詰将棋ウィークリー#54 解答

出題編はこちら
★一週間とは早いもので。ブログの更新も、詰将棋ウィークリー以外にもいろいろと書きたいことがあるのですが、時間的な余裕を考えて「明日にしよう」とか思っていると、すぐに日が経って、結局はせずに終わるという状態が続いています。
☆なんか日本語がまとまってないけど、大丈夫?
★たぶん大丈夫です。






☆なにこれ、ずいぶんと平凡な手順だけど。
★そうですね。解答頂いた皆さんからも、不満続出でした。
☆で、狙いはなんなの、これ。
★4手目24玉の変化と、作意との対比です。24玉には、25金、33玉、34金打、42玉、43金打、51玉、52金打迄の同手数駒余りで詰みます。
☆ふーん、変化は金連打で一段目に追いつめ、作意は金連打で九段目に追いつめるというわけね。
★しかし、対比に関するコメントどころか、この変化のことすら触れてもらえませんでした。
☆要は狙いが伝わっていない失敗作ってことじゃん。
★はい……。以下、コメント返信です。(順不同、敬称略)

さわやか風太郎 「初手は絶対手。続く1六金もこれしかない。さてこの局面。手の流れで2六金、同と、1七金としたいが、2五玉と逃げられる。唯一の紛れ所か。ここで1七飛と打った飛車を捨てるのが素晴らしい。金の3連続ベタ打ちで詰上がるのがユーモラス」

★おっと、そんな紛れ手順がありましたか。四金連捨作品にありそうな手順。

後藤満 「玉を17へ引き込んでの並べ詰み?珍奇な詰上り図が個性的ですね」

★まあ、ベタ打ちの収束は滅多に見られません。

小野寺 「殴られても文句が言えないレベルww 簡単すぎるなあ。すこしこっちのペースおとしてもいいのでは?」

★ペースを落とす予定はありません。在庫は豊富なので、もっと発表したい気持ちのほうが大きいです。

三輪勝昭 「作者の狙いが不明。最後のベタベタはなんなんでしょうか? モデルメイトになっていないし。何か隠し狙いがあるのでしょうか? 普通は19とを置いて金1枚減らすはず。一段上げて持駒の金を減らせば(13香はいらない)良いけどそれでは新作とは言えないし、意味不明の出題ですね」

★うーん、隠し狙いではなく、明確な狙いだと思ったのですが、誰にも伝わらないのは大誤算でした。

やまかん 「これは良い短編だと思います。と金あるけどシンプルで解きたいと思う詰将棋だと思います」

★むしろ僕はと金があるほうが解図欲が湧きます。実戦派の方には抵抗があるのでしょうか。

ikz26 「しばらく忙しかったので、久々に解答。余詰まないのは驚き。でも狙いと思われる収束手順は、短編だとやっぱりだれて見えてしまいますね」

★この持駒の割に、びっくりするくらい紛れが少ないのは不思議です。

蛇塚の坂本 「初手の露骨な2七飛が気づき難かった。生角のアシストも素晴らしい。金が2七2八2九並んだ形が面白い」

★初手離して打つと37玉でも15玉でも詰みません。作り手としては、一方だけで逃れるのが理想ではあります。


解答者:さわやか風太郎、後藤満、小野寺、三輪勝昭、やまかん、ikz26、蛇塚の坂本

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ベタ金の対比は面白いしこれが狙いだろうとは思っていましたよ。
ただ、こんな効率が悪い手が作意として通用するとは思っていなかったもので…まあ、何でもありなんですけどね。

下段と上段へのベタ金をどちらも変化に隠し、作意は四金連捨!
そうなれば半期賞ですかね。
まあ、ブログですのでたまにはこういうのもいいかと思います。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot