詰将棋パラダイス2014年3月号

ウィークリー出題がないと寂しい感じがしますが、4月からは解付きで在庫作放出予定です。今のうちに予約投稿しておきます。
それでは詰パラ3月号雑感を。

表紙……批判も見られたけど、僕は嫌いではありません。「ゆる詰」万歳です。ただ、自分なら投稿はできないかな、とは思いますが。

ヤン詰……名刺に最適なサイズでしょうか。これも「ゆる詰」。入選してくれることを祈ります。

小学校……自陣玉作品は保育園・幼稚園に回ってしまうことが多そうですね。あと、どうしても既視感との闘いが。
自作はノーマル手筋物です。

中学校……「詰ある」に登録しておきました。

高等学校……持駒の割には簡単かと。

おもちゃ箱だより……パスファインダー氏作がお気に入り。詰パラにも2月号で初入選されて、今後の活躍に期待します。スマホ詰パラでは既に有名なようですが。

700手作品展……1桁手数は保育園・幼稚園の管轄なら、入選扱いにならないのかしらん(それによって投稿するかどうかを決める陋劣な態度!)。

短編コンクール……各作品の短評は別の機会に公開したいと思います。

臨時中学校……採用して頂けてとっても嬉しかった作。

絶連特集……僕でも全解できる易しさ。ただ、4と5が素晴らしすぎて1、2、3の印象が薄かったです。
ちなみにリインカーネーションが輪廻転生だと初めて知りました。なんとなく音が似ているので、同一語源なんでしょうかね。まあその概念自体が、ある特定の場所で生まれたと考えれば、不思議でもないです。


次号から値上げ。郵便料金も値上げになるのが面倒ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

勝ち方の快感

中学校のあるあるって、詰まさなくても良いのに詰ませに行って負けると言う事?
僕は一度もない。
自玉が詰むかどうか分からない時は結果的にそうなった場合はあるかも知れないけど、僕は自玉が絶対詰まない時は相手が戦闘意欲を無くす手を選びます。
華麗な詰みで勝つのが快感なのは負け将棋の時だけ。
詰まさなくても勝てる時に詰ませて勝っても快感がない。
僕は詰将棋も快感重視だけど、将棋も快感重視みたいです。

No title

たぶん「詰キストとして、詰みがある局面では詰ませるべきだ」という思考があるんだと思います。
僕は解図力は大したものではないので、三輪さんと同じように指すとは思います。

考えれば詰将棋作家は往々にして詰まされることが仕事ですね。

No title

鈴本さんのは全然ゆるくない。こういうのを、気持ちの良い小品と私は呼んでいます。

No title

ありがとうございます。でも「ゆる詰」のことばは気に入ったので、たびたび使うかも知れません。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot