第294回詰工房参加記

先日の日曜も詰工房に参加してきました。
ところでタイトルで第294回としてるのは、安武利太氏のブログで確認したんですが、すごい歴史ですね。

まず会場に着くと、T波さんに「握り詰見せて」と。今年は作りました。実は道中でポストに投函してきたばかりでしたが。
なかなかいい出来だと思っています。全国大会で載せてもらえることでしょう……。ちなみに工房でI黒さんやT中さんには暗算で読みきってもらえました。
T波さんとUMY原さんの握り詰も解かせてもらって、レベルの高さを体感。

そして春霞賞候補の選出。まあ今月はだいたい決まってる感じでしたか。あれが打診中合かどうかはやっぱり議論を呼びましたが (笑)。ちなみに僕は打診中合ではない派です。
他に候補作としてF和さんの飛先飛香があって、僕はそれに投票しました。あと高校の作品は大好きなのですが、春霞賞としては違うかなと。

全国大会の話。会場付近のホテルはすでにほとんど予約で埋まっているという情報。ネットカフェはいやだなあ。泊まらずに夜行バスで帰るか、呑みオールのメンバーに付き合うか、留守中の友人のゴミ屋敷に集団突入するかですね。

元大学院担当のO崎さんと初対面。マイベストは?と訊かれ、返答に困る。いろいろ考えてるうちに、ひとつ思い当たる作がありました。



ブログ発表作(2011,4,30)なのですが、これいいですよね。二次会の席でこれを見せたところ、解答強豪の方々は数秒で「あっ、あー……」という反応を示しました。二度の「あ」で変化と作意をそれぞれ読みきったということなんですよね。6手目同玉は上から龍を回るのに対して、作意は下から。
O崎さんがいつの間にかtwitterで紹介していてびっくりしました。

あとはA木さんとssさんの詰将棋を解いたり、Kさんの必死問題を解いたりしてすぐに時間が過ぎてしまいました。
あと、高木手筋って何ぞやと盛り上がったり。

ところで、macでこのブログを見ている方はフラ盤が表示されていないかも、と聞きました。情報提供お願いします。とは言っても対応できない可能性が高いですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

竜の位置エネルギー

O崎さんのtwitterでは竜が3八にいますが、どちらが正図ですか?

No title

ブログ発表時は37なので、こちらが正図ということで。宴会の席で記憶から咄嗟に並べたので、少々の間違いはご容赦願います。

センス抜群

例の筋になるのは見えてるんだけど、センスがあるのを感じるね~。
マイベストと言うのもありなくらい。

No title

ありがとうございます。予定とちょっと違うけど、あ、それでいいんだー、となります。易しいのもいいですよね。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot