第54回 解答発表

出題編はこちら。
大会が近いもので部活に休みがありません。大変です。卓球部は体育館のドアや窓を開けると風が入ってプレーに影響が出るので、閉め切っています。うわあ、暑いよお。(笑)







実はこれ、実戦取材です。桂合で詰まず、逃れだったので、それにいろいろ付け加えました。
シンプルにまとまって捨駒もあるし合駒も動かすしこれはこれでありかな、と思っていたのですが甘かったです。1八歩が安直でしたし、紛れも少なく物足りないようです。反省。

頂いた短評です。(敬称略)

長谷川大地  「28銀と18歩が大ヒントでした。28銀を39角にすれば、57への利きができるので、駒を増やさず紛れを増やすことができると思います」

★なるほど、その手がありましたか。

三歩人  「既視感が有ります。手筋を如何に組み合わせて新鮮に見せるか、多くの作品が出回っている今日、詰将棋の創作は難しいですネ」

★確かにもう一手くらい欲しいですね。2七歩を1六金の捨駒にするとか……。

ほい  「あっさりしょうゆ味」
坂本栄治郎  「桂合いがミソかな」

★うーん、全ての手が隠し味みたいな? メインがないじゃないか。

ストンリバー  「冬の北陸、雪景色というイメージがあるが、夏は当たり前に暑いんでしょう。遠い昔の夏休みのことなど、忘れてしまいましたが、今は、塾通いや宿題の山に追われて、生徒さんたちも大変みたいですね。子供が伸び伸び育つということは、どういうことなのか、いつの世も問われ続けているのかも知れません」

★北陸は湿度がとても高いので、「暑い」というより「不快」です。湯船にずっとつかっている感じ? 僕は塾は行っていませんので、幾分か楽ですが、宿題が今年は多くて……。

神戸ひとし  「なるほど、一間竜の形を目指すわけですね」

★引き続きの解答、ありがとうございます。これからも楽しんで頂ければ嬉しいです。

馬屋原  「最近解答をさぼっていましたが、4位の座がそろそろ危うくなったのでまた頑張りたいと思いました。なんとなく素材という感じで、ここから試行錯誤していくのが創作の醍醐味では?と思いました。すいません、なんかかっこよさげなこと言いたかっただけです」

★その通りです。グッとくる一手が入れば……。

こじはる  「初手で、途端に初心向けレベルになってしまうので、消化不良な印象になってしまいましたね。(泣)  18歩は絶対に置いてはいけない配置だし、序盤はまだまだ食うの余地がありそうだし。(^_^;) 」

★形がきれいなだけましかな、と思ったのですが、駒を置いてでも消化しきらなくてはいけませんね。


正解者:長谷川大地(18) 三歩人(55) ほい(52) ストンリバー(13) 坂本栄治郎(51) 神戸ひとし(2) 馬屋原(32) こじはる(20)

正解数ランキング
1位 三歩人(55)
2位 ほい(52)
3位 坂本栄治郎(51)
4位 馬屋原(32)
5位 増田(29)



第55回出題中!




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot