第99回 解答発表

出題編はこちら。
詰パラ6月号の表紙、難しすぎじゃないですか?(笑) かなり考えたのですが、未だ解けません。







大駒捨てでトドメは金の典型的な作。
初手に重く打つ4三角があとから捌かれるところが気に入っています。

それでは、頂いた短評です。(敬称略)

増田  「やはり大駒全捨ては良いですよねぇ。と金配置は仕方がないと思います」

★3枚を立て続けに捨ててしまいます。

野中正義  「4三角を打ってみたら、スラスラと詰みました。今週は頭の中で解けたので、やさしかったです」

★詰将棋の「筋」がそのままなので、解きやすいかと思います。

荒川  「玉方3一とに目がいきます。これが成桂ならもっと悩ましかったと思いました」

★成桂ですか……。紛れは増えますがなんとなく気になる配置かも知れません。

ほい  「竜銀歩で素直な収束ですね」

★まさに基本といえます。

こじはる  「右側の配置が少し気になりますね」

★1・2筋の配置はかなり苦心しました……。大駒3枚+金があると、余詰がひどいです。

市橋宗士  「今回は(も?)、ヒト桁ですので手順を全部書きました。最後の竜捨てが見えているので、最終手だけの答えでは本当に正解なのかどうか。一目では詰まなかったので、1日頭の中で熟成?させたら詰みました。2枚の角打ちで逃走路を塞ぎ、連続の大駒捨て、まさに手筋のお手本、十代にしてこの作図力、後生畏るべし。1筋、2筋の香と歩の配置があまり見かけない形、どういう発想力なんでしょうか。次回いよいよ第百回の大台に乗りますね。私は途中からの応援なので、最初から応援されている方々の思い入れには劣るかも知れませんが、メール打たなくても応援している人は全国でかなりいると思います。これからも着実に創作を続けられることを祈願致します」

★応援ありがとうございます!
作図力はまだまだです。作図にもっと慣れた方なら、と金なんか配置しないと思いますから。
とは言っても、今週の詰将棋でもらったアドバイスを参考に、少しずつ力は身についていると思います。

かめぞうさん  「なんとなく44竜から45金が見えた」

★皆さん、勘が鋭い。(笑)

坂本栄治郎  「大駒が、全て捌けて気持ち良い」

★4三角~3二角打~3四角成が構想の出発点で、どうせならもう一枚捨てとけ、と。

三歩人  「31金にするとメチャ余詰むのですね」

★4三銀成の紛れが強烈です。あまり解図時にはほとんど読まれませんけど。

一土  「大駒を3枚捨てるのは気分が良いですが、やや地味に感じました」

★うーん、大駒捨て=派手というわけではないのですね。


正解者:増田(50) 野中正義(8) 荒川(57) ほい(93) こじはる(60) 市橋宗士(4) かめぞうさん(8) 坂本栄治郎(97) 三歩人(92) 一土(12)

正解数ランキング
1位 坂本栄治郎(97)
2位 ほい(93)
3位 三歩人(92)
4位 こじはる(60)
5位 荒川(57)


作品集進呈
今回で、増田さんが正解数50回に到達しました。ありがとうございます。
お礼に、鈴川優希のミニ作品集「In the cube」を進呈したいと思います。ファイル版かdoc版、ご希望のものを鈴川優希宛にメールお願いします。アドレスは、makugaeru●yahoo.co.jp(●を@にかえてください)。
→In the cubeの紹介


第100回今週の詰将棋出題中! 解答よろしくお願いします。
第2問 第1ヒント
まずは金銀角を惜しまず打っていき、玉を右辺へ移動させる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

12竜、22銀、31金、32玉、33歩

26歩、53竜、54銀 持駒、角2、金

でどうでしょうか?

詰パラの表紙。
基本的に初手はこれしかない。収束はどこぞで見たことがあるし。
貴殿の作品の方が難しいです。勿論、私にとってですが。

>迷い人さん
改作案ありがとうございました! 関する記事を書いておきましたので、ぜひご覧ください。
http://makugaeru.blog46.fc2.com/blog-entry-369.html

>さわやか風太郎さん
表紙作、初手は格言通りに指して、いかにも詰みそうなのですが……。
うーん、どこで間違えているんだろうなあ。締切まで努力したいと思います。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot