第φ回裏短コン「ワンオペ」

12位
ワンオペ
不透明人間

点数012345678910
人数001426156530

正解42 誤解0 無解3
得点2.54
人気投票 1位:1人 2位:0人 3位:0人
ベストタイトル投票:2人



作者
翻弄物といえば、奔○とか蟻○とか、駒取りで手をつないで賞を獲った厚かましい輩がいたが、本作は混ぜ物なしの一級品なのである(笑)

★このブログで長年お世話になっている不透明さん。今回の作品到着が最速でした。

★52~63の脱出路が常につきまとう形。手筋とばかり62飛と打っても意味がありません。41銀成や桂成もかわされて絶望。
★51飛成は深い紛れですが、同金、31銀生、52玉、41馬!、61玉、51馬、72玉が唯一の逃れ。これは巧いですね。
★そこで初手は41飛成となります。同金に続けて銀を消去。52玉には41馬がぴったりです。
★31同金に41飛打で金を元に戻す。52玉なら61飛成がこれまたぴったりです。
★そして52金が最後の決め手。最後ももちろん同金限定で、金の4連続翻弄が決まりました。

★翻弄の作意もそうですが、変化紛れが淀みなく割り切れている点が好印象の作品でした。

有吉弘敏
なるほど。41飛捨てを繰り返すのは初めてかもしれませんね。

馬屋原剛
健気な従業員。

三輪勝昭
単純明快な理屈で金が動く。
タイトルはピッタリだけど、ワンオペは悪いイメージがあるので、タイトルとしてはどうか。
作者予想=ほっと作。
理由は氏はブログに「9手がベストの9手詰」と言うえらそうな論文を発表している。
この作品は9手がベストなのでそう予想してみた。

奥鳥羽生
ジャマ銀を消去しながら金を翻弄。

金少桂
51金「お前ら仕事しろ(汗」
53桂・61金・73金・82銀「働いたら負けかなと思ってる」
51金将1人を酷使したブラック玉は捕まって然るべし。

EOG
左辺の駒が結構気になる。

★51飛成の紛れがそうとう厳しいようです。

梶谷和宏
これが一番解きやすかったかも。

松尾 裕
こんなに働かされても玉を守れず、涙。

kisy
配置もスッキリしていて、見た瞬間に「解きたい」という気持ちにかられました。

江市 滋
初手を動かした段階で、すべてが終わる。着手を味わういとまがない。

名無し名人
配置を見て最下位候補かと思ったら、思いのほか好手順が出てきて驚いた(笑) 感触の良い捨駒の連続で金を翻弄。51飛成の余詰筋が強力で、73金82銀は苦心の配置か。
作者予想=久保紀貴さん。久保さんはツイートから投稿締切当日ギリギリに在庫から出したことが伺えるので、自信作ではないだろう。それでも一流作家は良い作品を出してくるだろうから、本作あたりが丁度良さそう。

虹色のルモ
同座標飛(竜)捨ての趣向になるのでしょうか。金がせせこましく動く姿は確かにワンオペですね。

おかもと
解いてからタイトルをみて、あらためて「なるほど」。

まつきち
金の翻弄。玉方金が一人で対応する様はまさにワンオペ。手筋物だがまとまりの良さを買う。盤面一杯に広がった作品群にあって、好感度は上位。

野々村禎彦
邪魔駒▲32銀を消去して退路の52に打つ筋は一目だが、飛を2枚とも41に捨て、捨駒は全部同じ金が取る構成は秀逸。変化の▲61飛成も味が良いだけに、△82銀の配置が惜しい。

まっつぁんこ
これも簡単だけど悪 くない。

★論理的に解けるので簡単なところに味がありますね。

ほっと
ワンオペと言うより、他の守備駒が仕事をしていないという感じ。

景山英貴
金の奮闘空しく捕まる玉。齋藤光寿さん。

tsumegaeru
金の翻弄。前から攻めないのは珍しい?

★玉尻だけで翻弄させるのは確かに珍しいかも。

山下誠
2度の4一飛でスマートに銀を原形消去する。

大瀬戸
金の献身。

原田椅子
狭い玉なので易しいが、巧妙。

青木裕一
気がつけば玉方の応手はすべて同金。
作者は黄楊一輝さんだと思います。

太刀岡甫
金の翻弄。行って戻ってくるのが面白い。当然ながら、この手順でよく余詰まないもの。黄楊一輝さん作と予想。

ミーナ
ひとりで駆け回る金と、傍観する金銀3枚。でも、初手51飛成の強力な紛れを凌ぎきる有能なボディーガードでした。作者は黄楊一輝さん。

★黄楊さん予想多し。

黄楊一輝
最終3手の感触がいいですね。作者予想は不透明さん。

★その黄楊さんはちゃっかり的中。当てたのは黄楊さんだけでした。

桂花
実に綺麗にできている。タイトルも絶妙。

Pathfinder
飛車を41に2度捨てる感覚が好印象です。

河童生
夜更けの客に対応するのは金1枚、ああ忙しい、忙しい。

齋藤光寿
金をからかうような手順。面白い。

後藤 満
取りたくなる金を邪魔駒化する手順のパッケージ。

すみしん
最もタイトルと作品が一致していると思った作品です。サボっている裏方のスタッフを尻目に、一生懸命働くも成果が出ない金の悲哀を感じます。初形も12枚とは思えないほどコンパクトにまとまっていて、とても解きたくなる形ですね。

竹中健一
なんで32銀打っちゃったんだろう…すごく邪魔!w

園川彼方
受方金の翻弄。詰上がりまで気持ちいい。

オオサキ
普通の本屋で打ってる普通の詰め将棋の本に載ってそう。

前田康熙
なんとなくサロンにありそうな気がしました。

もラン
全応手51金でワンオペ。

園城寺怜
題名に合致した、慌ただしく翻弄される金の動きがコミカルで面白い。

ぶじょー部長
51の金の行ったり来たりの動きが好き。

久保紀貴
金の翻弄。簡明な作りは好感が持てるが、配置はやや守備駒が重い感じ。作者予想は梶谷さん。

占魚亭
受方金のダンス。楽しいですね。

作者
最終3手は7月号保育園の拙作とおなじ。7手詰で留めれば73金も82銀も不要ですが、
1回でも多く金を動かしたかったのです。

★この2手のおかげで好評サクサクでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

銀が邪魔

この作品、金はもう動かせないと思っていましたが、動かせるようです。

タイトル「銀が邪魔をする」
持駒 飛金
玉方 12歩、27と、32金、34玉、35歩、41角、45歩、46と、53金、57と、75と。
詰方 13飛、15馬、24銀、25桂、54銀、63銀以上11手詰。

53はとにして2枚減らしたい。

No title

タイトルはセンスないですが 笑、平行移動と63銀配置でさらに金を動かせるとは目から鱗です。
32もと金にすれば3枚減りますね。
作者の「1回でも多く動かしたい」というコンセプトを重視した巧い“参考図”だと思います。

不透明人間さんならどうするかな

まさか一番自信があったタイトルにダメ出しを食らうとは(笑)。
僕は32(41角でなければ42も可)は取らずの手筋になっているので金にしたいです。
だけど53はとにします。
それから翻弄物は駒取りなしで1回でも回数が増えるなら増やす図を選択します。
不透明人間さんの意見を聞きたいところです。

これでどう?

持駒 飛金
玉方 12銀、34玉、35歩、36角、42金、45歩、53金、66と。
詰方 15馬、22龍、24銀、25桂、54銀、63銀以上11手詰。

これでどう?

No title

22龍の形でも変化が割り切れるんですね。
素晴らしい。

ヽ(*゚∀゚)ノ

すばらしい!
もっともっと逆算して看寿賞を獲っちゃいましょう^^

No title

創作において平行移動と回転移動は作品の発展性を大きく向上させてくれるものだと思います。不透明さんもぜひ。

ワンオペ

コメント欄で出て来る皆さんの棋理が凄すぎます。なんでこんなに次々と思い付くのでしょう。経験値の差なのか、食文化の違いなのでしょうか、本作品はタイトルと金の動きがとてもマッチしてますよね(今更感)

No title

十年単位で詰将棋やっていれば多少は……
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
About
my cubeへようこそ。詰将棋のブログです。駒を並べてアートが表現できるって素敵なことじゃありませんか? 詰キストの方もビギナーの方も楽しんでいってください。

管理者:鈴川優希
月刊誌「詰将棋パラダイス」を活動拠点とする詰将棋作家。石川県のド田舎育ちですが、大学進学とともに東京へ。詰工房などの会合に顔を出したり、解答選手権などのイベントを運営したりしてます。詰将棋は小学生の時から作り始め、2009年5月に詰パラ初入選。2015年12月に最年少同人入り(入選100回達成)。半期賞受賞6回。2016年4月より詰パラ連載「ちえのわ雑文集」の世話役に就任。現在、第一作品集を執筆中。出版は今夏を予定していましたが果たして……。

第n回裏短編コンクール
2015年11月に開催した企画で、7手詰を募集して17作を出題しました。45名もの方に解答していただき感謝です。順位発表はニコ生で放送するという新しい試み。

第φ回裏短編コンクール
2016年、裏短コン2回目の開催。9手詰25作出題の大盛況でした。結果稿はいずれもブログ右袖のカテゴリーからどうぞ。

たのしく、うつくしく。
難解? 複雑? そんなものとは無縁な「易しいからこそ楽しい」作品を紹介していく連載です。不定期更新。

解付き出題
自作を解付きで出していた企画で、現在#120をもって休止中。在庫整理の意味合いが強いので質より量です。

今週の詰将棋・
詰将棋ウィークリー

今週の詰将棋は2009年7月からの2年間100題。詰将棋ウィークリーは1012年3月からの50週は幻想咲花さんとのコラボ、それ以降は鈴川単独の出題で2014年3月まで、#100をもって終了しました。解答して頂いた方に感謝します。
※81puzzler閉鎖につき詰将棋ウィークリーの記事にはリンク切れが多いです。

このブログはリンクフリーです。Sine 2009.6.
メールアドレス
makugaeru●yahoo.co.jp
●を@に替えてください。
全記事数表示
全タイトルを表示
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
詰将棋あるあるbot