第φ回裏短コン「これが大駒です☆」

15位
これが大駒です☆
景山英貴

点数012345678910
人数004547117310

正解42 誤解0 無解3
得点2.45
人気投票 1位:0人 2位:0人 3位:0人
ベストタイトル投票:0人



作者
☆の意味がわかった人は天才です。

★初登場、景山さん。

★大駒シリーズの3作目ですが、これはいかにも捨ててくれと言っているような飛です。
★4手目43玉の変化で少考。34角、42玉、32金、43玉、33龍迄の駒余りとなります。
★2枚の飛を連続で成り捨てた後は、2枚の角をこれまた連続で打ってとどめはやっぱり金です。25角が焦点捨てになっているのがいいですね。
★本局の見どころはなんとなく指してしまいそうですが実は初手。この飛を成り捨てる意味は、「41香を吊り上げるため」の一点狙いになっています。つまり初手から23飛成といくと、43玉と落ちられ、34角、53玉、33龍に43合が利いてしまい逃れる寸法です。
★よく成立させたなあというのが正直な感想ですが、まあと金をいっぱい置いてなんとか帳尻を合わせている、というところでしょうか。

★タイトルの☆の真意は藪の中ですが、5枚のと金を表していたりする?

有吉弘敏
大駒を捨てる意味づけに深みが加わると良くなると思います。

馬屋原剛
爽快で気持ちいい。

三輪勝昭
初手の意味は良いのに、一番最初に指したくなる手なのが惜しい。

奥鳥羽生
これが大駒の連続捨駒②です。

金少桂
大駒は投げ捨てるもの☆(3回目)
手順前後に注意。変化を同手数駒余りで割り切る方が地味に難しかった。
☆をつけてタイトル完全一致という事態を見事に回避。

EOG
52角に食指が動く以外はほぼ自動的な手順。

★52角はいい紛れになっていると思います。

梶谷和宏
飛車を引いて捨てて、前進させて捨てる。うまくできていますね。

松尾 裕
確かに角は大駒ということを認識。

kisy
スッキリ気持ちい手順☆

江市 滋
変化調べが多少あるのが、全くプラスにはなっていない。

名無し名人
作意はすぐに見えるが4手目43玉を割り切るのに考えた。6筋のと金配置が気になる。作者予想=景山英貴さん。存じ上げない方なので消去法で。

★消去法でも正解。

虹色のルモ
タイトルが答え直結で分かりやすい、盤面のと金5枚は少し気になるかも。

おかもと
初手23飛成の手順前後がきかないのは良い。

まつきち
大駒4連捨て。気持ちは良いが、やや単調な感。どちらかの飛車をひも付きでない表現にできればよかった。

★2枚飛車成捨て、はい、次に2枚角打捨て、という構成だから? 単調という指摘は他にもいくつか。

オオサキ
☆をつけたところで単調。

ミーナ
収束5手からの逆算ですね。リズミカルな捨駒だけど、単調ともいえる。
6筋のと金はぎりぎりで、62と→金は3手目24飛、43玉、54角が成立します。
作者はほっとさん。

★と金配置については作者も読みのうちで、

作者
自陣と金を避けると一枚増える。

★まあ仕方ないところでしょうね。

青木裕一
作者は鈴川さんとも思ったけど、これが大駒ですファミリーを作ってそうなおかもとさんと予想します。

★自陣と金だからって僕じゃないです 笑。

野々村禎彦
初手はこれしかないが、▲45飛を含みに▲52角~▲43角の紛れが作意と対等に存在し、大味な大駒4連捨で終わらないのが良い。だが6筋の壮絶な配置はさすがに減価事項。

まっつぁんこ
6筋のかべが大きなヒント。

ほっと
ここまで配置を犠牲にするなら、玉の斜め4箇所への捨駒で表現してほしかった。

tsumegaeru
大駒4枚捨てだが、何かもう一工夫ほしい気もする。

山下誠
リズミカルな大駒の連続捨てで、解後感は爽やか。

大瀬戸
順番大事。

原田椅子
豪快な手順で楽しい。

太刀岡甫
飛車は成り捨て、角は打ち捨て。16角がアクセント。3作それぞれに特徴があって面白い。

★ちょうどいい感じに3作ともテイストの違うものが集まってくれました。

桂花
やや配置に無理が出ているが、よく決まった好手順。

Pathfinder
大駒捨ての手順が上手く限定されている。

河童生
4手目の変化は駒余り。連続の角打捨てに魅力。 

齋藤光寿
なんとなく規則性のある大駒の捨て方が好み。

黄楊一輝
筋が良いので見えやすかった。

後藤 満
易しいが大駒4連捨の退路封鎖は心地よい。前2作を含めタイトルが酷似していますが偶然でしょうか?

★スマホ詰パラやTwitterを事細かにチェックしていない方にとってはこの3部作は謎だったでしょうね。ネタ被りは通常は評価を落としそうですが3作も揃えば逆におもしろかったり。

不透明人間
最終2手の作意は不動玉だろうと判断した。

すみしん
これが大駒です。3作品の中では最も好きな作品です。不動玉で大駒4連続捨にも関わらず詰上がりが綺麗なのも凄い。

★僕としてはちょっと詰上りに重複感があるのが残念な印象でした。

竹中健一
4枚捨ててもミエミエなので面白くない…

園川彼方
25飛が実は邪魔駒。

前田康熙
25角~16角の筋かとおもったら違いました

★それは次の次くらいに……。

もラン
初形の駒種の少なさで重さはない。

園城寺怜
16角25角は典型の筋だが気持ちいい手順。下準備もうまい。

ぶじょー部長
23飛車成の強烈な一撃

久保紀貴
ちょっと無理作りな感じ。もう少し配置を整理できなかったか。作者予想は野々村さん。

占魚亭
序の飛車の連続成捨てがイイネ☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大駒シリーズでは1番難しく練られていると感じた作品、5枚のと金が好みから外れたので「減点だー」と思ったけど☆マークは好きだったのでそこそこの点数に、ただし☆の意味は分かっていません(笑)

No title

☆で加点とは 笑。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot