将棋部の合宿で握り詰大会

東大将棋部に入ってしばらく経ちました。平日は駒場キャンパスの学生会館というところで活動しています。授業の空きコマに適当に時間を見つけて顔を出すというスタイルなので、とっても和やかです。
僕は部内でも棋力はかなり下です。そうですねー、序盤は定跡を知らなくて作戦負けになるし、中盤は仕掛けの判断をミスするし、終盤は手数計算ができないということで、スキがありまくりです。それでも筋違い角を指すとたまーに勝てます。
水曜日や土曜日には、強いメンバーで研究会をしているそうですが、僕はまだ参加したことがありません。
あと大会の参加も自由で、僕は予定が合わずまだ出ていません。そのうちもう少しまともに指せるようになってから考えます。
昨日の学生名人戦では部内の4年生が優勝して、本当にレベルの高いところだなと思います。

先週、金曜日の夜から土曜日の朝にかけて、新歓合宿がありました。キャンパス内の和館というところで、まあ夜通し将棋をしているわけです。持駒共有やインベーダー将棋など、珍しいルールのものも。
その中の企画として、握り詰大会がありまして。それにしてもわずか数時間のうちに(他の企画とも平行して)握り詰を作ろうなど、あまりにも無茶があるのでは……企画者誰だ、というと、それも詰将棋作家で、詰パラに何作か入選しているM先輩でした。
ちなみに1年生にも詰将棋作家がいて、スマホ詰パラで大活躍している人です。話が合います。

ところで僕が作った握り詰はといいますと、こんなのです。



詰あるbotも言っているように、握り詰はミニ煙がベターということで。もともと持っていた素材からちょっと逆算して完了。
それにしても、この駒であんまり派手な手順を作るのは不可能では……もっと大駒がないと。

そこで企画者のM先輩が出してきたのはこれ。



これ、すごすぎですよね。飛合、香短打、両王手。普通の詰将棋としても高評価得られる作品だと思います。しかも在庫からとかではなくその場で四苦八苦しながら作っていたのでさらにすごい。
ちなみに原図は余詰があったので、ブログに書くにあたって僕が少しだけ修正させてもらいました。本人の許可は取ってあります。

ちなみにこの2作は握り詰大会の優勝を逃しました。投票制だったのですが、解答発表がなかったので徹夜明けに解いてもらうには厳しかったようです。優勝作は待宵風の易しい作でした。
そういうオチがついてめでたしめでたし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot