詰パラ 入選132回 中学校

動く将棋盤として使わせていただいてるKifu for JSですが、このブログ休止中にバージョン2.0.0が開発され、かなり使いやすくなりました。
以前はブログとは別にサーバーを作って、そこのページで表示した盤をインラインフレームでブログに埋め込むという荒業を使っていたのですが、このバージョンアップを経て直接ブログに貼れるようになったのがありがたいです。
なお、CSSがブログのものと競合しないように少々いじって導入しています。
ただ、公式GitHubでの使い方の説明はより不親切になってしまったので、もう一度このブログで導入方法の説明記事をそのうち上げたいと思います。

さて、本題。前回に引き続き既発表作のまとめです。

詰将棋パラダイス2017年8月号
中学校

中8 入選132回 29・3投
東京都 鈴川優希


誤1 無3
A68 B26 C2
平均2.68

末○修二―流れるような手順。43角は限定。桂の2段活用がいい。
止少兵八―筋がいい故に見えやすい手筋物。



初形から34桂を2段跳ねさせれば頭金まで、というストーリー。
短編らしく捨てまくってきれいにまとめることができ、まずまずの仕上がりになった。
ちなみに腹銀+頭金での詰上りは、駒効率がいいので最も愛用している形。今後もお世話になっていくだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
主に月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家。東京在住の学生です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。小~院すべての詰将棋学校で半期賞受賞経験あり。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任しました。原稿随時募集中です。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot