年賀詰2014

年賀状2014

今年もよろしくお願いします。
年賀状の画像をキャプチャーしただけです(手抜きです)。

右側の作が在庫として5年間くらい眠っていたので、今回急いで左側を作って年賀詰になりました。
いつもどおり大した手順ではありません。が、コメント頂けると喜びます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

明けましておめでとうございます

左側の図面、あってますでしょうか。

No title

明けましておめでとうございます。
新年からおかしなことになってしまいましたね。失礼しました。
修正する気力もないので、このままでいきます。

謹賀新年

左図は僕は作意で詰ませましたよ。

修正図をメールで送っておきました。

今年もよろしく。

よつめ?

左側・・・やっちまったか?

No title

右側。1一金捨てが巧い。最後は恐怖(香歩)のどん底へ落とし込む2一角成が鋭い。
左側。馬の守備力を半減してから、玉を広い方へ逃がさない8二角成が好手。で、「2」が無事に浮き出たように思えたのだが。
9五桂に9三玉もあり、あぶり出しが崩れている。更に駒余りの余詰。9二香を9一へ移動しますか。

No title

明けましておめでとうございます。>皆さん
新年早々、余詰で失礼しました。何で見逃したのか謎です。
三輪さんから改作案も頂いたので、近日中に。

年賀詰

あけましておめでとうございます。
右側は鏡文字?酔眼朦朧で失礼します。

No title

か、鏡文字……。それはさすがに酔いが過ぎるかと。

年賀詰の雑感追記

お屠蘇気分はぬけませんが、作意と変化で対称の字形が現出する曲詰の新天地かと…。(10手目13玉~12金で6の逆字?)
”干支+鏡文字=左馬”の意が含まれているのではなどと妄想しました。

No title

なるほど。変化を含めて立体曲詰、このアイディアでどなたかお願いします。

No title

あけましておめでとうございます~。
右側1二金から読んでしまった苦戦しました!
スッキリいい作品ですね。
今年は平成26年かー。覚えました。

No title

9手詰み2の数字と11手詰み6の数字がでました。
1枚の紙面で、左に2右に6を出すとは、粋な計らい。

No title

>ほいさん、蛇塚の坂本さん
解いて頂きありがとうございました。今年もどうぞよろしく。
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
主に月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家。東京在住の学生です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。小~院すべての詰将棋学校で半期賞受賞経験あり。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任しました。原稿随時募集中です。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot