詰将棋ウィークリー#53

春休みも終わってしまいます。来週から新学期ですね。クラス替えはないので、気が楽です。


  詰将棋ウィークリー#53

31-1s.gif

ヒント→「香は三段目に打ちます
ウィークリーでは最長手数かも? でも見た目の通り易しいです。
例のごとく、収束合駒非限定あり。
締切は4月10日です。

→締め切りました

~解答方法~
・この記事の下の「CM」欄をクリック。
・お名前と、短評を記入してください。
・「送信」をクリックで確認画面になった後、再び「送信」をクリックで解答完了です。コメントは僕が承認しないと表示されませんので、締切までは伏せられます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

#53の解評

桂の活用が主軸の手順は蛋白な味わいで、長さを感じさせない。
収束は非限定ながら、気分的に飛車合を選択したいと思います。

さくさくでいいね
この収束すきなのか?傷あるけど

意外に手数が長いのが驚く再度の質駒の桂を取り桂4枚使用はすばらしい3二桂成りから4四桂の桂の打ち変えも面白い。

安易な収束に見えてしまう

この収束は安易だなと思うのですが、好きなんでしょうね。
一番気になるのは65飛を何故持駒にしないのかですね。
僕の場合以遠打は許せないので玉方53桂→51桂、持駒歩加ですが、最終手非限定は気に入らない。
そこで二つ案を1〜4筋は同じですので5筋からです。
1案
玉方51歩、61歩
詰方53香、54歩、75桂
持駒飛桂桂桂香。
61歩を省いて2手長くするのも可。

2案
玉方51歩61香62歩
詰方52香54歩
持駒飛桂桂桂香歩。

まだ練り不足です。
この素材は僕なら飛は持駒にして以遠打は許さない創り方にするだろうなと言う話です。

合駒非限定は諦めましょう。それよりというか、初手6一飛が成不成の非限定、1三香に2一玉か2二玉かがちょっと気になった。
それはともかく、桂の使い方に見とれました。更に2四桂を4四桂に打ち替えるのが、最初から4四に打てるのになかなか洒落ています。

初手の非限定を回避したくて検討したというか思いついたというか、余り推敲していませんが。
攻め方 1六角、2一銀、3六角、4二歩、6三飛。
玉方  1三歩、2三歩、3一玉、3三歩、5三銀、5四と。
持ち駒 桂、桂、桂、桂、香。
打ち歩詰打開を狙いにしてみました。

捌きだけの作品大歓迎

僕は捌きを楽しむだけの作品は大好きです。
詰パラにそんなコーナーが欲しい。けどサイトで発表してくれるだけでも満足です。

3案
1〜4筋は同じ
玉方 53飛、63成香
詰方 55香
持駒 飛桂四香歩
41手詰。

12成香は遊ばずモデルメイト、しかも大駒は残らない捌きは満点。
それを3枚の配置だけ。素晴らしい!
それが成香があるだけで否定されてしまう図面です(涙)。

♯53解答

暫く、解答をズラしてました。( TДT)ゴメンヨー 
成程、格言を地で行く軽快な内容
もっと逆算できそうですね

31馬まで31手ですか。31で終わって31手、、、そういうことですか。というのは冗談で手数の割には手が限られてるので易しいですね。5手目が感触が良い手ですね。

解答ありがとうございました。たくさんの改作案も頂いて、とても参考になりました。
解答発表の記事では、それらを踏まえて僕なりの改良図を公開します。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot