詰パラ 入選72回 小学校

詰将棋パラダイス2014年11月号
小学校

入選72回
加賀市 鈴川優希



誤8 無9
A94 B26 C2
平均2.75

北原○久―超難解作品。手こずった! 初手の28角が最初の難関。68龍は普通人の感覚では浮かばぬ。小学校のレベルではない。
○岡望―驚愕の68龍。



ちょっとこれは推敲不足でした。余詰防ぎや玉のコースを作るだけの駒が醜いですね。
難解性は狙いました。しかし自分で解こうとすると、作意以外に有効な紛れがなかなか浮かばないので、やりずらいという意味で難解なんだと思います。
そのうち改作したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

作意設定

これは最後同玉として両王手にしたいところでしょうか?
僕は同銀が作意でも良いと思います。
成不成の非限定は嫌みですが、両王手はモデルメイトでない。
同銀でも58は重複してますが、角が利いていないと合駒されるのでこれでモデルメイトでしょう。
僕は同銀作意でもさほど不満ないです。
これを書いた意味は46の利きは、玉方の駒に出来る。
そうすると最後同銀せざるおえない。
しかし、余詰筋が一掃されるのがメリットです。

持駒 角角
玉方 17と、24と、26桂、37玉、45と、46歩、59銀、77歩
詰方 18飛、47銀、66と、98龍以上7手詰。

くらいで成立すると思います。
紛れは減るでしょうが、参考にして下さい。

No title

この改作図はすごい! というのが結論です。
僕は銀の成生非限定がとても気になっていて、そっちを作意にすることはあり得ないと思っていました。39とを置いてまでしても同玉に限定せねばと思ったほどです。
しかし、三輪さんの図を4段上に並行移動すれば、余詰も(たぶん)なく成立しているではありませんか。
こうした場合、最終手同玉のとき角の成生が非限定になり、これも死ぬほど気持ち悪い。と思って作った時はやっぱり下段にせねばという判断に至ったのですが、なるほどそこを玉方駒で塞いでしまえばいいんですね。
3手目も捨駒になり、ますます鮮やかです。

記事に

34玉の位置で完全かつ手順完全限定になりますか。
この図は是非このブログで記事にして欲しい。
僕の改作案だとはどうでも良い事で、作品自体が素晴らしい。
半期賞を1回損したかも。

No title

改作の良いヒントを頂きました。本当にありがとうございました。近いうちに記事にします。
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、進学とともに東京へ。現在、20歳学生。詰工房などの会合へしばしば顔を出します。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量かも?

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot