無駄合談義

今回は無駄合についての話。

次の図を見てください。


mudaai.gif


2四香、1一玉、4一龍迄の3手詰です。4一龍に2一香合とかするのは無駄合ですね。

しかし、2四香に2三香合という手はどうでしょう。
もちろん同香成は1一玉、同香不成は1三玉で詰みません。同龍と取り、1一玉に2一龍迄です。
ここで、この2三香合という手は無駄合かどうか、が今日のテーマ。


意見1  「合駒をしてすぐに取ったとき、後の手順が実質的に変わらないならば、その合駒は無駄合と見なされる。しかし、この場合は別の手順でないと詰まないため、2三香合は無駄合ではない」

意見2  「別の手順になっても、合駒がそのまま余って手数が2手伸びるだけなら、その合駒は無駄合である。よって、2三香合は無駄合だ」

この2つの考え方がありますが、皆さんはどちらでしょうか。



僕は、「意見2」に賛成です。
上の例で4一龍に2一香合、同龍とすると、5手で合駒が余ります。
しかし2四香に2三香合、同龍、1一玉、2一龍でも、やはり5手で合駒が余ります。
そう、結果的には同じことになるのです。

そういうわけで、僕は「別の手順になっても、合駒がそのまま余って手数が2手伸びるだけなら、その合駒は無駄合である」と考えて、詰将棋を作っています。



ですが、無駄合の定義を統一しないと、こういうことが起きてしまうかもしれませんね。
詰将棋のルールは難しい。



今週の詰将棋出題中! 現在4人!




 ←クリックお願いします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

定義なんてクソくらえ

 どちらかといえば私は意見1を支持します。意見2は変長とのからみで同意しにくい。…しかしそれはどうでもいいこと。
 鈴川さんはこんなことで悩んだり、規約をただそうとしたりする必要はないと思います。例示の図でいうと、それが長編作の収束ならほぼ問題なし。短編作の収束なら解答者にとって気持ちわるい変化があるから嫌われる。ようするに、棋誌に採用されやすいかどうか、という点だけを考えればよいのではないでしょうか。

なるほど、そういう考え方もありますね。
採用されやすいかだけを考える……しかし、解答者の中には違う考えをもつ方がいるかもしれないので、その人から嫌われる可能性もありますね。
やはり僕としては、全てを統一した方が、別の見方もなくなるのでいいと思います。

変長ですか……。短編、長編で変長の見方が変わるのも不思議なことですね。

ルールは甘く

私の考え方の基本は、合理的な理由がつくのなら

(1) ルールは甘くあれ
(2) 評価は自由であれ
(3) 自分に厳しくあれ
(4) 他人に優しくあれ

です。

この例では、龍筋を4筋から2筋に動かすことに意味はないので、「意見2」です。
ただ、感触としてイヤ味は残りますから、自分では極力避けようとします。
昔はルールも緩く、この例は無駄合で通っていたでしょうが、現在はこれを有効合と考える方が多いような気はしますね。

なお、「龍筋を4筋から2筋に動かすことに意味はないので」と書きましたが、「そもそも変化に意味を求める必要はないのだ。
従って有効合(=変化長)」といったご意見も多かろうと思われます。それにはまた、自分なりの反論はありますが。

無駄合談義を始めると大変ですよ(笑)

うーん、やはり無駄合は複雑ですね。
詰将棋によって、無駄合かどうか意見が分かれる場合もあるんですね。

例えば、パラ09,1の高校の3番で、2五桂合は無駄合かどうか、という議論が少しなされてますが、僕は無駄合だと思います。
合駒の桂がそのまま余ってしまうのですからね。
しかしこれを変化長と見る人もいると思います。それはそれでしっかりとした反論はできない。

頭がこんがらがりそうなのでこのへんで。(笑)

無駄合について

議論すると大変ですが、普通の詰将棋はchessのstudyに似て、メインの手順でいいのではないか、と思っています。

チェス……僕は駒の動かし方くらいしか知らないんですよね……。一応盤は持っているのですが。

やはり無駄合かどうかに関しては人それぞれのようですね。

はじめまして

楽しく読まさせていただきました。
面白そうな話題と思いましたので、参加させてもらいます。
私は手順2を指示します。
玉方からみると、香合によって、元の詰手順を回避でき、2手の延命に成功しているので、変長ではないか。
というのが私の考えです。

こちらこそ、訪問ありがとうございます。

皆さんの意見を見ると、変長と考える人が若干多いようです。
そういう曖昧な部分が詰将棋をより深く、複雑にしているのでしょうね。

非常に昔の記事で申し訳ありませんが

「無駄合」で検索してたどり着きました。
非常に昔の記事で、申し訳ありませんが、

 2四香に2三香合に同香成は1一玉で詰まないとのことですが、以下▲1二香成△同玉に▲1四香で(1三香でも)詰むと思います。(ちなみに、初手▲2四香△2三香合に▲同香成△1一玉の局面で▲2二成香△同玉で初図に戻ります)

 まあ、そんなことは別にして、面白い問題提起ですね。敢えて、どちらかを支持するかと言えば、「意見2」でしょうか。
 でも、厳格にルール化するのは難しい気がします。例題程度の無駄合はない方が良いけれど、あってもOKぐらいでいいと思います。

No title

まさかこんな昔の記事にコメント頂けるとは。
23香合ですが、同香成、11玉、12成香、同玉、14香、22玉、13香成、11玉で41龍、21桂合くらいで逃れているはずですが……。

無駄合については、厳密に定義しようとしても例外が次々と現れてきそうですし、そんなに膨大で特殊なルールを拵えても、誰も(特に初心者)得しないかなと思うので、今はあんまり気にしないようにしています。

確かに、枝葉の枝葉

回答ありがとうございました。
 コメント後、しばらく、こちらをチェックしていたのですが、その後、「古い記事なので、回答を頂けないのかな」とあきらめて、今日に至りました。

>無駄合については、厳密に定義しようとしても例外が次々と現れてきそうですし、そんなに膨大で特殊なルールを拵えても、誰も(特に初心者)得しないかなと思うので、今はあんまり気にしないようにしています。

 ええ、確かに、枝葉の枝葉で、そこまで厳密に定義するのは難しいですし、必要もないと思います。

 ところで、
>23香合ですが、同香成、11玉、12成香、同玉、14香、22玉、13香成、11玉で41龍、21桂合くらいで逃れているはずですが……。

 これも、さらに枝葉で、重箱の隅をつつく議論になってしまいますが、23香合、同香成、11玉、12成香、同玉、14香、22玉の時、もう一枚香を持っているので、▲2三香で詰みだと思います。

No title

失礼しました。ちょっと勘違いしていました。
そもそもなぜ12香配置なのか、今となっては全然覚えてないですが。笑 歩くらいで充分なのに。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot