詰将棋ウィークリー#89 解答

出題編はこちら

今年は雪が少ないですね。いつもは12月に入ると一度は積もることがあったのですが、今年は大晦日近くになっても地面が見える程度です。



ブログ出題にあるまじき難易度。さすがに1週間では解答者が少ないのは仕方ありません。
初手から悩ましいですが、24角は14玉とポケットに入られて逃れ。また16香も15桂合で、手は続きますがやはり14が安全地帯になるので逃れます。35角とひねっても、24桂合、同角、14玉。
そこで馬を近付けるという発想に至るのですが、序で飛車を手放してしまうのは不利感があるかも知れません。
7手目16香と打ってみると高い合駒がもらえそうです。14に合はできませんし、15桂合は35角、同銀、15香、14合、25桂迄。銀・金合は24角で行けます。よって15飛合しかありません。
これをすぐさま取るとおかしくなるので、35角~15香(ちなみに35同馬の手順前後は23玉で逃れ)。今度の合駒も簡単で、桂合に決まります。
飛が手に入ったところで35馬と手を戻すと、23玉は詰むようになっているので、再度合駒を考えます。とりあえず保留で、14香、同玉(23玉は43飛以下)、25銀、同○。ここで24飛を防ぐために合駒は金であると分かりました。その場合は26桂ともう一丁捨てておき、あとは長い収束になります。

それではコメントです。(順不同、敬称略)

小野寺 「ヒントなしで解けた。大学出せばいいのに。最後清涼詰になるとは意外。久々に骨のある作品だった。来週のはやさしめでよろしく」

★小野寺さんのような解答者にも満足して頂ける出題になりました。

蘇鉄の木 「脳内で解いたので手数が間違っているかも… 合駒問題というので燃えましたが、さすがにしんどい(笑)でもまあ、楽しめました」

★合駒問題を暗算で解ける力が純粋にすごいと思います。楽しんで頂けて何より。

さわやか風太郎 「ヒントに助けられました。この手順では詰まないと即断していました。詰むとなれば、1六香に1五桂合ではなく1五飛合に気がつく。ここから合駒ラッシュ。途中5二金捨てが肝要。馬が主役でした。そういえば来年は午年」

★15桂合をさせないための準備工作が序の6手ですが、逆算して成功でした。

蛇塚の坂本 「16手目までは、スラスラでしたが、2五銀からの金の翻弄がなかなか思いつきませんでした。最後まで馬の活躍一貫性有の素敵な作品だと思います」

★まあ、翻弄と言っても結局は取ってしまいますけどね。25銀を省いて26桂は、15玉で詰まないのがポイントでした。

三輪勝昭 「暗算で解きましたが、14香に23玉の変化(24桂合とか)に自信ない。これが作意だとすると凄く大きな疑問がある。何故大学に投稿しないのか? 大学解答者には易し過ぎるかも知れないけど、僕程度には十分思考を楽しめる。と言うか難しい。僕は汚ならしい手順が大嫌いなんだけど、この作品は終始綺麗な手順で最後まで美しい手順です。まさか大学の返送作ではないと思うけど、これを採用しない担当者がいたら見る目がないと思います。
僕は詰将棋で一番重要なものは手順の美しさと思っていて、この作品には十分美しさがある。僕は重要視していないのですが、難易度も足りていると思います。僕にはちょうど良いくらいです。僕はとにかくこの作品は気に入りました。ただ一言サイトにはもったいない」

★実は僕はあまり気に入っていなくて、華がない手順だなと思ってしまいます。おそらく本作は、読むのが好きな解答者受けが良さそうです。自分が読む力がないためかも知れませんが、狙いの合駒読みのあたりも、結局は駒取ってばかりだしなー、といって冴えない印象でした。そういうことで、投稿はしませんでした。ブログで出題して好評で良かったと思います。


解答者:小野寺、蘇鉄の木、さわやか風太郎、蛇塚の坂本、三輪勝昭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot