詰パラ2015年11月号雑感

今月は分厚い詰パラ。

ヤン詰……自作が採用。この条件だと入玉図が多い予感がしましたが、僕だけですね。
入選するかどうかは分かりません 笑。

短大……入選99回目。
ちなみに12月号短コンでシード権を持っているので、そこでの同人入りが確定しましたね。

大学院……誰に引き継がれるのか、詰工房でも明かされていません……。

夢想の研究……いつもどおり読み物としてひじょうに面白いですね。図巧38番がなぜ一般的な打診ではないのか、など若島さんに書かせたら論考のネタは尽きないと思います。
図巧2番は僕も好きです。19龍の意味は知らなかった! そしてただそれを余詰防ぎと結論するのではなく、その配置から看寿の考えていた構想まで浮かび上がるとは。

将棋パズル雑談……まさかの新連載。全国大会の企画は面白いと思っていたのでこうして本誌でも扱われることは嬉しいのですが、まさか盤がぐるぐる回るとは驚きました。

らんぶるの時代……夢想の研究と山本民雄がバッティングですごい偶然。実はこの作品知りませんでした。
内容も興味深いですね。すでにどこかで書いたか忘れましたが、名前だけは聞いているような方の素性をこうして知れると、作品自体ももっと楽しめる場合もあったり。時代の流れとのリンクや、人物や場所の様子をもっとドラマチックに描いてもらうと私小説のようになりそうですが。でも若干文章が読みづらいのが残念。(失礼)

短大解答……そういえばタイトル表示されてなかったんですよね。狙いをタイトルで伝えるという試みでした。

大学解答……グラッジ箱さんの解説ちゃんと読むとものすごくいいですね。名解説者になるのでは。

デパート解答……3連続桂打捨には打歩詰の理論が不可欠とは目から鱗でした。
デパートの短評が少ないのは担当者が多忙だからと聞きます……。交代まであと一息なので頑張ってほしいと思っています。

裏短コン作品募集中! 締切11/8

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いいね

No title

フェイスブックじゃないんだから。

短大にシード権?

そもそも12月号に学校?

グラッジとは

グラッジ箱さんが名解説者になるですと。
ハハハハっ。
箱は「はこ」「ばこ」なのか?
グラッジはどう訳すか?
それが分かれば誰か分かる。
恨んではいかんと言う事は僕は知ってるけどね。

No title

短大シード権修正しました 笑。

三輪さん、まさかグラッジ箱さんの正体をご存じない?

知ってますよ。

知らない人もいるからうかつな事は言えないですね。

No title

ペンネーム変えたのも正体を明かさないためなんでしょうかね。

謎解きペンネーム

「グラッジはこ」が謎解きペンネームとして気に入っているからなんでしょうかね?
正体を知られたくないなら、謎が解けたら誰か特定出来るペンネームはまずい。
それから名解説者なら、どんなペンネームにせよ誰か分かってしまいます。
まあ、本人は名解説者だとの認識はないだろうけどね。

謎解き難易度は結構あると思うけどどうなんだろう。
詰上がりの予想が出来る詰将棋みたいなものがあるので容易かと思いますが、予備知識無しなら難問だと思うけど。

No title

個人的には由来があるペンネームはダサい(死語)と思っています。
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、進学とともに東京へ。現在、20歳学生。詰工房などの会合へしばしば顔を出します。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量かも?

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot