詰将棋ウィークリー#23 コラボwith 81puzzler

夏休みが終わる前に、高校の創立記念祭があるので、その準備に追われています。それから、課題も残ってますし。(>_<)
では、ちょっと遅れましたが、#23の出題いきまーす。


  詰将棋ウィークリー#23

11-96s.gif


ヒント→「先後お互い一工夫
ごちゃごちゃした配置。内容も一発ネタなので、鈴川らしくないと言われそうですが。
まあ、紛れが少ないことはいつも通りなので、解答よろしくお願いします。
締切は、9月5日です。
→締め切りました

~解答方法~
・この記事の下の「Comment」欄をクリック。
・お名前と、お気に入りの一手、もしくはお気に入りの手順を棋譜で入力し、それから短評もお願いします。最終手と手数の記入は必要ないです。
・「Submit」をクリックした後、「送信」をクリックで解答完了です。コメントは僕が承認しないと表示されませんので、締切まではコメントが伏せられます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

詰将棋ウィークリー#23

角不成の意味が争点と箇所にあるのが面白い。
飛不成の方は、成ると別詰はあるものの同じ手順でも詰む点がちょっと痛いかな。

#23の解評

打歩詰をめぐる13角不成~47飛不成の攻防がシブイですね。実戦だとつい勢い任せで成ってしまいそうです。

#23の解答

打歩詰を巡る双方の大駒不成イイネエ。

47飛生
一発ネタだけどいいね。

打ち歩詰を巡る双方の不成の応酬はお見事。しかも打ち歩になる箇所が二つも。
ついでにちょっと小技を効かすのはどうか。
2七歩を成歩にして、攻め方に2四歩を追加、更に持ち駒を歩2枚とする。
やり過ぎかな。

#23解答

64銀迄11手詰。

4手目の移動不成中合をした47飛とそれをさせた48香が詰上がりにそのまま残ってしまう。
それを解消する図を考えようとしたけど、鈴川君なら既に持っていると思って止めた。
多分折り合いが付かなかったのだろうけど、僕なら〇〇した駒がそのまま残るのはどんな代償を払っても許さない。
多分僕と同じ感覚はお持ちのはず。鈴川君らしくないと言うより、もう一つ上の言葉にしましょう。
「鈴川君の作品とは思えない。」
因みに47飛を動かす図は13角を成に限定するのは難しいかな?

ウイークリー♯23

11手で双方不成(゚д゚)! 盤面が広がっているのが残念ですが、立派に中学クラスでしょう

ニクイテクニック三連発1三角不成、4七に合いさせてから、3五角成、6四馬で桂を移動させてからの歩打ち面白い。

57飛不成や31馬を捨てるのは気持ちいい。慣れてなければ確実に間違いますね、これ。

お気に入りの手順:13角不成、47飛不成

限定移動と移動中合で双方不成を表現したところが意欲的ですね。

ほほう、これも結構うまくできてるなというのが第一印象です。
お気に入りは双方不成です。特に三手目の方は変化に隠れていますので。
ただ、初手は大駒捨てといっても、歩打ぐらいの価値にしか見えないので(一応2五銀の紛れはありますが)どうかなという気はします。妄想的には1三での邪魔駒消去が入らんかなと思います。例えば1五飛成、同X、1三角生とか。いや、1三に歩を持ってこさせる伏線かな・・・。こうしてまた楽しい時間が過ぎていくのでした。まぁあまり「らしくない」とかにこだわらず、何でもやってみてはいかがでしょうか?。

解答ありがとうございました。
双方不成に好意的な意見と、配置や形に否定的な意見とに分かれました。皆さんの考えを聞くことができて嬉しいです。
宮原さん、解説よろしくお願いします。

☆なぜか学校始まったとたん詰棋熱が燃え上がってしまった宮原です。よろしくですー。

☆さあちょっと大きめの初形。とりあえずすすめてみますが、雰囲気で初手45飛成はは第一感でしょう。
☆問題は3手目。34玉の変化に備えるためにも13に成りたいですが、それはその34玉で歩が打てず逃れ。というわけでここで不成が飛び出します。今度34玉は35歩から早いですね。
☆なのでここは合駒。しかし単純な合では35角成~56歩ではやいです。玉方は打ち歩に誘わなければ…もうお分かりですね?そう、ここで56への利きを消す必殺、47飛生の不成移動中合が出てくるわけです!
☆後は35馬~64馬でお決まりの収束です。習いある収束ですが、やはり重い馬を消すと好感が持てます。

☆本作、個人的にはかなり好みです。打ち歩絡みの不成・中合はそれこそ何十局も創ってきたかも。(^^; 配置に少し難があるものの、入選級とは思います。
☆ただ一箇所気になるのは47飛48香が詰上がりに関係なくそのまま残ってしまうこと。あまりそう思われていないかもしれないけど、案外僕もこういう感覚を持っているのです。(^^;
☆そこでこんな改作案を提示してみます。

攻方:21角 36銀 56角 58香 78香
玉方:37歩 53銀 54歩 64桂 65玉 67飛
持駒:銀歩
(前回同様図化していただくと助かります。)

☆序の2手は超劣化しましたが一応初形駒を2枚減らし、収束にいやみが無くなったかなとは思います。といってもそこまで大差があるとも思えませんが、この図から色々逆算できるので発展は見込めそうです。

名無し名人 「限定移動と移動中合で双方不成を表現したところが意欲的ですね。」
☆こーゆーのに目が無いのが僕です。(笑)

やまかん 「57飛不成や31馬を捨てるのは気持ちいい。慣れてなければ確実に間違いますね、これ。」
☆最初13角成としてあっさり罠に嵌ってたのはナイショ。

さわやか風太郎 「打ち歩詰を巡る双方の不成の応酬はお見事。しかも打ち歩になる箇所が二つも。
ついでにちょっと小技を効かすのはどうか。
2七歩を成歩にして、攻め方に2四歩を追加、更に持ち駒を歩2枚とする。
やり過ぎかな。 」
☆なるほど面白い!邪魔駒消去でポイントアップ、この素材はかなりの発展性がありそうですね。

☆それでは以上です。ありがとうございました。(^^)ノシ
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
主に月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家。東京在住の学生です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。小~院すべての詰将棋学校で半期賞受賞経験あり。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任しました。原稿随時募集中です。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot