詰パラ 入選66回 高等学校

詰将棋パラダイス2014年7月号
高等学校

入選66回
加賀市 鈴川優希



誤4 無33
A41 B4 C2
平均2.82

須川○二―序のボリュームの大きさに圧倒されました。
☆無解者は何と33名。解説を書く必要上、自力で変化・紛れを調べたので解答者の苦労が多少は理解できたが、まず初手56角の発見が難しかったようだ。
松○成俊―前半はフワフワ雲をつかむような感じだが後半は積み崩しでぴたっと着地。腕がちがう感じがした。



序を難解にすると評点が急上昇ですね……。そんなに大した手順ではないのですが。
簡素形が狙いだったのですが、一度余詰で返送されて、31歩・24とというみっともない駒を置くことになってしまいました。そのうち改良したいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大好評でしたね。
7月号でご一緒するとは思いもよりませんでした。拙作が首位になれなかったのは当然です。完全に脱帽しました。
再度貴作品を並べて、その広さ深さを鑑賞しています。

No title

自分では、通常の逆算モノと大差ないかなと思っていたのですが、予想外の好評でした。
投稿数が多いので、またそのうちご一緒するかもしれませんね。
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

Author:鈴川優希
1997年生まれ。月刊誌「詰将棋パラダイス」に作品を発表している詰将棋作家です。詰将棋は小学生の頃から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回)。半期賞8回、看寿賞1回、詰将棋順位戦A級。2016年4月~2020年6月「ちえのわ雑文集」世話役を務めました。現在は入選200回を目指す傍ら、順位戦や短コンの解説をたまに担当しています。

裏短編コンクール
2015年(第n回)・2016年(第φ回)に当ブログで開催。使用駒数11枚以上、タイトル必須という条件で募集した作品を出題し、解答者に評価してもらうという企画です。結果発表はニコ生で行いました。作品の結果稿はブログ右袖のカテゴリーからご覧いただけます。なお、この裏短コンはほっとさんのブログ「詰将棋考察ノート」に受け継がれました。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答していただいた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

解付き出題
自作を解付きで並べていくだけ。現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

詰将棋あるあるbot
Twitterで、詰将棋あるあるネタを5時間に1回ツイートするbotを作ってみました。ツイート内容は700種類用意していて、たまに更新されます。皆さんもハッシュタグ「#詰将棋あるある」でツイートしてみてください。@TsumeAru_bot

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot