詰将棋ウィークリー#31 コラボwith 81puzzler

詰パラ11月号が届きました。ここ2箇月はちょうど1日に届くので、気分良いですね。
詰パラのことは別の記事で書くとして、さて、#31の出題です。


  詰将棋ウィークリー#31

15-32s.gif


ノーヒント。
今回は自分にとって理想的な表現ができたと思います。初形と詰上りを比べてみてください。
締切は、11月14日です。

→締め切りました

~解答方法~
・この記事の下の「Comment」欄をクリック。
・お名前と、お気に入りの一手、もしくはお気に入りの手順を棋譜で入力し、それから短評もお願いします。最終手と手数の記入は必要ないです。
・「Submit」をクリックした後、「送信」をクリックで解答完了です。コメントは僕が承認しないと表示されませんので、締切まではコメントが伏せられます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィークリー#31

#31解答
22馬迄15手詰。
21角ともう一回捨てる角がないのに甦って来るのが面白い。
サイトにしか発表出来ない作品なのにめちゃくちゃ面白い。
これぞサイト発表に理想の作品ですね。

詰ましてみれば初形図から22馬が発生してるの詰上がりがいいですね。

朝の頭の体操に丁度よかったです。何故か第一感は銀合でした。

#31の解答

角を奪い返し14角成とする手順。
確かに詰め上がり図もいいですね。表紙に投稿しても良かったですね。

#31の解評

コンパクトな初形と相似する詰上に加え、(玉を除き)角・香のみで構成された作意手順に優美さを感じます。最終手の22馬に乾杯!

おす

不死の冥術、といったところか。

よくできている。

初めまして。
3ヶ月ほど前から楽しく読ませてもらっていますが、いつも私の解図力不足で解けず今回初めての解答になります。
よろしくお願いします。

初形から22馬打をしたみたいな詰め上がりの15手詰めになりました。
途中の14角成の感触が好きですが、やはり詰め上がりの形に価値のある作品だと思います。

2一角3二角1三角短手数で、こんなに角が登場するのは、面白い。結局角2枚香の持駒が、2二馬に化けたと言うこと。

角の限定合もさることながら1四角成が、狙い澄ました手。
詰上がりは初形に2二馬が突然現れた格好。

解答ありがとうございました。
21に捨てた角が蘇って再び21へ捨てる、すると初形に32馬が追加されている。明確な狙いだったので、楽しんで頂けたようです。
宮原さん、解説よろしくお願いします。

遅くなりました

詰パラ表紙向けが又1作できましたね。これも一種の持駒変換かにゃ

☆さーよならとーいえーばきーみのー キーズもーすこーしはーいえーるだろー
☆えー曲ですわー でも一番好きなのはポルノグラフィティです(ぇ)。

☆遅れてすみません!
☆昔のパラはこんな感じでネタも多かったみたいです(笑)。ではいきましょう。

☆解図欲を誘う形とはこういうものなのだろう。素晴らしくコンパクトにまとまっています。初手も23玉の変化に備えた手が21角しかないので、ここはこの1手。無論同玉。
☆24香がチラッと顔を覗きますが、これは歩合でどうしようもありません。ここもとりあえず32角。スラスラ進められます。
☆さて、14香の合駒が本作のポイント。といっても同香成、同玉に14角成が見えればここも軽いですね。取れば24銀成までなので12玉、このときに前に利く駒及び桂では早詰となってしまう仕掛け。つまり、13角合。
☆後は同様に14角成でいきますが、12玉に2度目の21角!これが当たり前ながら捨て駒になっているのがいいですね。
☆そして32馬。これも正確には2度目とはいえませんが、32角があったのでいい味があるでしょう。12玉に22馬まで、となります。

☆狭いところで角と玉の攻防。角限定合。21角のリフレイン。32角→32馬の手順。還元玉。芸術としての詰将棋に必要な要素が全て詰まった本作。完成品です。

小野寺 「不死の冥術、といったところか。
よくできている。」
☆いわゆる「フェニックステーマ」というやつですね。
本作はその合駒の角をもう一度捨てているの快感は倍増!

さわやか風太郎 「角の限定合もさることながら1四角成が、狙い澄ました手。
詰上がりは初形に2二馬が突然現れた格好。」
☆攻方にも好手がある。抜け目はありません。

☆それでは以上となります。#32の解説は任せて下さい^^
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot