第75回 解答発表

出題編はこちら。
最近は構想から創作することが多いのですが、図化って難しいですね。駒数多かったり、余詰・早詰が数え切れないほど出たり……。







実は盤面は小駒5枚の5色図式(なんじゃそりゃ)となっています。
手順は、限定打に中合して終わり、ですがその中合に少し神経を使います。歩合以外は同飛、1五玉、1六歩、同玉、1四飛以下取った合駒を打って終わりです。2筋に歩合はできないので、3四歩合が決定となります。
4六の金に紐をつける3四桂合で11手で決めるのが作意と見せかけて、あえての歩合がちょっとした狙いです。

それでは、頂いた短評を。(敬称略)

利波  「変化読みが大変でした。作意はあっさり歩合で軽く纏めていますが、他合の発展性もありそうですね。この作品はこの作品で良いですけどね」

★ちなみに柿木将棋に解かせるとなぜか3四角合、同飛、2四角合という意味不明な順を答えてきました。……バグ? この順がもし作意だったらかっこいいなあ。

三歩人  「34歩合のところ角合や桂合を考えさせられました」

★なるほど、2四角合で金に紐をつける手もありますね。

坂本栄治郎  「合駒調べが、面白い」

★玉が1筋から動けないので合駒調べは楽かな?と思います。

長谷川大地  「34歩に気付くかが勝負」

★中合にはすぐに気付くと思いますが、意外と歩合は盲点?

解答欄魔  「軽い感じに仕上がって好印象。玉方21は22だとまずいのでしょうか?」

★特にまずくはないのですが、2三飛成の紛れがどこかで増えるかなあ、なんて。

馬屋原  「はじめは桂合でカッコよく跳ねる展開かと思った。飛者を捨てなければ詰まないのが意外」

★1五玉と逃げた局面はすぐに詰みそうですものね。そう思い込んでしまうと2手目桂合にしてしまいそうです。

荒川  「2手目は「桂合ならいいのに」と願ったのですが、そうならないようですね」
こじはる  「2手目桂合で纏める手もありそう。好みの問題でしょうけど」

★個人的には桂合はいかにも見え透いているような気もしたので(馬屋原さんの評のように)、歩合にしました。


残念ながらほいさんとがもうのさんは桂合の絡みで誤解でした。ほいさんへ、締切前に誤解とお分かりでしたら、正しい順でもう一度ご解答くださって結構ですよ。(^-^)

ストンリバー  「46金の存在で初手の44飛は自然な着手。これに対して、34か24かのどちらに合駒をすべきか迷うところが良いと思います。34桂or34角あたりで、まとめることができれば別の意味で一作になったかもしれません。さて、1年間お疲れ様でした。作品もネット用に定期的に作り続けることははたから見ているほど、そんなに簡単なものではないものです。でも、そのノルマ的なものが実は貴方を成長させているのかもしれません」

★長文ありがとうございます。もともとこの企画は、詰パラの採用ラインに届かないような作品をここで整理して、皆さんに改良点などを挙げてもらい、さらに良い物にするためのものでした。でも、確かに最近は在庫不足です……。3年生になったら受験勉強もあるし、第100回くらいで一度休憩をとろうか、なんて考えていたりします……。


正解者:利波(30) 三歩人(74) 坂本栄治郎(73) 長谷川大地(28) 解答欄魔(3) 馬屋原(40) 荒川(37) こじはる(36) ストンリバー(23)

正解数ランキング
1位 三歩人(74)
2位 坂本栄治郎(73)
3位 ほい(72)
4位 増田、馬屋原(40)
5位 荒川(37)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot