新構想?

夏祭りに行ってきました。
しかし、石川県のド田舎に住んでいるもので、大したことはしません。高齢者社会なので、日本民謡や三味線などの発表会など、渋い内容。スイカ割りもありましたが。
ですが、ド田舎も捨てたものではありません。特大のイワナが一匹300円で売っている出店がありました。ここぞとばかり、合計5匹も買いました。(笑) うまかった。




それでは本題。
今日は、ちょっと僕が思いついた新手筋について話します。



それは……合駒を2手後に動かすことです。
意味が分かりませんが、ちょっと図を挙げて紹介します。

genrizu1.gif原理図


原理図を見てください。
僕が思いついた新手筋は、ここから7九飛、6九角合、5九角、3六角成と進むことです。
合駒を2手後に動かすことは不可能に思えますが、1手目に王手した駒の利きを、開王手で動く駒でふさいでしまえばあり得ます。

試しに作ってみようとしましたが、かなり難しい。合駒を動かした後の手順もうまくまとまりませんし、余詰も無限大に出てきてしまいます。


合駒を2手後に動かす詰将棋。どなたか作ってくださいな。って、これは相馬さんの掲示板になってしまうではないか。(笑)




今週の詰将棋出題中! 現在6人の方から解答を頂いています。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

合い駒を2手後に動かすだけなら、下記のような例があります。(数年前の小学校に、このような作品が載っていたことは覚えているのですが、引っぱり出すのが面倒なので、原図とは若干配置が違うとは思います。)
攻方 36飛、39馬、69飛
玉方 19玉、47角
持駒 なし
5手詰

ただ、中合いを2手後に動かすのは難しそうですね。TTT(詰将棋課題コンクール)の課題募集に応募するのも一つの手?

報告、ありがとうございます。
5手詰で実現可能なのですね。しかも飛角図式で、よくできていますね。
しかし、ちょっと非限定が気になりますね。2手目金合が完全に割り切れているとは言い難いし、4手目銀不成でもいいし、最終手2七馬も可ですものね。

中合で動かすのはやはりありませんでしたか。チャレンジしてみたのですが、盤全体に駒があるという状態になってしまいそうです。

ほぉ~

こんな作品ができますか。
これは上手い!

一度私のサイトにお越し下さい

これは既に多数あります。
それだけでは面白くないので、不成も組み合わせています。
「不成の舞」68番、73番、79番などをご覧下さい。

>タラパパさん
まだまだ素材の段階なので、これからいろいろと手を加えていこうと思います。

>田原宏さん
田原さんのサイトは、もう「お気に入り」に入れてあって、いつも見させてもらっていますよ。力作群に圧倒されています。
作品を改めて鑑賞させて頂きましたが、不成が高級ですね。この手筋なら、いろいろと工夫できそうです。
ですが、中合駒を2手後に移動合で動かす、という作品は前例があるのでしょうか?

作例

熱心に更新されており、いつも感心して拝見しています。

>合駒を2手後に動かすことは不可能に思えますが、1手目に王手した駒の利きを、開王手で動く駒でふさいでしまえばあり得ます。

このパターンで中合した駒を次の手で動かす例としては、以下の拙作があります。ご参考になれば幸いです。

詰パラ2005年2月 中学校

攻方:17桂、35香、73馬、83飛
玉方:11桂、12歩、14桂、15角、22桂、
    24玉、93飛
持駒:金

9手で詰めたら不正解ですよ(笑)。

流石です。2手目2三玉の紛れも奥深くていいですね。それと9三の飛が、工夫された配置だと思います。
どうしても、正算で作ると、収束が上手くまとまらないのですが、金捨てでしっかりとまとまっていますね。

今、僕はこの作品で言うと6手目が移動合、という構想を持っています。(ちょうど「新構想 その②」の作品のような) 中村さんの作品を、いろいろと参考にさせて頂きたいと思います。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot