詰パラ2013年1月号

年賀詰にはたくさんのコメントありがとうございました。僕としては、どれも収束からただ逆算しただけで、作っている時に面白みを感じなかったのですが、予想以上に好評でした。でも、来年は作らないかも……。

あと、詰将棋ウィークリーにも解答お願いします。こちらはまだ4名です。つまらないということはないと思うので……。

さて、そんなわけで詰パラ新年号について。実は12月29日くらいに既に届いていました。こんなに早いのは珍しいことです。編集部の方が、年賀状の配達と期間がかぶらないよう配慮してくださったのでしょう。

保育園……自作が採用。まあ、一目で狙いを見破ってくださいね。

ヤン詰……毎年、ほとんど同じメンバーですね。よく作れるものです。

ヤン詰解答……おお、自作が首位とは。狙いの単純さですねー。こういうほうが性に合っている、という感じです。僕としては二番の作品がとても良いと思ったのですが。

中学校……不採用になったかと思ったら、新年の一番に採用でした。持駒多いですが、手順は全く難しくありません。

詰将棋の散歩道……「看寿が趣向手順を偽作意にするはずない」という意見もありますよね。やはり複数作者説が有力なのか……?

小学校解答……この月はレベルが高かったです。一番を解くのでさえかなり時間を要しました。5作の平均点は2.61ですか。妙な決意表明をした宮原さんの高校にそのまま回しても目標クリアですね。(笑)

中学校……自作はちょっと重かったかな。14桂配置や初手非限定など、気に入らないところもいくつかあります。

今月で入選32回となりました。初入選は2009年5月なので、3年と8ヶ月です。途中に半年ほどのブランクもありましたが、良いペースだと思います。(初期の頃はコメントに困るようなものを発表していましたが)
さて、ちょっと調べてみたところ、同人到達最年少記録は、山田康平さんの20歳3ヶ月のようです。(詰パラ2011年2月号参照) もし僕がこれを超えるとすると、僕が20歳過ぎになる4年と数ヶ月の間に、あと68作の入選が必要となります。つまり、1ヶ月あたり1.3作以上……。
厳しい数字ですが、決して無理ではないでしょう。目標とする価値はあるかと思います。

というわけで、ちょっと唐突ですが、ここに一大目標を掲げることにしました。20歳までに同人入り!です。応援の程、よろしくお願いします。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同人目標

同人最年少記録の更新は皆なが期待しています。
年間15・6作平均ですか?
十分達成可能ですね。

そこで僕も目標を
「毎年年間詰パラ入選回数を鈴川君を上回る事。」
投稿はそれ以上するので採用されるかどうかだけなんですが。
因みにこれは対抗意識ではなく、入選回数の目標がちょうど鈴川君と同じだっただけの事です。
張り合いを持たせるために利用させて貰おうかなって感じです。
お互いに刺激になれば良いなとも思っています。

三輪さんの最近の発表数もすごいですよね。今月も3作入選されていますし。
僕も在庫は多めだと思うので、採用されるレベルになっているかどうかが問題です。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot