将棋の複雑さ

随分前の話になってしまいましたが、「あから」が清水女流王将に勝利しましたね。
僕は実戦はよく分からないので詳しい棋譜の検討なんかはしていないですが、あからの桂のただ捨てが勝敗を分けたようです。
百数十台のコンピューターをつなげ、4つのプログラムを並列に動かす。想像がつかないくらいの重装備ですね。清水王将が負けたのもしかたないところだと僕は考えています。
しかし、プロの方々にとっては困ったことになったのかも知れません。

調べてみて分かったのですが、ボードゲームのほとんどは、もはやコンピューターが支配する時代となっています。
オセロは後手必勝、五目並べは先手必勝だとコンピューターにより全ての変化が読みきられていますし、チェスも先手が圧倒的に有利で、コンピューターにかなう人はいません。ちなみに最近はやりのどうぶつしょうぎは、後手が78手以内で必勝らしいです。
先手、後手の有利、不利がほとんどなく、コンピューターが人間に勝てないのは、将棋と囲碁くらいです。

将棋の最も面白いところ、それは取った駒を使えるというところですね。これによって着手の幅が大きく広がる訳です。
チェスは、盤上からどんどん駒が消えていくので、どんどんコンピューターに有利になっていきます。が、将棋は、中盤、終盤には80通りくらいの指し手があり、10手先まで読もうと思ったら、1秒に1億手読むコンピューターでも、3000年かかる!らしいです。

人間とコンピューターの思考は、根本的に違っていて、人間は大局観と勘、そして狙いに基づいて指しますが、コンピューターの場合、常にその局面での最善手を指そうとします。
渡辺竜王対ボナンザの対局がありましたよね。あの時、渡辺竜王はすでに勝ちだと分かっているのに、ボナンザは渡辺竜王の準備している好手が読めないため、いつまでも自分が優勢だと思い続け、その好手を指された瞬間、負けに気付いたそうです。

コンピューターと人間。コンピューターが将棋の世界を支配してしまう時が来るのが怖いですが、人間は、コンピューターにはない、大局観、勘、狙い、そしてセンスを磨いていかなくてはならないなあと僕は感じました。


長文ありがとうございました。
これが僕が奇襲戦法にこだわる理由になっていれば。(笑)





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コンピュータを何個もつなげてるのなら棋士(人間)も何人かで協力して対戦できないのかなぁ(^^;不公平?

No title

なるほどー。でも「4つのソフトをつなげた1つのソフト」ととれば、1対1ですね。
でも僕は「棋士がソフトに負けること」よりも、「将棋の必勝法が見つかること」を恐れています。

No title

おもしろいぶろぐだなぁ

No title

つめしょうぎのことをおもにかいていますさくひんをたのしんでいただけたらさいわいです
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot