詰将棋ウィークリー#29 コラボwith 81puzzler

前回はただ面倒くさいだけの合駒問題、さらに#28ではさらに難解な宮原さんの作品。解答者数は当然のごとく激減してしまったわけです。バランスを考えて出題する必要がありますね。


  詰将棋ウィークリー#29

9-55s.gif


ヒント→「どのバッテリーで止めを刺すか
手数1ケタ台です。たくさんの解答よろしくお願いします。
締切は、10月31日です。

→締め切りました

~解答方法~
・この記事の下の「Comment」欄をクリック。
・お名前と、お気に入りの一手、もしくはお気に入りの手順を棋譜で入力し、それから短評もお願いします。最終手と手数の記入は必要ないです。
・「Submit」をクリックした後、「送信」をクリックで解答完了です。コメントは僕が承認しないと表示されませんので、締切まではコメントが伏せられます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィークリー#29

#29解答
45金迄9手詰。

中々面白いじゃないのと言いたい。
珍しいけど新しくはない。鈴川レベルだとこのくらいだと普通に発表する気にならないと言う事ですね。
僕はパソコンの知識がなさ過ぎるためブログを立ち上げる事が出来ないのですが、将来はサイト運営して作品を発表したいなとは思っています。
そうなれば僕もこの作品ならサイトですね。
このレベルの作品を50以上持っているとありましたので毎回楽しみになりそうです。

ところで34が「と」でないのは動くからですか?
この考え方は比較的多数派だと思いますが、僕も同じです。

いいね

とどめの45金がいいねー

いいと思うよ。

利波さんとか好きそうだね

#29解答

凡骨生です。
24飛。 ※なんと言っても24飛の一手が良い、詰め上がりの金引も魅力ありますが。

#29の解評

24飛の成否に関わる65桂~54龍の事前工作が良い味ですね。

2四飛と、成らずに寸止めする手がニクラシイ。
桂を中心にする為に5四龍と、龍が脇役になる手が面白い。

緩いという人がいるかもしれないけど自分は24飛車からの詰め上がりが地味だけどいいかな。

ウイークリー♯29

右下の配置で、展開の推移が付きますね。

初手は空き王手なのだが、果てさて。
5四竜捨てから2四飛が上手い。

序の3手がちょっとしたアクセント。以下はよくある手順だが金の動きに味がある。

解答ありがとうございました。
9手詰で3つのバッテリーが活動するのが狙いでした。楽しんで頂けたでしょうか。
宮原さん、解説よろしくお願いします。

☆今月の高校は解かないと損ですよ、いやマジで。少なくとも23番と24番以外はか・な・りやさしいですので、是非解答を。
☆それではよろしくお願いします。

☆バッテリーが2個ある、つまり紛れが多い初形です。どちらかを動かさないと話は始まりません。じっくり考えていきます。
☆まず一桁手数ということもあり、基本的に53に逃がす手順はなしと考えます。角と飛の利きが強いので53に逃がしても詰みそうですが、馬が角に当っているので開いたときに角を取られて詰みません。よって初手は45桂、65桂、23飛成の3種類。23飛成から考えます。
☆23飛成 18馬 65桂 64玉。このどう考えても詰みそうな形から、馬の強い力でどうしても逃れます。要するに、早いうちに敵の馬を利かせてしまっては詰まなくなるということですね。
☆よって初手は桂。45桂はシャレた手ですが、さすがに意味が無いのでここは素直に65桂 64玉。
☆今度は馬がまだ働いていないので54龍と出来ます。同玉の1手、さあここが問題。
☆仮にどこに飛車を開いたとしても64玉と逃げられる手があるので、それに備えた場所に移動しなければなりません。64玉の変化で詰むのは23飛成24飛のみ。ただし、もちろん玉方には素直に18馬とする手もあります。23飛成ではその時に全く対処できませんね。ゆえにちょっとやりにくい24飛に決定。
☆後は18馬と角を取ってからジリ…と金をよってからの開き王手。かなり渋い収束と詰上がりですが、その分味もあります。

☆ただこの収束なら53金など、最終手ももう少し捻った手にしたいとは少しだけ思いました。まあ馬筋を止めるという意味づけもあるので、しょうがないことですね。こんなことを考えるのは僕だけかもしれませんが…(^^;
☆最初の印象は、全体的にかなり変わった味を出してるな、というものでした。それしかないとはいえ、24飛が成立するのは面白いですね。

凡骨生 「なんと言っても24飛の一手が良い、詰め上がりの金引も魅力ありますが。」
☆少なくとも、僕は見たこと無い!

小野寺 「とどめの45金がいいねー
いいと思うよ。
利波さんとか好きそうだね」
☆いつかは忘れましたが、ちょっと前に高校で金がものすごく渋い動きをする利波さんの作品を見た覚えがあります。意外とこういう作品が好きなのかもしれませんね。^^

☆それでは以上となります。ありがとうございました。(^^)ノシ
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot