詰将棋パラダイス2014年1月号

やっぱりこういうのは即時性が大事だなあと思ったので、さっさと詰パラ雑感を書いてしまいます。

表紙……好作。こういう作品は大好きです。

幼稚園……3番。おそらく簡単です。

ヤン詰解答……最初の評点表を見て、2.84を出した作品があるのか……とか思っていました。自作でした。今見ると自分らしい気がしてお気に入り。

小学校……らうーるさん就任。3手5手が不足とのこと。残念なことに僕の在庫も殆どありません。

中学校……2番に入選。変化読みがちょっと大変かも。

高等学校……4番に入選。苦し紛れの七色図式。

野村氏特集……おそらく毎年、特集があって、すごいと思います。どれも巧くまとまっていますし。

小学校解答……咲花さんの作品。飛合はすぐに直感したが、変化の2段ロケットが見えなかった。

中学校解答……名無しさんの作品。いつもものすごい序をつけますね。自作は、ブルータス+森田手筋を作ったつもりが、よく見るとそうなっていなかった。

高校解答……三輪さんの作品。伏線手入りの高度な内容なのに、さらっと美しくまとめるのがいい。

短大解答……難解になってしまったのは仕方ないけれども、逆算が巧くできた作。

大学解答……構成の緻密さで解答者受けが良かったということでしょうかね? 狙いが伝わらなかったのは本末転倒で、失敗作か。

大学院……摩利さんに先に図を見せてもらっていたのに、余詰を見逃してしまっていた責任感。まあ自作の余詰も見逃すレベルなので、何とも。しかし簡単に修正できるのは良かった。

デパート解答……2番。このブログのウィークリー#5で出題し、さらに前例もあった収束ですが、ここまで巧く逆算できるとは。フラ盤の左下を選択して棋譜を見比べてください。



↑誤記。失礼しました。「浦野真彦」氏が正しいです。

表紙解答……好評で何より。EOGさんのブログで類作指摘もあったけれど、これくらいなら許容範囲かな。

では最後に、三輪さんから頂いた年賀詰の修正図を。

9-65+.gif

餅は餅屋。これに懲りて曲詰の類は今後作らないことにします。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大学の作品について少し。

あれを狙いとして作る上で、リフレインなど狙いを強調した手順をつけるのでなければ、13香生以降はもっと短く切り詰めた方が狙いが映えると思います。

もちろん作品が駄目と言っているわけではなくて、あれが狙いなのであれば、という話ですが、あの構成だと狙いが伝わらなくても仕方ないかなという気がします。

No title

実は香生以降を短く切った作もあります!
いや、大学手数の中ででさりげなく香生が含まれたら、うっかりする人も多いのではないかと思ったのですが、4名だけでは当てが外れてしまいました。
短く切った作もいつか投稿しようかなと思っていたのですが、ここでネタばらししてしまったので、ウィークリー出題にでも使います。(笑)
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot