第28回 解答発表

出題編はこちら。


最近あんまり詰将棋つくれてないなあ。my cubeの更新も合わせて頑張らないと。






たった5手詰ですが、いろいろあって難しいと思います。
初手は4四馬に狙いを付けて5四馬か4三馬。どちらかは後で考えるとして、どう対応するか。
でも、落ち着いて考えれば、7七桂不成以外は4四馬まで、簡単ですね。(売り切れのため、7七桂打ちはできない)以下は桂を取って収束です。
さて、……そこで初手は5四か4三ですが、5四馬には2七銀成という手があって、逃げられてしまいます。4三馬なら2七銀成としても、1六は塞がったまま、という訳。

では、皆さんの評です。(敬称略)

u-maku  「初手が限定されてるのがいいね」

★限定されてなかったら詰将棋として認めてもらえない?

三歩人  「これは良いですね。初手54馬は同じと思うが27銀成で逃れるのもいい」

★本当は8八馬なんて手もあればよかったのですが。7七歩で不詰。

須藤@詰パラ  「しばらく解答をさぼってしまいました。4桂配置が目立ちすぎるのが残念?」

★そういえば僕も詰パラHPの表紙の解答をさぼっています。(汗) 今月こそ……。

馬屋原  「まずは桂の枚数を確認。44の馬に狙いをつける。銀成りを見つけて馬の位置を修正。これ以上罠がないことを確認して解図終了」

★めでたしめでたし。

古田龍生  「初手5四馬と4三馬のどちらが正解かを考えるのに少し苦労しました。2七銀成が見えて納得!」

★一瞬でも迷って頂ければ。

坂本栄治郎  「盤面に4つの桂と2つの角が有るとなぜか合い駒に安心感が抱くのは、私だけだろうか」

★あー、確かに。(笑)

ほい  「初手5四馬も詰んでそうな…… 引っかかってます? 5四馬には、2七銀の移動合いがっ  と思いきや馬取れるしなあ…」

★正解でした。2七銀とできるので4四馬、1六玉で詰んでいないはず。

一土  「手数は短いが、頭がこんがらがる問題だった」

★たまにはこんなのも、と思い出題しました。

タラパパ  「ちょっとしたマジックでした。なぜ初手が限定するのか、棋形が自然な分、悩まされましたが判って納得。狙いのはっきりした好局でした」

★わざと深く入る方が意外性があるかなあ、と。

利波  「初手の狙いは面白いと思いますが、43と54どちらも見える形なので、見破りやすいです。でも、初手が狙いなのでしょうから、手順は43馬77馬44馬という纏め方に私ならしたと思う。その纏め方なら配置もスッキリ出来ると思う。双玉にして逆王手を入れるのが、却って味を悪くしているのではないでしょうか?」

★始めはその構想だったのですがねえ……。7七馬には同龍以下の余詰がどうしても発生してしまうのです。最終手余詰とはいえ、これはさすがにNG。無理やり直すとすれば、次の図ですが。
3-12.gif
結局双玉なのですよねえ。しかもこれだと最終手余詰を防ぐためだけの双玉なので、これなら出題図の方がよいだろう、ということで。
どちらがよいかは人によりけり。もし双玉にせずに7七馬が成立するようであれば、コメントください。



正解者:u-maku、三歩人、須藤@詰パラ、馬屋原、古田龍生、坂本栄治郎、ほい、一土、タラパパ、利波

正解数累計ランキング
1位 三歩人(28)
2位 ほい(27)
3位 坂本栄治郎(25)
4位 タラパパ(24)
5位 馬屋原(20)




 ←クリックお願いします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot