第9回 解答発表

第9回 今週の詰将棋の解答発表です。






初手は4一桂成か3二角成しかありません。3二角成は同玉、4三銀成、2二玉ぐらいで詰みませんので、4一桂成。2二玉と逃げると厄介そうなので同玉と取っておきます。以下5一歩成、4一玉、4一とと進みます。
4一とに同玉は、5二飛成~4二龍で詰むので2二玉。さあ困った。3三銀成かな? と進むとお先真っ暗です。ここで2五飛!という手があります。狙いの一手です。取れないから何を合駒しようか?
普通に2三歩だと3三銀成~4三角行成~3二馬~1五飛で詰み。この1五の飛車をとられないようにと2三桂打も効果なし。2三銀は同角成がある。万事休すか?
いえいえ、2四銀の中合がありました。以下は強引に詰まします。

いつも易しいと言われるので今週は難しいものを出題しました。おかげで解答者は7人。次回は10回記念にとびきり簡単なものを出す予定なので安心してください。


皆さんの評です。(敬称略)


三歩人  「17手歩余りと思い、よくよく見れば1一は香でなく桂だった。作意は銀中合が巧いですネ」

★今回は実戦形ではありませんよ。(笑)

荒川  「難しい問題でした。7手目は3三銀を最初に考えました」

★2五飛はちょっと見えにくいかもしれません。しかし……。

一土  「7手目は狙いの一手という感じだったので気づきやすかったのですが、それに対する8手目は読み応えがありました。でも、正解かどうかあまり自信がないです」

★逆に狙いの手が見えやすい方もいるようです。

坂本  「今回はチョト自身がありません。4一桂成を同玉するタイミングがイマイチはっきりしないから」

★残念! 不正解です。4一桂成はすぐに同玉と取るのが作意です。

利波  「25飛に24銀の応接は読みが必要で面白かったです。ただ、二手目22玉の変化に作意が出てしまうので、2手か4手カットして方が良くないですか?(私なら4手カットしたところからにすると思います。)」

★いつも改良してくださりありがとうございます。実は2二玉の変化が同じ手順ということは出題した後に気づいたのでした。(汗)

タラパパ  「25飛は筋ですが、桂の利きがあってダメだろうと即断して、3手目32角成、同玉、43角成、22玉、33銀成、13玉、15飛以下の紛れにどっぷり。(汗) それでも25飛に23銀合で17手。しかしこの手順、どうもおかしい? 念のために盤を使って確認すると、24銀合があるじゃないですか。で、なんとか解決かな? 33銀不成は成も可、13歩合が非限定ですか。
収束も含めて、今回は今ひとつ? だんだん評価が厳しめになってきました。 認めてきた証と捉えてください(笑)」

★むしろ厳しい評の方がためになります。これからもお願いします。収束乱れているのは仕方ないところ。正算で作るとどうしてもこうなってしまいます。長い短評(長評?)ありがとうございました。

ほい  「い、イキナリ難しくなってません? うぅ、これが作者の実力の一端か……。さすがだ~。素晴らしい。3二角成ばっかり考えちゃいました」

★「さすがだ」と言うのは収束がまとまってからにしてください。(笑) まだまだ「さすがだ」レベルには到達していませんよ。



正解者:三歩人、荒川、一土、利波、タラパパ、ほい



累計正解数ランキング

1位 三歩人(8回)
2位 ほい(7回)
3位 荒川、タラパパ、馬屋原(6回)




 ←クリックお願いします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私のさすがは安いなあ^^;でも週一で中合いが作れるのは、すごいような・・・。難易度はこのくらいが好きだったり。

いやいや、そんなことありませんよ。
「さすがだ」と言われると、励みになりますし、創作意欲も湧いてきます。

難易度ですが、ここまで解答者が減るとは思いませんでした。ほいさんは、難しくても毎回解答をくださるのでとても嬉しいです。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot