詰将棋ウィークリー#79 解答

出題編はこちら
マラソン大会で燃え尽きましたが、今週と来週は怒涛のように忙しいです。




解説することは特になし。狙いも皆さんに汲み取ってもらえたので、すぐにコメント返信いきます。(順不同、敬称略)

まこと 「飛捨て2回、軽くていいですね」

★初解答ありがとうございます。26飛と重く打ってから軽く捨てます。

小田原芳樹 「桂の利きを外すのがメインテーマ。25飛のリフレインがサブテーマ」

★解答者としてはそういう思考回路になるかと思いますが、作り手としてはリフレインがメインになっています。

後藤満 「合駒問題が続いていたので、飛の短打は新鮮に感じました。料理で言えば”箸やすめ”でしょうか?味わいのある軽さがいいですね」

★まあこの場合は離して打つ余地がないですけどね。

さわやか風太郎 「2度にわたる2五飛捨てが面白い。こういう易しくて狙いがはっきりしている作品は好感がもてます」

★はい、易しくて狙いの明確な詰将棋は、僕にとっても理想的です。

小野寺 「シンプルでいいね」

★無理に複雑にすると全体のバランスが崩れてしまいます。

蛇塚の坂本 「飛と銀のコンビプレーはよく筋に出てくるが、同じ地点2五に2度出てくるのは、珍しい」

★もちろんこれが狙いでした。

こじはる 「すみません、暫く訪問するのを忘れてました( TДT)ゴメンヨー  優ちゃんは、こんな作も創るのですね(^O^)幼稚園にはうってつけでしょうかにゃ(⌒▽⌒) 」

★むしろ、こういう易しいものばかり作っていたいと思います。
最近の幼稚園は右上6×6制限がついてしまったので、投稿できないんですよね。

hiro 「久し振りの解答。詰将棋ウィークリーははじめましてですか。解けそうな形…と思い挑戦。4六とが見えて解けた気がしました。打って消え動いて消える二枚の飛、といったところでしょうか」

★「今週の詰将棋」時代に何回か解答を頂きましたね。これからもよろしくお願いします。

★ここからは改作コーナー。各図面を載せていますが、上の動く将棋盤の左下で選択して、それぞれ再生できます。

さわやか風太郎 「自陣のと金は作者の好みでしょうか。ところでこんな風にしてしまうと解答が減ってしまうかも。

9-59+.gif

4六銀打、同桂、4七桂、4五玉、4三飛、5六玉で以下4六飛成でも5九飛でも6七玉で際どく逃れています」

★純粋に逆算して、と金を移動させてくる序が入りましたね。
僕はと金が好みなので、自陣にも遠慮なく置きますが、この場合は玉の左右に銀とと金が壁を作っている様子が美しいと思ったので、こうなっています。だから55銀配置よりも47と金のほうを選んだわけです。
ここらへんは感性の問題でしょうね。

三輪勝昭 「前回でコメントしたと思うけど、僕は直ぐ詰みそうに見える形が好形と思っています。そして直ぐ詰まなければ好作。本作好形だけど直ぐ詰んでしまいました。詰方のと金は37との対比だろうけど、それだけと金が好きと言う事ですね。
三輪流改作です。

9-59+2.gif

モデルメイトにしたかっただけの図です。余詰筋はこれくらいでしのいでいるだろうと、適当に駒を置いただけで推敲すれば1枚減らせるかも。それとこの手順では手の意味が全く同じものが沢山あります。配置を極端に変えたら別の作品ですね」

★この改作はどちらが良い悪いということではなく、モデルメイトにする実験的意味合いですね。15の銀を取られた時の変化を馬で処理しましたか。
箱庭的な原図とはまた違った趣だと思います。


解答者:まこと、小田原芳樹、後藤満、小野田、蛇塚の坂本、こじはる、hiro、さわやか風太郎、三輪勝昭 以上9名

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

フラ盤が表示されない

私はGoogle Chromeで見てるんですが、
盤面が表示されず、右下に
「ファイルが読み込めません。」
と出ます。

今まではちゃんと表示されてましたが…

Internet Explorerだと大丈夫でした。

No title

以前の記事のフラ盤も表示されていませんか? もしそうだとしたらブラウザ側の問題かと……。
今回の記事をアップする時に、fc2のファイル保存サーバーが変わっていたために、ちょっとトラブルがあって、それはもう解決したと思うのですが、もしかしたらその関係かも知れません。
あんまりこういうことには詳しくないので、申し訳ありません……。

No title

以前の記事のは表示されます。今回だけです。
私もこういうことには詳しくないのでどうしてもらったらいいのかわからないです。
ブラウザを変えて閲覧することにします。

No title

これで表示されているはず……!

No title

Chromeでも正しく表示されるようになりました。
ありがとう!

No title

それは良かったです。
埋め込みのタグで、新しい保存先のURLを1箇所変更し忘れていたようです。fc2の、勝手に保存サーバーが変わる仕様はちょっと困ってしまいます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot