えび研若者大会レポート

Twitterで突然に肉饂飩子さんから連絡があり、お誘い頂いたえび研。
開催は7回めらしいですが、今回は若者中心の集まりです。ちなみに若者とは、作品が若い人のことを言います。
海老名駅近くの肉饂飩子さんのご自宅で行う閉ざされた会なので、いろいろとグレーな話題も出るわけで、それはさすがにブログには書けません。
Twitterで実況していたので、そのログを載せていくスタイルでいきましょう。

10/10 10:56
あっ7手詰できてない……アッアッ


えび研は13:00くらいから始めようという計画で。その際に短コンの予定作を持ち寄ろうかみたいな話も出ていた気がするので、作っておきたかったのですが。

12:11
Я еду в Эбикен на поезде.


私は電車でえび研に向かっている、と書きました。

12:26
ダンジョン新宿駅で迷子になって小田急乗り遅れたんだけど💢


小田急に乗り換える際に間違えたのでした。

12:50
10分遅れくらいで海老名着……?


電車の中からツイート。これを見た肉饂飩子さんが迎えに来てくれていました。
えび宅に到着すると、既にUMY原さんとikironさんとYANAGIさんがいらっしゃいました。
ikironさんとYANAGIさんはこのために関西から出向いていたようです。

17:30
えび研メモ。担当者。風景。将棋世界付録26番。WhiteSolver。ウォーキング。トイレのボタン。プロブレム最短。紛れを書け。いのてつ&かすや。深夜タクシー。記録作の多様性。17角の裏話。証拠写真。合作。一歩千金。打診を動かす。詰将棋アパート。高19の作者。1/1。である調。


すっかり話し込んでいて、それまでの話題をメモとしてツイートしました。
「将棋世界付録26番」→今月の話です。なんということはない作品なのですが、かなりの方が解くのに苦労していました。候補手が3通りくらいしかないのに、それをどれも詰まないなあと考えながら堂々巡りする感じです。僕は暗算でトータル20分くらい考えました。
「WhiteSolver」→書きかけでオオサキさんが触れていた、Macでのみ動作する詰将棋解図ソフト。ミクロコスモスはもちろん、驚愕の荒野や木星の旅なども正解を答えるという恐るべき解図能力。これのためにMacを買うか……。
ちなみにオオサキさんは二日酔いのため遅れてきました。
「ウォーキング」→肉饂飩子さんの趣味で運営側に回ってイベントをやっていたところ、看寿賞作家のTさんと出くわしたという話。
「トイレのボタン」→えび宅のトイレには「押す」と書かれたボタンがあるけど、絶対に押してはいけない。いいか、絶対だぞ。
「深夜タクシー」→前回のえび研で、S馬さんはタクシーで深夜2時に到着したという話。
「記録作の多様性」→記録作を細分化していったら、記録の価値の凋落を招く?
「17角の裏話」→S川さんの看寿賞作、17角。解答欄魔さんに見せて、数日後に余詰あるよと指摘したら、そんなものはとっくに修正して投稿していると。
「合作」→鈴川がMさんとの合作を発表したことがある話。
「一歩千金、打診を動かす」→Twitterの構想を実現した作品を見せてもらいました。
「詰将棋アパート」→新コーナーの提案。
「高19の作者」→奨励会員だ。
「1/1」→最近Twitterに登場した小林尚樹さんの過去作。初手はいるかどうか。
「である調」→冗談かどうかを、読んだ人の反応によって変えられる魔法の言葉。シュレーディンガーのである。

17:40
チェスの話で鍋が割れる。手順前後。詰上り飛角図式。穴沢論文。饗宴。最年少看寿賞。投稿用紙の達筆。迷宮の王。行田から富山。 不詰を詰ます。6回参加。


「チェスの話で鍋が割れる」→チェスの話で盛り上がろうとしたら詰将棋の神様がお怒りで、おでんを作っていた鍋が割れてしまう。
「手順前後」→手順前後は余詰派が鈴川とUMY原さん。
「穴沢論文」→まあ、正体はあの方なのですが……。
「迷宮の王」→迷宮の王にお言葉ですが
「不詰を詰ます」→不詰作を柿木将棋が詰ませる? この現象が鈴川の短大投稿作にも見られました。
「6回参加」→YANAGIさんはえび研に6回参加。

17:43
煙草吸って無言が基本手筋。


ある方の会合での様子。

17:59
おっとりの意味。体言止め多用。詰将棋の英才教育。7手詰の類似作。解けないってことはいい作品。そろそろ盤。詰将棋の話をしたがらない作家。優勝予定。プレ短コンをmy cubeで。柿木碁。中合を移動中合。


「おっとりの意味」→解答欄魔さんの「では、おっとり刀で梁山泊に出かけることにしよう」というツイートから。
「体言止め多用」→詰将棋の解説は難しい。
「詰将棋の英才教育」→看寿賞最年少記録を更新するために。
「そろそろ盤」→いったんテーブルで乾杯したのですが、そろそろ盤に移って具体的な話を始めますか、と。
「優勝予定」→短コン優勝級を見せてもらいました。
「プレ短コンをmy cubeで」→冬眠蛙さんとはちょっと違った形でできないかな、と。
「柿木碁」→柿木Vを聞き間違えました

18:03
「彼ら中合出す出すって言ってそれは違うんだよ。僕の場合結果として出るんだよ」


短コンは中合を出して動かせばいいと言っている中でのある方の意見。

18:17
赤羽さんの作品集に中合がひとつもない。つるつるした手順。合駒は簡単。体操の体格も選手も違うけど同じ技。既成の収束だからこそ意外性。ビュンビュンよりじわっとくるのがいい。


前のツイートの続き。ちなみに後ろ二つは鈴川の作に対するありがたいコメント。

18:29
モデルメイト。鑑賞派。解くと感動する。少なくとも解こうとしたほうがいい。2位が2回4位が2回。盤面10枚とは。ベテランの解答が嬉しい。柿木の解答は丸写しですぐ分かる。Bはない解答者。解答用紙にBだけ印刷されている解答者。「(無言)」と短評したかのように改竄。「無言でA」が不採用。


「2位が2回4位が2回」→UMY原さんの短コンの成績。
「柿木の解答は丸写しですぐ分かる」→担当経験者には共通の感覚らしいです。

18:44
担当者の方針とは。執筆者のしりを叩いて担当者にいい物を書かせるのが仕事。正味S藤さん。消しゴムのカスのつらさ。2日で結果稿。新陳代謝。昔は幼稚園が担当新人育成者。オムニバス表紙担当。やはり解散総選挙。


担当の話が続きます。昔は業務が大変だったので、長続きせずすぐに変わるので、新陳代謝が良くてそれはありがたかったという話。
鈴川が担当をしたいなあと言ったことに端を発します。

18:53
「会合について書いてくれ」リレー随筆をスポット的に。作品集の宣伝効果。書評原稿。般若一族。休載でいいんです。ひどいページだけどいらないページじゃないんです。えび研のヤバさ。たま研の簡易宿泊所。


「らんぶるの時代」が連載されていますが、会合であったエピソードを書くだけでも相当に面白い随筆を書けるのでは、と。
えび研もそのうち今の若手によって語られる時代が来るのでしょうね。

18:09
倉敷に泊まる。なぜ広島。たま研が楽じゃない会に。遺書。相当面白いネタを持っているが言えない。怪文書四天王。長編作家が食われる。


たま研は大盛況ですが、だんだん全国大会と同じになって、特定の人とじっくり話す機会ではなくなりつつあるのでは、という話。

19:25
「私が天才である」F本氏。「詰将棋界のビートルズ」S野氏。誰とも会話しないS太氏。トヨタの悪口を書いた本を4000冊出して回収させる狙い。工学母艦。「本書は詰将棋の歴史始まって以来の戦うための船である」


DSC_1592.jpg

DSC_1593.jpgDSC_1594.jpg

世の中には恐ろしい詰棋書があるものです……。
アンソロジーとしては一流なのですが。

19:37
人狼でやらかす杉の宿。卵をこぼす杉の宿。


杉の宿合宿の思い出のようです。

20:08
手順前後は不完全作。詩集のような作品集。銀杏→鼻血。九連環。


「詩集のような作品集」→鈴川が目指すものです。
「銀杏→鼻血」→おつまみの銀杏は10粒以上食べてはいけないという話。
「九連環」→あの名作のタイトルに込められた意味……Twitterに登場しているとかいないとか?

20:33
東方垢。ガッツ星人。S馬氏の話題で持ちきりである。(笑) 朝まで生きている人。


ガッツ星人を元にしたペンネーム。
そしてS馬さんに来てほしいということで。

20:35
ハイパーゼットンのほうよりゼットンのほうが強い。


あの方が買った本についての話。

20:38
金玉図式があってもいい。by ikiron


20:40
論破ルームは終わった。誰も反応しないのでフォローしたらたぶん喜んでる。


「このセカイに意味はあるか」の一連の流れを「論破ルーム」と言った方がいるという話。もちろん元ネタは……。

20:41
きれいな金玉事件。


ここに繋がるわけですね。若い方はggってください。

20:53
まじめにキャッチして仮眠をとる人。


無駄合議論を真面目に受け取ってしまった人は、夜に備えて仮眠を始めました。

20:53
桂生迄の煙はK場作か? Windows7とウルトラセブン。唐突なニムト大会。


21:31
出たカードの番号を盤の座標で覚える。初代ニムトワースト1位は鈴川。


いやーニムトは難しいですね……。

21:55
このセカイに希望はあるか。えび研のえびせん。


どなたかが持ってきたえびせんを食べながら。

23:14
大喜利して座布団をたくさん取った人がそれを使って寝る。


と、いうのも、布団が足りなくなりました。それは……。

23:15
終電がないので朝まで確定。


まあ半分予想していましたけどね 笑。

10/11 00:14
理論化は実現可能ということを証明すれば創作欲を失う。


物理屋は微分可能かどうかを検討せずに微分する。数学者は微分可能であることを示したら満足して微分しない。

00:32
詰将棋を作るのに必要なのは、根気とやる気と柿木。


鈴川が座布団1枚もらえたネタ。

02:11
S馬氏着からの乾杯。T口さんの難解作。詰工房の日中。取らせ不利合。間接不利合の初出は。まだ慌てるような時間じゃない。「私の定義だとそんなものは存在しない」


S馬さんが終電に乗って到着。
「間接打診合の初出は」→誰も分からない。
「まだ慌てるような時間じゃない」→盤に向かって並べようとするが、まだ朝まで時間があるということで。

02:14
春霞賞候補作なしとは。「一回戻りましょう」→チェスプロブレムの話。


02:22
順位戦はやっぱり謎。


A級では現代的なネタが評価されているが、C級はやはり難解作が評価された。

02:51
メガネザルはメガネではない。


はて、どういう文脈だったか思い出せない。
ここらへんから盤に向かって新構想を出すタイムに突入。

03:39
取らせ不利合なるものを観測した。


03:49
香打に角二連合で、それを取って桂馬二連合を2回出して、それで香車をはがす。


T島H男作に影響されたものですね。

04:33
自己ブロック逆用。死屍累々。攻方の手が見えない。打歩詰使ってないから好き。


「打歩詰使ってないから好き」→鈴川の言葉ですが、決してそんなことはありません 笑。打歩詰でも好きな物は好きです。
積極的森田手筋に関連した構想。

05:17
ikironさんがメタるべきものを完成させた。


どこに発表しようか迷いますがね。

06:18
チェス・プロブレムの歴史的背景。パズルとして生まれたのならなぜ双玉? 詰将棋はなぜ単玉? プロブレムはフェアリールールも浸透。多様性の薄さ故か?


06:09
極北へ向かうと温かみを失う。しかし極北へ向かわないと分からないこともある。


06:10
詰将棋に終わりはあるのか? すべてが出尽くしたら新しいルールを追加してフェアリーに流れる? それとも鈴川の言う「使い回し」詰将棋で生き永らえる?


この一連の流れは、僕が大好きな詰将棋哲学。チェス・プロブレムはパズルとして生まれた。
詰将棋が単玉が普通ということには歴史的背景がある?

08:50
Twitter特定大会


あの方を特定しますた。
ここでツイートの感覚が空きますが、朝食のあとはgdgdモードでした。
でも、鈴川の未発表作をいくつか見てもらえて、なかなか好評でした。

11:44
みんな寝すぎ。


徹夜組はここらへんでダウンしてましたね。僕はずっと起きていました。
みんなが寝ている間に、僕とA木さんとで指将棋を。

12:53
えび宅離脱。鈴川は一睡もせず。


昼食を食べに行こうということで。
YANAGIさんの宣伝も。

14:14
えび研解散ー。


ということで。
この記事も、前半に比べて後半のいい加減さがすごいのですが 笑。
肉饂飩子ほんとうにありがとうございました。また次回以降もよろしくお願いしますー。

参加者(敬称略):肉饂飩子、YANAGI、解答欄魔、S馬、AO木、オオサキ、UMY原、ikiron、鈴川優希

おまけ
15:23
鈴川同人入りを機に、リレー随筆が再開。 #詰将棋あるかも


編集部次第ですが、リレー随筆再開は全員が望むところですよね!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

メガネザルのくだりは、「二歩禁回避の取らせ合駒は、取らせ合駒というカテゴリではなく、二歩禁回避のカテゴリの中にある」とか、そんな話だったと思います。

鈴川さんの例の最高傑作(と私は思っている)を早く誌上で見たいです。

No title

なるほど、そんな流れでしたね。カテゴリの話だったことは覚えていたんですが。
あれも今は順番待ちで、そのうち投稿しますね。

参加のお礼

未成年者を強引に誘い、しかも、日帰りの予定が徹夜までさせるとは。でも、私は決して悪い人ではありません。ところで、こんな時系列で詳細なレポートを書かれたんじゃ困ります。(笑)しかも、一睡もしていないから、貴方が寝ている間はこうでしたとも書けない。私の出る幕がなくなってしまった。それでは又の機会もよろしく。

No title

こちらこそ、たいへん楽しかったです。
終電を逃したのは確信犯的なところがあります 笑。
あと、般若一族もありがとうございました。一読したらブログで書評を書く予定です。

お疲れ様でした。

楽しく拝見しました。
一睡もしなかったのは流石です。若い!
本当にお疲れ様でした。

帰ったあとは15時間くらい寝ていた気がします。
馬屋原さんも、準備など含めてお疲れ様でした。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot