シルバーウィーク解答

my cube初の懸賞出題でしたが、7名の方から解答を頂きました。

まずは解答を。






広い初形。3三飛成しかありませんが、さて……。
逃げる手は論外。歩合も5三角で簡単。よって4二に利く金か飛となります。金から考えて行きましょう。
3手目5三角とすると……龍の横利きが止まって詰まない。そうか6四角だ。4一玉、5二銀、同玉、3二龍、6三玉。ん? もし角が7五なら6四金迄で詰み。そうだ、3手目はもう一間離して7五角だ。
当然、中合だけど、歩なら同角、4一玉、4二歩で詰み。角も6三角でダメだから桂に決定。
初手から3三飛成、3二金、7五角、6四桂。お、ここからは簡単だ。同角、4一玉、4二銀、5二玉、5三飛成、6一玉、5一銀成、7一玉。7三飛成には8二と8三に利かせて7二金。あとは取って……詰んだ、詰んだ。
では2手目に戻って飛合を調べよう。うーん、7五角では詰みそうにないなあ。待てよ、4二角という手があるぞ。4一玉に3二龍で……よし、詰んだ。そのための3五歩だったのか。解決。


解答者の方の評です。(敬称略)

谷口翔太  「5連休、暇つぶしにHPを散策。貴作を発見、何処かで見た名前、詰パラの表紙でした。狙いは64桂合でしょうね。合駒が3度、中学生にしては、良い出来映えです。変化に備えて35歩と盤面が拡がった、追い詰めの感もある。これがマイナスかな」

★適当に駒を並べていたら、6四桂が出てきたので、これは作品にしないと、と思い、組み立てました。正算だと、どうしても流れてしまいます。
このサイトでは今週の詰将棋も出題していますので、そちらもぜひ。

しろねこ  「はじめて応募します。おもちゃ箱の詰将棋で見つけました。すっきりしていてわかりやすい詰将棋です。最後、駒余りがせずに完成です」

★合駒初級編という感じでしょうかね。駒が余らなかったのは幸運です。

坂本  「こんにちは。いつもお世話になっております坂本と申します。今回の問題は物凄く厄介だった。でも面白かった。最初から合駒が飛か金かで相当迷ってしまったし、3五歩の意味が、飛車合いの為と言うことが後に解った。盤面の右はしから左はし迄使うスケールの大きさも凄いし中合いに桂が出てくるのも凄い。いやぁ良い問題をありがとうございました」

★いきなり金か飛かで迷わす心理的作戦? 楽しんで頂ければ満足。

ほい  「2度の金合と捨て合が狙いでしょうか? 正解かどうか少し不安。自分は、もし抽選であたったら、図書カードじゃなくて蛙さんのブログみたいに作品集が希望です。何年後でもいいので。^-^」

★合駒だけ、という作品になってしまいましたね。
作品集? 何年後になることやら。(笑)

利波  「この筋は一度は誰もが作る筋なんですよね。金合が二回入る
あたりは珍しい展開だと思いましたが、配置が少し苦しめです
。この筋の決定版として、鳥越九郎氏の作品を紹介しておきます。
攻方:33龍 玉方:41玉、54と 持駒 角、銀
43龍42飛96角74桂同角51玉52銀62玉63角成71玉62馬同玉74桂72
玉63龍81玉83龍71玉82龍迄19手」

★こんな作品がありましたか。盤面3枚。綺麗ですね。まあ、僕の作品のほうは収束に金合が出てくるという点を評価して頂ければ。

馬屋原  「2手目金合か飛車合かで少し悩みました。桂の中合いが好手ですね。ちなみに、35歩は何のための配置でしょう?それ程調べたわけではありませんが気になりました」

★さっきも書いた通り、飛合のための配置です。他にも、4四歩や5四歩といった、変な配置がありますが、どちらも余詰防ぎです。この3枚、どうにかできないかなあ。

増田  「最初の連続合から正算で創ったのかな?(間違えていたらごめんなさい) 収束も龍を消しているから無難だと思います。できれば32金になにか一働きして欲しいですが、難しかったのでしょうか」

★まず桂合から正算でつくり(最後に金合が入ったのはラッキー)、金合はその後無理やり逆算しました。なので、3二金はもとから動かす予定はなかったというわけです。変な逆算でアンバランスになってしまいました。

正解者:谷口翔太、しろねこ、坂本、ほい、利波、馬屋原、増田 以上7名


また、ブログのコメントで解答をくださった方が2名いましたので、こちらの評も。

三歩人  「75角打、64桂合が狙いですネ。これは創作で考えた事があるのでスンナリ解けました。84香が75角打を暗示しているようにも思えます」

★スンナリでしたか。8四香も仕方ない配置。

u-maku  「金合2回に桂馬捨ての手も入り悪くはないですが、個人的には解後感があまりよくなかった。何かもう1つ面白い手が欲しいかった」

★あー、解後感は最悪です。(笑)


当選者:馬屋原

累計正解数ランキング (今回正解した方は2点入ります。コメント欄での解答は1点とします。)
1位 三歩人、ほい(13)
2位 坂本(11)
3位 タラパパ、馬屋原(10)
4位 荒川、利波(9)
5位 須藤@詰パラ、小野寺(8)




今週の詰将棋出題中!



 ←クリックお願いします。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot