岡田敏氏の作品

僕の尊敬する作家である岡田敏氏が亡くなったとの訃報。詰パラでは700回の驚異的な入選数を誇り、他誌も合わせるとその創作数は計り知れません。御高齢ながらも、作品の質は衰えることなく、2009年1月には中学校で平均2.81点の傑作も発表されていました。
今日は岡田氏の作品から僕が好きな2作を紹介します。






将棋ジャーナル昭和60年12月

盤面9枚の好形から、攻方馬の華麗な動きが繰り出されます。収束もその馬を捨てて透かし詰。詰上りに加勢している3枚の駒はいずれも初形ではその影がありません。氏の逆算の腕を垣間見ることができます。






将棋ジャーナル昭和61年6月

盤面10枚の何気ない実戦型。ここから5度の飛翻弄が飛び出します。手筋物を組み合わせて新しいものが出来上がる見本だと思います。これも逆算でしょうが、手馴れた技を感じます。

ほんのちょっとだけ改作。この機会に公開しておきます。

15-33.gif

僕も逆算中心の創作なので、岡田氏から学ぶところがたくさんありそうです。本作でも、収束の数手が実にきれいな作りになっていますね。

偉大な作家のご冥福をお祈りします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さらに

鈴川君の改作図を見ると44飛を34飛にして持駒角を44角と捨てる手を入れたくなります。
初手33銀だと同飛だから一度44にどいてもらって同金にして元に戻す手筋です。
これは同飛で詰まない形にすれば論理的に可能でしょう。
余詰筋が相当強烈。とりあえず玉方15龍、36との追加でどうでしょう。
検討は不十分ですがそれよりさらに33飛の形から34桂、同飛、44角、同飛で創ってみたい。
21の桂を使う事になるから根本的に作り直しになる訳だけど…

角捨ての逆算、僕も考えていたのですが、いい配置が浮かばず……。
今回、三輪さんの15龍の配置にヒントを得ました。初手33銀、同飛、23銀、同飛、34桂、12玉、13銀、同桂、同桂成、同飛の局面で24桂を防げばいいのだと。
24香、46と追加、51歩を香に変更。これでなんとか防げているかと思います。17手で飛を6回も翻弄すればかなりのものだと思います。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot