第φ回裏短コン「テーマなきテーマ」

13位
テーマなきテーマ
青木裕一

点数012345678910
人数0013661310012

正解42 誤解0 無解3
得点2.51
人気投票 1位:1人 2位:0人 3位:1人
ベストタイトル投票:0人



作者
明確な狙いがない悪形手筋物のつもりです。
普段あまりしない方向性の作を名前を伏せて発表しても、作者が分かるかどうかを調べる試みです。
どの作者と予想されるかを見るのが楽しみです。

★前回に引き続き登場の青木さん。狙いがないとのことですが……。

★この形なら初手は64飛と打ってみたくなるところ。同金に62角は54玉でダメなので、仕方なく43銀成、54玉と平凡に追います。ここで63からの脱出を防ぐ45角のホウリコミが見えれば、続く36角の発見も難しくないでしょう。大駒を次々と捨てて、尻金迄の意外な詰上り。
★……と思ってしまうのは早とちりで、なんとなんと、初手64飛に53玉と逃げられると、これが詰まないのです! 31角が筋に見えますが、同金、54金、42玉、43銀成、41玉と、金の退いたスペースに落ちられて逃れ。それにしてもいかにも詰みそうなのに……。
★この紛れを諦めて、初手を考え直しましょう。75歩の配置を見たらピンとくる方もいるでしょう。そう、74飛。
★これなら53玉には73飛成があって詰みますし、5手目45角に64玉と逃げられても、75歩のおかげで尻金迄の詰みがあります。

★誰しも最初に考えるであろう64飛が実は……という、明確な狙いは解答者にもしっかり伝わってました。誤解者が出なかったのもいいですね。

有吉弘敏
初手の発見がすべてでした。

馬屋原剛
初手64飛として危うく誤解するところだった。

三輪勝昭
初手64飛から考えた。53玉は詰みそうに見えて詰まない。

奥鳥羽生
初手限定打は堂々たるテーマ。

おかもと
初手一発がテーマといえばテーマといえそうな。

★そうなんですよね。自分からわざわざ狙いを消しにいかなくても……と。

まっつぁんこ
逆説的題名。

不透明人間
短評なき短評。

オオサキ
ちょっとよく分からない。本当にテーマが無いだけ?

もラン
タイトル通り?狙いがわかりやすいわけではなく紛れが多くて悩んだ。

★嗚呼、もっといいタイトルをつけていれば……。

金少桂
初手一発。表向きの筋書がすぐにわかるだけに、初手64飛とうっかりしそうで危なかった。
玉方75歩の存在意義をよく考えれば狙いに気づける。

EOG
平凡な43銀成が見えにくい。

梶谷和宏
無理やり網の中に獲物を引っ張り込むような収束手順が面白い。

★「これが大駒です☆」といい対照になっているかも。角の順番が逆。

松尾 裕
6四に飛車を打っちゃダメ!

kisy
意外に見えにくい手順でありながら、解後感は最高でした。

江市 滋
効きが重複しすぎている印象があって、折角の初手が生きない気がする。

虹色のルモ
とにかく初手が見えにくい、大駒をどんどん捨てて気持ちの良い収束でした。(ソフト解答)

tsumegaeru
紛れ筋が多い。気持ちよく詰め上がるのが良い。

大瀬戸
初手64飛から考えた。

野々村禎彦
初手▲64飛△53玉以下の紛れがきわどいだけに、さらに一路遠くに飛を捨て、俗筋の▲43銀成を挟んで連続角捨てで仕上げる手順はインパクトがある。無理ない配置も好印象。

山下誠
先を見通した初手の飛車捨てにインパクトがある。

★「インパクトがある」ということで一致したお二人でした。

原田椅子
重量級の手順で詰将棋の醍醐味が味わえる。

太刀岡甫
初手は64飛かと思いきや、53玉でギリギリ詰まない。さらに離して金に当て、終わってみれば大駒3枚捨てきっている。

桂花
64飛が第一感、一間離す74飛が絶妙手。

Pathfinder
非常に解きにくかったです。初手がいい味。

河童生
初手一発の感もあるが、連続の角捨てもチョット良いな、です。

齋藤光寿
筋は見えてるのに妙に詰まし辛かった。初手は64からじゃなくて74から打つんですね

後藤 満
簡単に見える初形だが、紛れが多岐にわたり難解。その分解後感は良かった。

★難解、解きにくいというのは作者の意図するところかも。

すみしん
7手目の36角が見えませんでした。73に逃げたい玉と身を削って阻止する大攻防が楽しいですね。

竹中健一
これは完全に初手のみという感じです…

園川彼方
派手な初手の後は変わった感触を楽しめる。

前田康熙
64飛に53玉で詰まないと思っていたら、74でも詰むんですね。

園城寺怜
変化のために金にぶつけて打つ初手がちょっと意外だった。

ぶじょー部長
強烈な一撃からの自然な詰み。やや駒が多い気もする。

占魚亭
初手が肝要。

黄楊一輝
左辺に逃げられそうでやりにくかった。奥鳥羽生さんのような感じがします。

ミーナ
ひと目64飛なのだが、53玉でふしぎに詰まない。初手は金を質にみた限定打。
この位置で成立するとは、見事です。作者は梶谷さん。

久保紀貴
初手一閃。3手目が見えないとなかなか指せない。テーマはタイトル通りないということでいいのかな?作者予想は有吉さん。

景山英貴
全部解いた後で唯一タイトルから手順を思い出せんかった。有吉弘敏さん。

名無し名人
初手のパンチ力、いい。
作者予想=有吉弘敏さん。良い作品は全部有吉さんに見える(笑) その中から消去法で最終的にこれになった。

★作者予想は有吉さんという声多し。正解なし。

ほっと
テーマは「なし」ではなく「74」飛。三輪さんと予想。

★ダジャレ……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

テーマ

どうしても初手が分からず、6四は第1感ですよね、そこから色々読むも7五だけには辿り着けず、初手が見えたらきっと解けてたはず(泣)

No title

64飛に同金がきれいに詰むことがわかれば、その近くに答えがあるはずと予想して……。
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、進学とともに東京へ。現在、20歳学生。詰工房などの会合へしばしば顔を出します。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量かも?

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot