詰将棋ウィークリー#76 解答

出題編はこちら
詰パラ10月号が届く前に、Twitterの情報で、短コンは9手詰だと知っていたのですが、盤面駒数条件をすっかり忘れていました。(笑)
今まで3年連続で抽選落ちして、実は一度も載ったことないので、今年こそはと思っています。



初手34銀成はさすがにナンセンスなので、香打で合駒を訊きます。フラ盤の分岐を参照してもらいたいのですが、ここで25飛合が詰ましにくいとの評多数。単純に同香と取って同玉、34銀不成、同玉、24飛で詰みます。
馬を取られるならあらかじめ逃げておけ、という発想で移動合し、それを取って14銀不成の局面では持駒に飛車がありませんが、23角~13銀不成~34角成という手順で詰め上がります。
……なんだかいつになく真面目な解説をしてしまいました。

以下、コメント返信です。(順不同、敬称略)

三輪勝昭 「この手順なら似たのがあるのは当たり前。組み合わせが違っていれば収束まで綺麗にまとまっているので投稿可能だと思います。まあ、学校では荷が重いしブログで沢山コメントをもらった方が良いとも思います。僕は会社の山北製麺facebookで詰将棋を出題していますが、この位のレベルの作品を出せたらな〜と思ってしまいました」

★会社に及んでまで詰将棋出題とは、すごい創作意欲ですね。
ちなみに三輪さんなら序の合駒せびりは気に入らないかと思ったのですが、果たして。

小野寺 「銀をずらすのが醍醐味」

★角一枚を犠牲に、というのがポイントです。

後藤満 「23銀の活用が地味な好手順。スキッとした詰上りですが、ほぼ一直線で少し物足りなさを感じました」

★これで一直線とは恐れ入りました。

小田原芳樹 「シンプルに移動合いが楽しめて面白い」

★移動合はあくまで逆算で、僕としては銀の組み換えが狙いです。

さわやか風太郎 「いきなり飛車を合駒されて行き詰まってしまいました。第一感は馬の移動合なんですが。5四銀の配置から最後は2四竜の詰上がりと予想していました。どうも移動合をすぐに取るのは私の好みではない。再びこの馬を動かして香筋を通しての詰上がりにしたい」

★なるほど。馬をずらして24の利きを外すには、2回くらい動かす必要がありそうで、それなら切れ味のいい短編になりそうです。

蛇塚の坂本 「2度の銀不成りが面白い。4五角成を見せつつ龍で締めくくる2四龍がニクイ」

★銀の配置と24龍の詰上りがピッタリです。

木尾下 「飛合でちょっと悩んだ。「とくつめ」の方が紛れがあって良いと思う」

★う……。「とくつめ」収録は野村量さんの作品で、上のフラ盤の左下で選択して見ることができます。>皆さん

やまかん 「かぶっちゃって残念だね。知らぬが仏だね。2手目飛車合いか?と思ったけどそれと同じくらい移動合いもいいね。収束も鋭し、好作、好作」

★飛合はどちらかというと重苦しい順だと思ってました。


解答者:三輪勝昭、小野寺、後藤満、小田原芳樹、さわやか風太郎、蛇塚の坂本、木尾下、やまかん

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

類作は残念ですが

後から捨てるからこそ23角と重く打つ感触が良く、銀の動きも良いと思っていたらここまで構図も同じでしたか?
類作は残念ですが、こう言った組み換え手順はこのくらいの変化紛れがちょうど良いと思います。
三輪流のこってり味の改悪図は必要ないでしょう(笑)。
何かやるとしたら34玉の形で23銀を入れる事ですが、無理のような気がします。
こうしたいと言う手を無理やり入れるのが今までの改悪パターンなんですが。

No title

23銀から入ることができたら傑作になりそうですね。ただその場合は構図から大きく変更しなければならないかと思います。
改めて2作を見てみるとさすがに似すぎていますかね。移動合があるとは言っても、あんまりプラス要素ではなさそうです。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot