第5回 解答発表

第5回 今週の詰将棋」の結果発表です。

まずは正解手順を。







初手はとりあえず2一馬ですが、同飛、1二歩、2二玉で、上に逃げられてしまいます。正解は2二馬です。やりづらい手ですよね?
対して同飛は2三桂、同飛、1二歩、2二玉、3一角成、同玉、3二とまで、ピッタリ9手で詰みます。邪魔駒消去の手筋が入る、カッコいい変化です。残念ながら、この変化を本手順と勘違いしてしまった誤解者が1人、出てしまいました。
2二馬、同玉まで進んで、3一角成といういかにもな手があります。が、1一玉で再び打歩詰。と、言う訳で不成の発動です。3一角不成。
1一玉と逃げるのは簡単なので、2一玉ですが、以下は角を捨てて綺麗に詰め上がります。



それでは、解答者の方の評です。(敬称略)


タラパパ  「毎回楽しみです。好形好手順。角不成も入り、2手目の変化も綺麗に決まって好局でした」

★この変化が狙いです。変化に邪魔駒消去、というところが気に入っています。

須藤@詰パラ  「初手が面白い手。まだまだ伸びそうだけど、意外と逆算しにくい?」

★この初手はからみつくようで変な手です。

ほい  「きれいにまとめてきましたねー。 収束もきれいでさすがです!!」

★夏はさっぱりと。収束から逆算しましたが、角不成が入ってなんとか作品になりました。

三歩人  「3二馬が一目で邪魔駒とわかる人は詰棋慣れしている方です」

★残念。三歩人さんは2手目の変化にひっかかってしまいました。次回頑張ってください。

小野寺  「簡単ですな。前作よりかはインパクトが薄い気がする。 原図というかんじ」

★それじゃあ次回は……ニヤリ。

馬屋原  「2手目同飛としてひっかかる人はさすがにいない?」

★第1回から毎回解答をくださった三歩人さんが……。でも僕も暗算で解いたら絶対間違えそうな気がする。(笑)

荒川  「なんとも解いた後の気持ちのよい問題でした」

★短編は収束が命ですものね。

さわやか風太郎  「成らずは常套手段。変化では成になる。 この対比が面白い」

★面白い比べ方ですね。これには気づきませんでした。

坂本  「打ち歩解消の為、まわりくどいその(マワリクドサ)が、面白い」

★打歩の問題は、大体が回りくどいので、それが楽しくて結構たくさん作っています。

潮風かおる  「定番は 打ち歩打開の 角ナラズ。 角が2枚とも消えるのがいいですね」

★名物の川柳、ありがとうございます。

利波  「易しいながらも初手が良いです。 ところで、攻方31馬玉方33飛にして持駒桂2歩の13手は気に入らない構図だったのでしょうか?初手に狙いの一つの馬捨てが来ないので、私ならそういう構図にしたと思うのですが……」

★利波さんの提案には明日お答えしたいと思います。



正解者(太字は初解答) タラパパ、須藤@詰パラ、ほい、小野寺、馬屋原、荒川、さわやか風太郎、坂本、潮風かおる利波


今週は、目標の8人を突破することができました! ありがとうございました。

次回よろしくお願いします!



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

錚々たる解答者!

さすが「期待の若手」。注目されていますね。
私は棋力も気力も乏しいので詰パラの表紙はいつもパスしていますが、9月号はチャレンジしてみようかな。

今回は11人の方に解答して頂きました。第2回とかは正解者1人でしたが、皆さんのおかげでどんどん増えてきています。

表紙というものは意外と簡単ですので、小学校が解ければ多分すぐに解けますよ。よろしくお願いします。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot