初の長編? その後

この記事の続編です。

あれから僕もいろいろ考えまして、図巧83番のように、駒はがしを趣向に取り入れてみたら、と思いつきました。






歩をどんどんはがしていって、最後は香を手に入れて終了。ちなみに、右上の配置も、少し変えて、手数を伸ばしています。
まあ、定番パターンですが、これで200手代を突破しました。前回よりも一気に100手以上更新。

で、これをさらに改良したのが次の図。






基本は同じですが、最後にはがす駒は桂です。そのおかげでもう1往復伸びました。


まだまだ伸びそうです。引き続き、改良案をお願いします。




今週の詰将棋出題中!




 ←クリックお願いします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

やっぱり次は持ち駒変換でしょう、と無責任に言っておきます。(竜追いは創ったことがないので)

No title

うーん、このルートを突き詰めた最終形が、相馬さんの風神や添川さんの阿吽だと思うのですが、、、?

着々と進化していますね‥‥。

74玉を63玉、82桂を93桂、62龍を52飛に、玉方92歩、攻方91とを
置けば、317手詰となります。
まだ検討にはかけていませんが。

取敢えずは

初形を整理して、やさ院に投稿して、徐々にステップアップがいいかと思います。9×9の宇宙でも長編を創作中のようだし、同時に出るといいですよねー。

No title

匿名さんの言う通り、これは新味もなにもない習作です。でも、長編に慣れるのが目的であって、今は手数を伸ばすことだけにこだわっています。まあ、持駒を2箇所で稼ぐことが新しいといえば新しいのかな?
神風や阿吽も、やはり持駒変換が入っていますね。参考にしたいと思います。

それからこじはるさん、改作案、ありがとうございます。9一との配置には気付きませんでした。
詰パラに投稿する勇気はまだありません……。(笑)

今、気づいたのですが、

この形だと、持駒香2枚とかになると即詰になるので、このままでは
持駒変換にはなじみにくい感じです。
右下部分で、「無銭旅行」や「表参道」の折返し形が使えるといいのですが、巧くいくか未知数です。
後は、長谷川さんの作のように、桂打から質駒取で跳ねるとかも考えられるでしょうか。

No title

確かに、持駒変換はちょっとやりにくそうですね。
馬屋原さんに言われたように、桂によるはがしに挑戦することにします。

すみませんが、

こんなコピペでもいいのでしょうか。
余り、進化していませんが、313手詰です。
あっ、それから後々のことを考えて、主要な作品には
タイトルつけておいた方がいいですよ。
思い浮ばない時には、「夢の華」のように内容をタイトル化
するのもいいでしょう。
例えば、「往復式置駒消去型龍追超長編加賀百万石風」
なんて感じで。(^^ゞ
収束、香を走らせて中段でチャンバラできれば、貴方も田島
秀男さんクラスです。(#^O^#)




後手の持駒:飛 角 金四 銀 桂 香二 歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| とv歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|一
|v歩 ・ ・ ・ ・v香 ・ 銀v桂|二
|v桂vと ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|三
|v香 龍 ・ ・vと ・v銀 ・ ・|四
| 角 ・ 桂vと ・ 歩vと ・ ・|五
| ・ ・v玉v歩 と と ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・v全 ・ ・ ・ ・ ・ ・ と|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 まで

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot