祝100回! 今週の詰将棋

長い間続いた今週の詰将棋が、今回で100回となりました。
途中で余詰や問題差し替えとなった回もありましたが、なんとかここまでたどり着きました。
皆さんの短評で頂いたアドバイスなど、とても参考になりました。創作力も初期に比べたら格段に上がったと思います。

この100回を一つの区切りとして、今週の詰将棋は一時中断にさせて頂きたいです。やはり今年は高校受験があるので、さすがに毎週出題を続けるのは厳しくなってきました。
とはいっても、ブログ向けの詰将棋ができれば、ここで出題することがよくあると思います。(月に1度くらいが目標です)

ともかく、100回に到達したので、今回は2題出題させて頂きます!


     今週の詰将棋

          第1問

7-19s.gif


          第2問

49-1s.gif


第1問は1ケタの短編、軽く解いて下さい。
第2問は持駒の数からして笑えますが、かなり難しいです。手数も今週の詰将棋では最長。でも、ヒントをどんどん出していく予定ですので、挑戦お待ちしています。合駒非限定が1箇所、攻方が無駄手を入れる迂回手順が1箇所であります。
追記:持駒が見えにくいかもしれません。「角・金・金・金・銀・桂・桂・歩・歩」の9枚です。


6/19 第2問 第1ヒント
まずは金銀角を惜しまず打っていき、玉を右辺へ移動させる。
6/24      第2ヒント
玉を4筋まで移動させたら、2枚の飛車を素直に取ってしまう。
6/26      第3ヒント
玉を1筋まで追いつめたら、3段目からの飛打ちで龍づくりを狙う。

7/1       第4ヒント
飛打に対する合駒は歩。その後に序盤に打った角がもう一度活躍。

7/2       第5ヒント
歩を連打して再び左側へ誘導。収束では9七銀まで活躍。



解答は、1問目は最終手と手数
2問目は5手目、22手目、28手目、最終手だけでオーケーです。

1問目だけ解けたかたも、どんどん解答送ってください。よろしくお願いします。
締切は、7月5日です。「今週」の詰将棋じゃない、なんて気にしない。(笑)

→締め切りました。

~解答送信のやり方~
この記事の下にある「コメント」をクリックし、お名前と解答、短評を入力後、「送信」をクリックします。あとは画像で出てきたキーワードを半角英数で入力して、再度「送信」クリックで完了です。
コメントは僕が承認しないと表示されません。解答発表と同時にコメントを承認します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

野中正義 3二金 7手詰。2二金捨てが、気持ちいい。 2問目は、手合いが違いすぎるのでパスいたします。

1問目 32金まで7手詰

綺麗にできてますねー。
名作古典になりそうです。

第100回解答

出題100回おめでとうございます。

第1問=32金まで(7手) ※馬を稲妻型に誘う。

第2問=5手目=68銀、22手目=28歩、28手目=48歩、最終手=86龍(49手) ※飛を二枚奪うあたりは詰むかいなと思いましたが、飛の重ね打ちが巧い。

1.は32金までの7手詰、2.は68銀、28歩、48歩、86龍までの49手詰ですね

1.は、まぁ客寄せですので、ノーコメント、2.は力作ですね。これはサイトだけでの発表では勿体ないですね。

第百回 第1問 解答 初手▲3三桂打△同馬▲2二金△同馬▲1三桂不成△同馬▲3二金まで、7手詰め。 百回記念達成、おめでとうございます。いわゆる「馬」を「翻弄」する手筋ですが、こんな簡素な図式で体現しちゃったんですね、しかし、桂の利きは本当にわかりにくい、一応念のために盤に並べて確認しました。さて、この調子で千回、さらに・・・と続けてください。体力・知力?が続く限り応援します(解答するのに精一杯で、とてもアドバイスまでは)。第2問 (ごめんなさい、時間切れか? ヒントは有り難いが、変化がすべて読み切れず、未だ、2合目、3合目あたり、それにしても長すぎるよう!)

1問目 32金迄7手
この手の作品だと昭和56.2詰将棋パラダイス、岡田敏作
玉方:33馬41角51玉61桂73銀
攻方:54桂55桂
持駒:飛金桂
の作品が完成品かなあ?柳原裕司氏も易しくていい詰将棋として取り上げてたし、、、。
2問目 5手目68銀 22手目28歩 28手目48歩 
最終手86龍
5手目78金と手拍子で指し苦戦した。16手目の応手が複雑で読むのが辛かった。18玉が正着でそれに対して13飛の限定打が入るのは素晴らしい構成です。37手目37角のキズは気になるものの、最後も97銀が捌け桂合が入り素晴らしいと思う。
この位の作品があるのなら是非とも大学に投稿してください。喜んで採用いたしますので、、、。
総評:これだけのレベルで100回も出題するのは並々ならぬ力量で、今後も大いに期待しています。高校受験後の復帰を今から待ち遠しく思っております。

7手の問題

33桂打
同馬
22金
同馬
13桂生
同馬
32金迄7手
☆22金が打ちにくかったったです!いい問題ですね(^^)お疲れさまでした!

1問目 最終手3二金の7手詰みです。
2問目 自分なりの答えを出したのですが、ヒントを見て間違いだと思います。自分の答え5手目6八銀22手目1五歩28手目2八玉最終手1九飛です。しかし、今回は難しい。

解答

第1問:3二金まで7手。初手の重複感が馬いですねー。
第2問:6八銀、2八歩合、4八歩合、8六竜まで。合ってるかなあ。ムズカシイので自信ないです。100回到達、おめでとうございます。

皆さん、今まで解答ありがとうございました。
今回で今週の詰将棋は一時中断となってしまいます。少し寂しいですが……。
復帰後の今週の詰将棋もどうかご贔屓に。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot