詰パラ2012年2月号

私立入試が終わりました。合格を願うばかりですが、公立入試は1か月後ということで、これからが本番ですね。
そんな最中に、詰パラ2月号が届いたわけで、ざっと目を通した感想を。

表紙……これは易しいけどとてもきれい。

保育園……自作が採用。先月との姉妹作なので合わせて楽しんで頂けたら嬉しいです。

高校……自作がトップに配置されています。盤面駒数からしても持駒からしても、これが第1番だと解答者が減ってしまいそうですね。

大学……若手特集とは! 名無し名人の方とお隣で嬉しさ倍増です。作品は易しめです。

リレー随筆……僕は一人称が「僕」だから会話文作るときも「僕」でいいのです。

保育園解答……4番誤解してたああ。これは巧妙。

中学校解答……これがここまで好評だとは思いませんでした。形重視の作で、点数が2.6を超えれば上出来でしょう。詳しくは別の記事で書きます。

今月も解答はあまりできないかなあ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私立入試、おつかれさまでした。
公立入試はこれからのようなので、がんばってください!
合格祈ってます!

僕などの隣で嬉しいと言って頂き恐縮です。
それにしても中3で入選20回とは凄まじいですね。
20代前半くらいで同人入りしてしまうんじゃないですか?

>宮原さん
私立は、今日合格通知が届きましたー。とりあえずは滑り止めとして安心できます。

>名無し名人さん
思えばもう入選20回ですが、入選レベルに達していなかったり、余詰作もあるから、実際のところあと3作くらいかな?
同人入り最年少を目指そうかな……。

今は詰将棋以外が大事な時
(といっても自分も受験前に詰将棋…自戒)。
落ち着いたらまた解答下さい(あ、作品も)。

もう1か月足らずです。
落第点をとっているわけではないので、神経を張り詰める必要はないとは思います……が、やっぱり勉強にも集中したいですね。

中学校24

中学校24の作品解きましたよ。
作家の立場からするとこの金銀の配置を良く発見しましたね。
手順も4枚の銀に不動は許されなく、限定出来る手順を発見しただけで大したものです。
解答者からすると指す手は桂は47と67がありますが、決まっていて順番だけが問題です。順番がひとつ違うだけで詰まないパズル作品で思考を楽しむ事が出来ました。
実はこの作品の素晴らしさはここからです。
後日作意を確認しようとしたら分からない。
仕方ないのでもう一度解く事に…
すると中々解けない。最初解いた時もスムーズには解けなかったのですが、一度解いたと思っているので焦りを呼んで、最初解いた時より時間が掛かってしまいました。
優秀なパズル作品と言えます。
しかし、B氏はこの配置の作者の遊び心が分かってないな~と言いたい。

返信遅れて申し訳ないです。
中24、楽しんで頂けて嬉しいです。初めに金銀と玉だけを配置して、ここからうまい手順が現れるように持駒と守りの駒を調整していきました。
2度も解いて頂けるとは……! 実は僕自身もこれの作意が一瞬思い出せないことがあります。どの手から指していくかの順番が、ちょっと覚えにくいですかね。
手順自体は上から埋めていくものなので、一発で作意に行き当たった方には不評でしょう。運だめしのような手順ですから。

後付けで失礼しますが、中25の三輪さんの作品もすごいですね。難解な変化を乗り越えての大駒連続捨は重厚です。
それにしても、こんなに難解な作品にも100人以上の方が解答を出すのですね。詰パラ恐るべし。僕には歯がたちません……。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot