詰将棋ウィークリー#41 解答

出題編はこちら
☆どうも、宮原です。超忙しい今、こういうときに限って詰将棋のネタがバンバン浮かぶものですね。
★僕も今週、というか2月の間中はテストばかりなので、詰パラ2月号のネタなどの記事更新などが遅れるかも知れません。






☆62香が目立つながら、軽めの初形。まず読むのは22桂成でしょう。こういう桂は、大概邪魔と決まっているものです。
☆実際邪魔であることには変わりないのですが、33玉ろ逃げられるとな・ぜ・か捕まりません。うーん、これが詰まないのか……。ちなみに62香はここの余詰防止でもあるようです。
☆22桂成は不詰、次に見えるのは22飛~42飛成でしょうか。ところがこれも44玉で不思議に不詰。
☆結局ありそうな初手は見当たらず、途方にくれている中、不意に思いつく32銀生!これは見えにくかった……。

☆少しそれますが個人的な意見を述べさせていただくと、この初手のような「もともとヒモがついているとある攻方の駒が存在しているところで、ヒモをつけている駒を動かすことによりそのヒモが外れて、玉でヒモがついてあった攻方の駒を取れる」という手は、心理的に見えにくいものなんだと思います。(少しややこしい言い方になりましたが)
☆そういう意味でこの初手も見えづらかったんだと予測します。

☆32銀生で同玉とすると42飛以下早詰。また、33玉も43飛以下同手数駒余り。34玉しかありません。
☆あとは24飛から46飛と据えて、打った飛を捨てて例の詰上がり。飛2枚での表現としては珍しいかもしれません。

★それではコメント返信です。(順不同、敬称略)

小野寺 「変わった詰上がりだな。初手がいい」

★よく見てみると23の利きがかぶっているので「モデルメイト」ではありませんでした。

久保紀貴 「手数が短い割には中々苦戦した。お気に入りの手は24飛にしようかな。後の展開を見越さないと打ちにくい味があるので」

☆3手目の局面で玉のフワフワした感触が面白いとも思いました。
★35飛と打ちたいところではありますかね。

後藤満 「初手に迷いが生じるが、後は手なり。ブログ出題にはアウトレット(感覚)の一面もあるのですね」

★出題は前回とのバランスを考えて行っているつもりですが、在庫をいちいち選別するのが面倒な時もあります。

さわやか風太郎 「初手が広い。こういう時は詰将棋らしい手を選択する。4六飛に3五玉と逃げられて躓きかけた。ここで3四飛捨てが上手い」

★最も詰将棋らしい手は22桂成でしょうか? なかなか自作に対する感覚が分かりません。

三輪勝昭 「難問かも。僕は相当苦戦しました。筋もつかませないし、詰上がりも見えない。僕は短手数物は手順より詰上がりが先に見えるのですが、詰上がりが見えなく手を読んで解いたのでかなりの難問でした。
初手は22飛か22桂成から読むところ。32銀は指し難いし逆算の失敗ではない。次の24飛も45玉、46飛、35玉まで一瞬に見えるだけに、それで詰まないと感じ打ち難い。
ただし、難問ではあるけれど解後感は良くはない。紛れだけでもっているからだと思います。発表の場を失った作品なのは確かでしょう」

★確かに、これという一手がない上に全体の構成も今一ですかね。鈴川流にあらず?

坂本栄次郎 「意外と初手の3二銀不成が指せないのと4三飛成が、気持ちのよい収束」

☆紛れに苦労した方は結構いたようです。
★捨駒が収束の一手だけなので、相対的に気持ち良く見えるのですかね。

やぶいり 「邪魔桂を捨てようとしたら失敗、抑えの銀を捨てようとしたら成功」

★今回はほとんど解答者全員に初手の不利感を味わってもらうことに成功しました。

凡骨生 「初手がいいですネ桂を成ったり飛を打ったりで惑わされました」

★逆に言えば、余詰を62香一枚で全て消しました。


解答者:小野寺、久保紀貴、後藤満、さわやか風太郎、三輪勝昭、坂本栄次郎、やぶいり、凡骨生 以上8名

☆それでは以上です。手抜き結果稿すみません!ありがとうございました。^^ノシ
★ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
主に月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家。東京在住の学生です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。小~院すべての詰将棋学校で半期賞受賞経験あり。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任しました。原稿随時募集中です。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot