祝50回! 今週の詰将棋

はい、今回で50回となります。余詰でつぶれた回や問題差し替えの回もありましたが、無事に50回を迎えることができました。皆さんのおかげです。
ありがとうございました。
これからも精進します。応援よろしくお願いします。

今回は2題あります。


     今週の詰将棋

          第1問

15-19s.gif


          第2問

21-13s.gif


第1問は手数2ケタの短編、第2問は20手代前半の中編です。そこまで難解ではないはずです。
どちらか片方でも解けた方は解答ください。よろしくお願いします。
いつもどおり最終手と手数で。(2問とも) 締切は、6月30日。2週間近く設けましたのでたくさんの解答お待ちしています。

→締め切りました。

~解答送信のやり方~
この記事の下にある「コメント」をクリックし、お名前と解答、短評を入力後、「送信」をクリックします。あとは画像で出てきたキーワードを半角英数で入力して、再度「送信」クリックで完了です。
コメントは僕が承認しないと表示されません。解答発表と同時にコメントを承認します。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

第50回の解答

50回おめでとうございます。毎回楽しんでおります。長く続けてください。

①33龍まで(15手) ※36馬捨てが収束の伏線手ですね。

②12桂成まで(21手) ※立体曲詰ですね。35香の飾り駒は大目に見ましょうよ!。

No title

第1問 3三龍までの15手詰み。前段階の馬捨てが面白い。
第2問 1二桂成までの21手詰み簡単な1本道だが、狭いところでの攻防が面白い。

No title

1作目・手数15手、最終手33竜。

2作目・手数21手、最終手12桂成。

今週の詰将棋が50回までいったということで、おめでとうございます。
いろいろ忙しいと思われる中で毎週詰将棋を出題するとはすごいの一言です。

ただ、ここは通過点でしょう。次は100回目指して頑張ってください。
毎週楽しみにしています。

作品の方はというと、1作目は36馬や22角成等豪快という感じで、2作目はパズル的な詰将棋。どちらも楽しませていただきました。

50の炙り出し

50の炙り出しはうまいですが、
手順の妙味が今ひとつ。

※以下は載せないで下さい。年寄りのアドバイスです。

いつもは作品が気に入った時だけ解答していましたが、
前回は改作案まで載せてもらったので一言。

問題を解くだけの人は炙り出しには、意外と気付きません。
手順に感じるところがないと、善意でスルーしてしまします。
なので、急に解答が減ってもがっかりせずに、
今後とも続けて下さい。
少なくとも私は見ていますから。

No title

32桂成以下33龍まで15手詰。11金以下12桂成まで21手詰。
*あぶり出しもそつなくこなせるようになりましたね。次の通過点を目指して精進してください。また、多くの人に愛されるブログでありますように。

1.は33龍まで15手、2.は12成桂まで21手ですね。

ちゃんと、イベントに合せて帳尻合せてくるなんて、どこぞのベテラン
顔負けですよねー。(^∇^)
でも、路線を誤るとどこぞの便利屋作家のようになってしまいますよ! 
ここいらで皆さんの声をに対して今一度耳を傾け直してみるのもよいかなぁと
思いますよ。(#^O^#)

祝50回!

第1問:33龍まで15手
2問出題ということは、「5」と「0」のあぶり出しだなということで、解いていました。それでも初形からは「5」の曲詰とは分かりにくくなっていると思います。
第2問:12桂成まで21手
こちらはさらさらと解けました。まあ記念の曲詰ですからこの位の難易度がいいと思います。

No title

3三竜迄15手/1二桂成迄21手

期待通りの50!(これに気がつかない人はさすがにいないでしょう。)
しかも、なかなか鋭い手順のように感じました。
一体どうすれば毎週毎週、詰将棋が作れるのか、
その才能がうらやましい限りです。
私も五寸盤を買って自作を並べて、眺めてみようかな^^;
なにはともあれ、50回おめでとうございます!

No title

解答ありがとうございました!
温かいコメントばかりで、創作意欲が湧いてきました。
出来るところまでは続けたいと思っているので、応援よろしくお願いします。
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞8回、看寿賞1回、詰将棋順位戦A級。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot