半期賞の賞状届く

先週末からPCが壊れて修理に出していたのですが、ハードディスクが無事なまま帰ってきて一安心です。

さて、改めて申し上げますが、拙作が平成24年度上半期半期賞を受賞しました。
「自作を楽しんでもらう」ことだけを目標に詰将棋を作ってきて、賞には目を向けていなかったので、今でも驚きの気持ちがあります。これからも、この目標を変えずに自分も楽しみながら創作を続けていきたいです。


hankisho.jpg


先日、表彰状が届いたので載せておきます。サイズこそ大きくありませんが、中央に図面があるのは感動しますね。

そういえば、改良作はまだどこにも図化されていなかったと思うので、それも載せておきましょう。いろいろご意見頂きましたが、僕はこの改良図が一番好きです。






盤面もすっきりしましたし(使用駒の統一感)、5手目65銀、75玉、73飛成に74金の限定合で逃れる紛れも加わりました。
この図で発表すればさらなる高得点が望めたかもしれませんねー。


詰将棋ウィークリー#27、本日締切です。たくさんのコメントよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

半期賞おめでとうございました。
自分が受賞した時(1999年3月大学)は、詰棋書などが購入できる
「賞券」のみだったので、表彰状があるのがとてもうらやましいです。
これからは看寿賞を目指して、頑張ってください。

あらためておめでとう。

賞状初めて拝見しました。
自分の詰将棋が載ってるっていい記念になりますね。
おいらもいつか取りたいなぁ。

半期賞おめでとうございます!
同い年ながら僕がパラ購読を始めた去年の11月号から憧れだった鈴川さんが半期賞を受賞し、とても嬉しいという感情以外にこれ以上突き放されたくないという思いもあります。
僕もいつかは取りたいと思っていますし、正直高校在学中に1回は取れるという自信はあります。しかし、僕が実際に作家として鈴川さんのレベルに追いつくのはそれこそ一生こないかもしれない、というほど格の違いを見せつけられます。
これからも僕の憧れの作家として更なる活躍を期待しております!

皆さんコメントありがとうございます。

>炎の合駒職人さん
賞状がもらえるようになったのは最近のことなのですね。是非、再度受賞してください。(^^)
看寿賞は、今のところ「取りたい」という気持ちはあまりないです。これは今回の半期賞の時もそうだったのですが、やっぱり自作に対してもらえるコメントが、僕にとって一番嬉しいです。

>ssさん
ssさんが無受賞だったとは驚きです。いつもレベルの高い作品なのに……。

>宮原さん
格の違いと言っても、それは経験の差くらいしかありません。僕は小学生の頃から指将棋そっちのけで詰将棋をやっていましたので、それを考えると進歩は遅いほうかと……。
短い詰将棋歴にも関わらず好作を連発する宮原さんのほうが、僕にとってすごいと思います。

半期賞作品

半期賞の改良図ですが改めて図面にすると盤面の使用駒の統一感があって良いですね。
5手目の65銀の紛れも生きて来ますしね。
ただし僕は発表図の方が好みですね。
当たり駒とか成駒の関係なんですけど少数派かも知れません。

半期賞が作品が書かれた賞状になったのはいつからなんでしょうね。一番お金がかかっていない?けど作品には一番良い。
自分がもらったではなく作品がもらった感じになるのがたまらなく嬉しいですね。

>三輪さん
原図のほうが、実戦的な形の整い方をしていますかね。三輪さんがそれを好むのも頷けます。
賞状は「作品への受賞」、これには共感です。もちろん、作者も嬉しいです。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot