全国将棋新人戦 某氏のあぶり出し

せっかくの連休なので、たまには「詰将棋ウィークリー」以外の話題もいいでしょう。

少し前の話ですが、1月28・29日に全国高校将棋新人大会が開かれました。場所は福岡県です。
もちろん僕は予選の県大会で負けているので、行ってきたわけではありません。でも、うちの学校の女子部員が県大会を勝ち抜いて、全国出場できたわけですねー。
結果は「2勝2敗」とのことで、良いのか悪いのか僕にはよく分かりませんが、当日に配られた大会要項の冊子に、詰将棋が載っていたとのことで、持って帰って見せてくれました。

fukuoka.jpg

クリックで拡大しても駒が読み取れるか微妙ですが……。印刷された画像が、柿木将棋の画面をそのまま出力したような感じなので、もともとのプリント自体読みずらく、仕方ありません。

そして肝心の詰将棋の内容ですが、おそらくこのブログを読んでいる方なら一目でしょうね。4題合わせて「フクオカ」の文字が浮かび上がります。
しかし手順のほうはつまらないかと思います。「フ」はまだ良いとしても、「ク」「カ」は最終手非限定のために文字にならず、「オ」は駒取2回を含む凡手の連続です。

解答のページに作者名が載っていました。なんと驚いたことに、作者は福岡在住の詰パラ某同人作家! あぶり出しを得意とされているあの方です。うーん、だとしたらお粗末が過ぎる気が……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こういうのは初形曲詰がいいと思うんだけどね。見てすぐ分かりやすいし。

解きました。作品集持ってるから誰だかわかりました。作風でわかりますね。
クの非限定は確かにまずいかな。どっちかと言えば香を成りたい感じだし。カの非限定は気にならないかと。
あまり凝りすぎなのもどうかと思いますしたぶん手数制限と締め切りがあったと思うからまあこんなもんじゃないですか。自分にはそんなにまずくないようにみえます。

「カ」はともかく、「ク」の最終手非限定は痛いですね。
少なくともこの収束から逆算しようという気にはなりません。
まあ依頼を受けて急遽作成したとかではないかと…。

クは一段下げればと思いますが、何かあるんでしょうかね。
カは、この収束しか浮かばなかったのかな。

あぶり出し4題について

400%に拡大して図面がようやく判読できました。
全般的には同感ですが、ご愛嬌じゃないでしょうか?
詰上がり図=「カ」は34銀~36馬までの9手詰で、最終手は非限定ではないと思いますが…。

>やまかんさん
初形曲詰なら確かに見栄えが良かったでしょうね。(創作難易度としては格段に上でしょうが……)
しかし、これは大会運営側が作者にお願いしたのか、それとも作者が運営に加わっていたのか、気になります。

>久保さん、EOGさん
なんと一段上げれば非限定が消えるのですねー。うっかりしていました。
せっかく将棋のエキスパート達に「詰将棋作家の詰将棋」に触れてもらえる機会だと思ったので、僕としてはちょっと残念でした。

>後藤さん
図面がそもそも柿木将棋のものなので、著作権の問題は大丈夫なのかなあとも思いました。もっと見やすい図面にしてくれれば……。
カは、最終手馬が遠ざかって非限定ですね。

手直ししてみました。

大層不満のようでしたので若干手直ししてみました。

「フ」
持駒 金銀
玉方 33馬、53玉、64歩
詰方 26龍、45香、56歩、58桂、67桂、74銀以上。

「ク?」
持駒 飛
玉方 54玉、76龍
詰方 43と、44歩、45香、46金、47馬、57銀、64香以上。

「オ」
持駒 なし
玉方 34歩、45桂、54玉、56と、95飛
詰方 38桂、43と、44歩、46銀、47桂、57馬、64桂、76金、77香、85馬以上。

「カ」
持駒 なし
玉方 34歩、43玉、51桂、53歩
詰方 24金、25角、35飛、41銀、44桂、64桂、66香、72銀以上。

一応9手〜11手詰にしときました。
「ク(ワにしか見えない)」は短編素材ではないですね。元の図を下げただけの方が良い。

>三輪さん
手馴れていらっしゃいますね。原作の雰囲気も残っています。
作者はついこの間半期賞を受賞されたばかりですので、あのレベルの作品を僕が期待しすぎているのでしょうかね。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot