですけど。
記念詰将棋の作者当てが的中したということで、駒の消しゴムと図面用紙を景品でもらいました。
服部さんの乾杯の音頭と、久保さんの締めも去年から引き続き。あ、今年は一本締めの合図は宮原くんでしたか。

2次会、3次会では例によってテーブルの上に盤が出てくる展開になります。
1年に1回、ここまで詰将棋に浸れる日というのも贅沢なものです。しかも今年は前夜イベントもありましたので、満足度は高いです。

この日、24時過ぎの高速バスに乗って東京へ帰りました。
生活リズムが未だに回復しません……。

さて、懇親会の場で、来年の首都圏開催ではやっぱり若手が中心となってプロデュースするよう言われてしまったので、まあ就活などに差し障りのない範囲で最大限がんばりたいと思います。
今週末の詰工房で、さっそく状況をうかがうというか、運営が発足される感じになったらいいと思うんですけど、皆さんどれだけ来られるんでしょうか……。全国大会で燃え尽きてたりしないですよね……?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記念作品作者当て

第33回記念詰将棋の作者当てですが、正解者は少ないだろうと読んでました。
聞いたところによると3名だとか。
一人は香龍会で見ているので実質は二人だけだとか。
意外な作者ではないのですが、1点読みは難しいかなと思っていたのを、1点読みなのは流石鈴川君と思いました。

No title

あぶり出しのほうを三輪さんとする予想が多かったみたいですね。
三輪さんならと金を置くだろうと思っていたので除外しました。
2作とも、高校手数なのにスラスラ暗算で解ける、よい作品でした。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot