詰パラ2016年5月号雑感

ゴールデンウィークは詰備会および上田さんとのお話し会(仮称)に行ってきました。
またそのうちブログに記事上げますので。
他にもそういえば先月の詰工房の参加記も書かなければ。

さて詰パラ5月号、わりと早めに届きました。
すでに5月も中旬ですが雑感をば。

小学校……小25、詰パラでこういった作品が出るのは初めてではないでしょうか。先月のちえのわ雑文集で書いたタイトルの新しい活用法ということで、タイミングよし。
選題の言葉で小20と間違えているのがあれですが 笑。

高校……2年ほど前に投稿してそのまま音沙汰なかった作を再投稿したらすぐに掲載されました。簡単。

全詰連の頁……今年に限り看寿賞の選考方法を変えるということにはやはり疑問の声多数。去年までの反省を踏まえた上で今後はこういう方法をとる、と書いておけばいいものを……と思いました。

おもちゃ箱だより……くる展310はヤケクソ中合の新たな道を見出す作品。とは言ってもあまり人気のない手筋なので、ちょっと悲しい。

ちえのわ雑文集……柳澤くんにお願いしたところ、解答選手権の話題で書いてくれました。ちょうどタイムリーなので、調子に乗って次回もお願いしてしまいました 笑。
何か書きたいことがある皆さん、いつでも歓迎ですので、興味がありましたらメールください。

中学校解答……変長というよりも不完全作で、たいへん失礼しました。55合は同龍で詰むと見落とします……。
いずれ修正図をどこかに載せます。

高校解答……正解率が半分に満たず。相当難解だったようです。

たま研作品展解答……初の誌上での解説。3番馬屋原作で、四金配置の意味付けを「9段目金合を売り切れにするため」と書いてしまっていますが、取って1手詰ですので、「6手目57金合を防ぐため」が正しいです。さっそく解説ミスしてしまいました。
次回のちえのわ雑文集で修正情報を入れておきます。

デパート解答……まあ、被ってしまっては仕方ないです……。

デパート……ごゆるりと詰ませてください。


今月、すでに小学校と中学校を解図。スピードは早くなりつつあります。いつかチャンピオン戦に出てみたいという思いもありますが、まだまだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

解説の訂正は読者サロンに出した方が(ちえのわの貴重な行数を削らないので)良いのでは。

中10誤解だった

5手目、95飛、66玉、44馬、76玉、72龍、86玉、74龍までの誤答。ヒドイ見落としをしてしまいました。不完全?勿体無い。

No title

>オオサキさん
3行で収まったので……読者サロンに出すのもなあと思いまして。

>熊野古道さん
おぉ……それはなんとも奇矯な……。
僕は現代詰将棋において変長という概念は排除しようという考えなので、不完全作になってしまいます。

やけくそ中合は妙手にあらず

僕はやけくそ中合は詰方は同じ事をすれば良いので妙手にあらずと言う考えです。
ただ手順で面白い事が出来るなら賛成です。
なのでくる展310は感心してます。
やけくそ中合そのものは全く面白くなく、手順で面白い事をやらないならいらない手だと思っています。

No title

>三輪さん
僕は解いていたり作っていたりしてヤケクソ中合が入ると、おお!って思うので、充分に妙手だと感じられて好きです。
むしろ打診合などより妙手感があるなあと。まあ作例の数にもよるんでしょうが。

好みは様々

詰将棋の好みは人によって極端に違ったりするんですよね。
180度違うのは珍しくない。
だから詰将棋は面白いとも言えます。

No title

ありふれてきちゃったらおもしろみは薄れると思いますが、ありふれていないということはやはり人気がない(=開拓の余地あり)ということでしょうね。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot